Agents of Artifice

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Agents of Artifice: A Planeswalker Novel

著者

Ari Marmell

出版
価格

¥ 2,350

Agents of Artifice: A Planeswalker Novel (Planeswalkers)

著者

Ari Marmell

出版

Wizards of the Coast

価格

¥ 978

Agents of Artificeは新世代のプレインズウォーカーの活躍を描くPlaneswalker Novelシリーズの第1弾にあたる小説。

著:Ari Marmell、表紙画:Aleksi Briclot2009年1月27日発売)

目次

[編集] 主な登場人物

[編集] 概要

全ての多元宇宙の生命の中で、プレインズウォーカーのみが己の無限の可能性を知っている。 プレインズウォーカーは彼らのみが持つによって、次元の間に広がる久遠の闇として知られる混沌の霊気を越えて旅をする……。

ジェイス・ベレレン―その稀少な精神感応能力によって人々の閉じられた秘密のドアを開ける強力な魔道士―は岐路に立っている。その決断は、彼の行く末に永遠に影響するだろう。

誇大妄想家の陰謀団首領テゼレットは己の邪悪な目的のために多元宇宙よりパワーを導く。

移り気な屍術士である闇の美女リリアナ・ヴェスはその美よりも暗い謎の計画を秘めており、それは誰にも予測出来ない。

[編集] 設定

この小説の時代設定は登場人物やアラーラ/Alaraの状況から、アラーラの断片と同時期であり、かつ求道者の転落/The Seeker's Fall 第3部からそれほど経っていないことが分かる(時のらせんブロックから少なくとも数十年は経過している)。

更にラヴニカ・ブロック神河ブロック以降のラヴニカ/Ravnica神河/Kamigawaが登場しており、時のらせんブロックの小説の時よりも各次元の状況が分かるように配慮された描写がされている。

また、時期的には炎に注ぐ油/Fuel for the Fire 第3部を含み、ヴェールの呪い/The Veil's Curse 第1部以前の出来事と思われるものの詳しい時系列は不明。

[編集] 参考

QR Code.gif