オルゾフ組/The Orzhov Syndicate

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

オルゾフ組/The Orzhov Syndicateは、ラヴニカ/Ravnicaにおける10のギルド/Guildの1つ。 白黒

目次

[編集] 解説

オルゾフ組は自分たちを宗教という装いで覆っているが、それは全部嘘っぱちである。この偽の敬虔さは煙幕でしかなく、支配を行うための意義なのである。彼らの信じているものは実際は権力や黄金であるが、彼らはその面を狡猾に隠し何も知らない信者からの信頼を失ってはいない。反面外部の者からは腐敗した集団という認識があり敬遠されているが、それでも上層者への保身や溢れ出す権力そして金銭へのチャンスに入団者やスポンサー依頼が絶えることはない。

彼らの本業は、まさしくビジネスである。オルゾフが直接関与していない経済取引や商売でも、彼らの知らないものはありえないと言う。彼らの本領は高利貸しであり、金銭の代わりにあらゆるものを担保にすることもできる。オルゾフの戦力として幽霊となった者も多いが、それは生前の負債で死して尚身柄や身体を担保にかけられた者である。その他にも物流の調整や貨幣の鋳造なども行っており、ラヴニカの経済を支える屋台骨といえるギルドである。

オルゾフのかつての指導者達は死してなお幽体になり、死せざる幽体で構成された幽霊議会を組織している。彼らはオルゾフ組が黄金と拝金主義でラヴニカを支配する邪魔となるものが現れないように日々画策し動いているのである。

ある意味ラヴニカ社会が平和な時に最も機能する(金儲けができる)ギルドであるため、ラヴニカ社会に問題が発生した際は解決のために動くこともしばしばある。

[編集] 用語

[編集] オブゼダート/the Obzedat

オルゾフ組は幽霊たちの議会であるオブゼダート/the Obzedatによって支配されている。オブゼダートの議員たちは肉体を失ってなお富と権力を守り続けている支配階級であり、死という境界線を越えて意識と欲望を保つ彼らは不死者/the Deathlessとも呼ばれる。彼らは偏執的で悪意に満ちた独裁者であり、野心的な下っ端たちを妨害し、噂好きを抑えこみ、敵対しうる相手を諜報することに日頃から労力を惜しまない。オブゼダートがギルドの外と直接話すことは滅多になく、大特使/the Grand Envoyであるテイサ・カルロフ/Teysa Karlovが通常代わりにやりとりを行う。

[編集] カルテル/Cartel

オルゾフ組における活動単位。それぞれのカルテルはラヴニカの各地に別々の縄張りを持ち、それぞれに司祭、法術士、執行者などからなる階級制度が存在する。カルテルは枢機卿、あるいはギャングのリーダー、銀行家、高司祭などの中心人物によって治められている。カルテル同士はテイサとオブゼダートへの媚びへつらい方や資産・市場を巡って内輪揉めをしている。

[編集] オルゾヴァ/Orzhova

オルゾフの本拠地。取引の教会/the Church of Dealsとも呼ばれる。天井の高い豪華な教会で、その造りは訪れるものに己の矮小さを想起させる。派手なステンドグラスの窓と巨大な大理石の像には多数の富裕な司祭や執行者の天使、幽霊が描写されている。

[編集] ヴィズコーパ銀行/Vizkopa Bank

オルゾフの商売の中心である銀行。警備ガーゴイルが飾られ、オルゾフの債務者の幽霊たちがその周りを浮遊している。ヴィズコーパはオルゾフの財産の大半が仕舞われているだけでなく、ラヴニカの貨幣の大半が製造される場所でもある。ヴィズコーパの中心部は強力な名もなきスペクターによって守られている。

[編集] ゲームでの特徴


Ghost Council of Orzhova / オルゾヴァの幽霊議員 (白)(白)(黒)(黒)
伝説のクリーチャー — スピリット(Spirit)

オルゾヴァの幽霊議員が戦場に出たとき、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは1点のライフを失い、あなたは1点のライフを得る。
(1),クリーチャーを1体、生け贄に捧げる:オルゾヴァの幽霊議員を追放する。次の終了ステップの開始時に、それをオーナーのコントロール下で戦場に戻す。

4/4


Obzedat, Ghost Council / 幽霊議員オブゼダート (1)(白)(白)(黒)(黒)
伝説のクリーチャー — スピリット(Spirit) アドバイザー(Advisor)

幽霊議員オブゼダートが戦場に出たとき、対戦相手1人を対象とする。そのプレイヤーは2点のライフを失い、あなたは2点のライフを得る。
あなたの終了ステップの開始時に、あなたは幽霊議員オブゼダートを追放してもよい。そうした場合、あなたの次のアップキープの開始時に、これをオーナーのコントロール下で戦場に戻す。これは速攻を得る。

5/5

拝金主義による金品のやりとりをドレインによって表している。また、幽霊議会を有していることからスピリットや幽霊をイメージしたような能力が多い。

固有のキーワード能力としてラヴニカ・ブロックでは憑依を、ラヴニカへの回帰ブロックでは強請を有する。

  • クリエイティブ的な意味では、力を求める()のを目的とし、そのための手段が秩序()である。

[編集] 関連カード・関連デッキ

[編集] ラヴニカ・ブロック

[編集] ラヴニカへの回帰ブロック

[編集] 特殊セット

[編集] デッキ

[編集] 参考

QR Code.gif