ゼガーナ/Zegana

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ゼガーナ/Zeganaラヴニカへの回帰ブロックおよびラヴニカの献身のキャラクター。カードとしてはギルド門侵犯首席議長ゼガーナ/Prime Speaker Zeganaが初出。

目次

[編集] 解説

ラヴニカ/Ravnicaギルド/Guildの一つ、シミック連合/The Simic Combineの首席議長/Prime Speakerを務めるマーフォーク。女性(イラスト)。

寡黙で威厳ある人物。太古の海に通じる大穴ゾノット/Zonotから姿を現したマーフォークの一人であり、モミール・ヴィグ/Momir Vigを失い崩壊寸前だったシミックの新たなギルドマスターとなった。ゼガーナは最初に開いた第一ゾノット/Zonot Oneを代表する議長であり、九のゾノット議長で構成される秘密組織、「言論室/The Speaker's Chamber」の裁量に従って発言していると速やかに表明した。曰く、言論室は彼女の地位を無効にすることもでき、その場合は他の議長が新たな首席議長になると。しかしながらシミックに属さない者の多くは、これは偽りの謙虚さで、言論室なるものが存在したとしても、彼女がその組織を支配しているのではないかと疑っている。

[編集] 経歴

[編集] 水深の布告/The Fathom Edict

ゼガーナはアゾール公会広場/Forum of Azorにて、約12,000人の聴衆を前に演説を行った。それはマーフォークが地上に姿を現した経緯と、彼女たちがシミック連合を継承することについてのものであり、事実上、ゼガーナがシミックの新たなギルドマスターになるという宣言だった。この演説は数時間のうちに水深の布告/The Fathom Edictとして知られるようになった。

[編集] ラヴニカの献身

ヴァニファールのAdaptionist movement(順応党)はゼガーナの楽園党/Utopian movementよりも、もっと直接的で素早い行動を求めていた。ギルドパクト/Guildpactたるジェイス・ベレレン/Jace Belerenの失踪を受けてギルド間の緊張が高まると、ヴァニファールの行動主義的な哲学は多くの支持を集めるようになった。そしてゼガーナは、ゾノットの一つを奪おうとするゴルガリ団/The Golgari Swarmに対抗するため、ヴァニファールに助力を求めた。その後、ヴァニファールは言論室でゼガーナに挑み、投票により新たな首席議長に選出された。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] フレイバー・テキストに登場

ラヴニカへの回帰
払拭/Dispel
ギルド門侵犯
水形/Hydroformシミックの魔除け/Simic Charm破壊的一撃/Shattering Blow
ラヴニカの献身
シミックのギルド門/Simic Guildgateコレクター番号258)

[編集] イラストに登場

ラヴニカの献身
覆滅/Repudiate

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 参考

QR Code.gif