チャンドラ・ナラー/Chandra Nalaar (ストーリー)

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

チャンドラ・ナラー/Chandra Nalaarローウィンで初めてのプレインズウォーカー・カードとして登場したキャラクター。ストーリーではウェブコミックで初登場し、それに続く小説The Purifying Fireでは主人公を務め、後のゼンディカー・ブロックのストーリーにも関わった。さらにマジック・オリジンでは主要プレインズウォーカーの1人として取り上げられた。

目次

[編集] 解説

カラデシュ/Kaladesh次元/Plane出身の人間女性のプレインズウォーカー/Planeswalkerレガーサ/Regathaを根城としている紅蓮術士/Pyromancer。コンピューターゲームデュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ2013」によると年齢20歳、2016年公開のカラデシュ公式ストーリーでは23歳である。(現実世界と同じだけ歳をとっている計算になる)身長168cm、体重58kg。イラスト

彼女が紅蓮術を使う時、その赤毛は炎と化す。ラヴニカ/Ravnica産のマナ増幅装置を右腕に装備している。

情熱的かつ衝動的で短気な性格であり、自由と独立を愛する。権威や束縛を嫌っており、それらで彼女を縛ろうとすれば、後には荒々しい炎による破滅の光景のみが残るだろう。

[編集] ヤヤ・バラード/Jaya Ballard

ヤヤ・バラード/Jaya Ballardを崇拝し、その知識と言葉を伝えるケラル・キープ/Keral Keepの僧院にチャンドラは滞在している。偉大なる紅蓮術士にして同じプレインズウォーカーのヤヤは、彼女にとっても心の指針になっている模様。

[編集] チャンドラの最後の手段/Chandra's Ultimate

ウェブコミック「チャンドラの最後の手段/Chandra's Ultimate[1]プレインズウォーカー・コミック一覧には現在載っておらず、アンソロジー「Path of the Planeswalker」にも収録されなかった。 後に加筆されて「炎に注ぐ油/Fuel for the Fire 第一部」としてリメイクされた。

[編集] 燃え尽きぬ炎

日本では、電撃マ王にはチャンドラが主役の小説「The Purifying Fire」を原案とした漫画「燃え尽きぬ炎」が連載されていた。漫画における彼女は原作よりも日本の漫画的なかわいらしさを持つキャラクターに設定されている[2]

冒頭の青のプレインズウォーカーとの戦闘は省略されて回想シーンのみとなっており、その代わりかケファライ/Kephalaiで戦った青の女魔道士がオリジナルキャラクターとして取り上げられた。ブラノン/Brannon少年は登場せず、サミール・ミア・カウディ/Samir Mia Kauldiの村にオリジナルキャラクターの幼いドルイド姉妹が登場する。全体として描かれた事件と結末そのものは小説と共通しているが、チャンドラとケラル・キープの関係性に重点を置いてプロットが見直されており、ケラル・キープの先輩に当たるシスター達もオリジナルキャラクターとして追加されている。

[編集] 経歴

[編集] 「オリジン」:炎の道理/Origin:Fire Logic

チャンドラ・ナラーはカラデシュのギラプール/Ghirapurで育った。ギラプールは精緻な機械に満ちた都市で、彼女の家族も代々工匠だった。しかし短気で喧嘩っ早い彼女はその才能を欠いていた。11歳のある日、彼女は自身に炎の魔法の才能があることを発見した。カラデシュでは機械を用いずに魔法を使える者が非常に稀で迫害されており、その時に意図してではないが鋳造所を破壊したこともあって、彼女と父キラン/Kiran、母ピア/Pia達は統治者である領事府/The Consulateに追われる身となった。

チャンドラ達は郊外の小さな村を転々とし逃走を続けた。しかし彼女がバナラート/Bunarat村の近くで森の獣に炎を振るったことが村民の反感を買ったか、バラル/Baralが率いる追手に居場所を掴まれてしまった。バラル達はバナラートに火を放ち、キランをその場で殺害し、チャンドラを捕らえた。ピアも火災に巻き込まれた。茫然自失としたチャンドラはギラプールの広場に連れ戻され、バラルの手で処刑されそうになった。しかしその刃が振り下ろされる寸前、チャンドラは自身の内にある紅蓮術士の本質を見つけ出し、憤怒とともにそれを解き放った。その時彼女のプレインズウォーカーの灯/Planeswalker's Sparkが点り、周囲を焼き払いながら彼女はレガーサ/Regathaにプレインズウォークした。

レガーサで出会ったケラル僧院/Keralian Monasteryの修道士は彼女の紅蓮術の才能を賞賛し、彼女を受け入れた。彼女は故郷カラデシュと家族の記憶を封じて誰にも話さず、ケラルを本拠として自身の炎の魔法を磨いていった。だが、記憶の奥底にある罪悪感は悪夢となって彼女を苦しめ続けた。

  • 以前、小説The Purifying Fireではこの過去が本人の告白として語られていたが、「出身地が兵士の占領下にある山村」「兄と妹がいた」「村で結婚を強いられそうになった」「その時引き起こした大爆発が兵士の目を引いた」など、事件の過程にかなりの差異がある。

[編集] 炎に注ぐ油/Fuel for the Fire

ケファライ/Kephalaiの博物館より、重要な炎の巻物を盗み出すチャンドラ。衛兵たちやガーゴイルに追われ、ついにガーゴイルに捕まってしまう。空高くから川に落とされてしまったチャンドラはヤヤ・バラードの教えを思い出し、炎の呪文による大爆発を引き起こす。川からは遺体が揚がらなかったために追跡は打ち切りになる所だったが、衛兵の指揮官はチャンドラはまだ生きていることに気が付いた。炎で追っ手の目を眩ませていた間にチャンドラはプレインズウォークしていたのだった。

レガーサに帰還したチャンドラは、世話人の女性二人とブラノン少年にケファライや巻物についての土産話をしていた。そこにケファライの星の聖域/The Sanctum of the Starsの僧院長/The Prelateに雇われたプレインズウォーカー、ジェイス・ベレレン/Jace Belerenが現れる。ブラノンたちに避難勧告をし、チャンドラはジェイスに立ち向かう。チャンドラはジェイスが彼女の精神を読もうとした隙に、炎の呪文による爆発を引き起こす。ジェイスを吹き飛ばして撃退したかと思ったチャンドラだが、彼は傷一つ負っておらず、逆にブラノンを人質に取られてしまった。

ブラノンの身柄と引き換えに巻物を要求され、チャンドラは従おうとする。しかし、彼女がブラノンに呼びかけると別の場所から少年が現れた。人質がジェイスによる幻影であることが発覚し、二人は再び闘いを繰り広げる。一度はジェイスを撃退してブラノンの安全を確保したと思ったチャンドラだったが、そのブラノンもジェイスの幻影であった。隙をつかれてジェイスに倒されたチャンドラは巻物を奪われその内容の記憶も消されてしまった[3]。しかし、彼女は既にケラル・キープの僧院に大量の巻物の複製を作らせていたのだった。

[編集] The Purifying Fire(燃え尽きぬ炎)

レガーサではヘリウド騎士団/the Order of Heliudとそのリーダーであるウォルバート3世/Walbert IIIが世界を彼らの規律によって統べようとその勢力を伸ばしていた。そのことにより騎士団とケラル僧院および西のグレートウェスタンウッド/The Great Western Woodの森の住人たちとの間には軋轢が生じており、政治的に緊張した状態となっていた。そんな中、チャンドラは友人のサミール・ミア・カウディ/Samir Mia Kauldiを守るため、森に侵入した騎士団の手の者と衝突しその過程で森に火災を引き起こし、結果として森のアウフの怒りを買ってしまう。ケラル僧院を治めるマザー・ルチ/Mother Lutiは、アウフ達の怒りのほとぼりを冷ますために、またチャンドラの引き渡しを要求したウォルバートから時間を稼ぐために、チャンドラを再びケファライに赴かせる。かつてジェイスに奪還された巻物の複製の解読は行き詰っており、完全な解読にはオリジナルの巻物が必要だと思われたのだ。

ケファライではジェイスの警告により星の聖域が警備を強化していた。チャンドラは星の聖域の建物自体を吹き飛ばすほどの大爆発を放ち一旦は巻物を奪って逃れたが、ギデオン・ジュラ/Gideon Juraと名乗る謎の男のせいで結局捕まり、巻物を奪われてしまう。彼女は牢獄からプレインズウォークすることで何とか難を逃れたが、体力の消耗と集中の不足のため意図せずして闇の次元ディラデン/Diradenにプレインズウォークしてしまう。そこで彼女はギデオンと再会した。彼もプレインズウォーカーだったのだ。

ギデオンはチャンドラを「追ってきた」のだと告げた。彼女はジェイスと同じように星の聖域に雇われた賞金稼ぎか何かだろうと推測した。ディラデンでは黒以外のマナとの繋がりがほぼ絶たれており、2人とも魔法が使えず、プレインズウォークも出来なくなっていた。ギデオンは協力してこの次元を脱出することを提案し、彼女もしぶしぶこれを受け入れた。2人は旅の途上で互いがプレインズウォーカーとして目覚めた時のことを話した。双方が命の危機に陥りながらも、最終的に2人は次元の支配者ベルラブ/Velravを殺し、レガーサへとプレインズウォークした。

サミールの村のそばに出現した2人はサミールに一旦匿われた。そこでギデオンは正体を明かした。彼はヘリウド騎士団に属しており、ウォルバートの命によりチャンドラをレガーサに連れ戻し捕らえるために彼女を追っていたのだ。チャンドラは激怒し彼を罵ったが、ディラデンで互いの過去の一端を知り、互いの命を助け合った2人はもはや殺しあう事はできなかった。また、レガーサでのチャンドラの立場も悪化していた。森の部族会議は既に騎士団との取引に応じてチャンドラの確保に同意しており、騎士団はケラル僧院へも同じ要求を突きつけていた。ギデオンは騎士団の正義とチャンドラの行動の危険性を語り、彼女にレガーサを去るように求めたがチャンドラはそれを拒んだ。サミールの協力でチャンドラはケラルに、ギデオンはジナラ/Zinaraにそれぞれ帰還した。チャンドラが戻った後、騎士団はケラル僧院を包囲した。ウォルバートの意図についてルチと話しあったチャンドラは、再び故郷の仲間を自分のせいで死なせることはできないと思い、僧院から手を引くことを条件として、命を捨てる覚悟で騎士団に投降した。

チャンドラは遣わされたギデオンとともにジナラの寺院でウォルバートと面会した。ウォルバートは君がここに来ることは分かっていたと言った。自分の予見の通り、今日プレインズウォーカーの紅蓮術士は浄化の炎/The Purifying Fireに投じられ魔力を永遠に失い、これ以降混沌と災厄がレガーサを苛むことはなくなると。彼女は激怒したが、もはや抵抗は無力だった。その夜ギデオンは牢獄のチャンドラの元を訪れ浄化の炎について彼が知り得たことを教えた。浄化の炎は魂の罪を清める、もし穢れのない魂をもって浄化の炎の中に入るのならば、無事に出られるかもしれないと。ギデオンは彼女を苦しめる悪夢について話すように促した。チャンドラは過去、自分の炎のせいで家族と村の住民が目の前で焼け死んだことをギデオンに話した。話し終えた所で、彼女は心の重荷がずいぶん軽くなったことに驚いた。吹っ切れたチャンドラは寺院地下の洞窟へと下り、ウォルバートと側近の前で、躊躇わずに浄化の炎の中に入った。白マナの奔流が彼女を飲み込み、魂の罪を探り、そして彼女を暖かく包み込んだ。浄化の炎は彼女を許した。歩み出たチャンドラは彼女の憤怒を解き放ち、周囲の側近もろともウォルバートを灰になるまで焼き尽くし、洞窟と寺院の一部を破壊した。直後、現場に着いたギデオンはこの惨事に衝撃を受けてチャンドラを責めた。チャンドラはウォルバートこそが予見の解釈を誤り、レガーサを誤った方向へ導こうとしていたのだと言ったが、ギデオンは認めなかった。別れを告げたチャンドラに、ギデオンはまた会おうと言った。そしてチャンドラはゼンディカー/Zendikarへ向かうためプレインズウォークした。

[編集] Journey to the Eye

巻物の写しを持ってゼンディカー/Zendikarへと赴いたチャンドラ。アクーム/Akoum山脈のアーファ/Affaの町の探検協会の酒場において、主人にゼンディカーの現在の不安定な状況によって魔法は当てにならないという警告と、遺跡の賢者として名高いアノワン/Anowonについての情報を得る。アノワンのベースキャンプまでの案内者を雇うが何度も失敗してしまうが、多くの犠牲を出しつつ四度目の正直でようやく目的地にたどり着く。

チャンドラの協力要請を手厳しく断るアノワンだが、彼女がウギンの目/Eye of Uginへの地図を持っていることに言及すると態度を変えて案内を引き受ける。アノワンは案内のために地図を見せるように要求するが、チャンドラは今はそれを持っておらず暗記してあると嘘をつく。二人は谷でキャンプを張って一晩過ごすことにするが、地図を見ている所をアノワンに見られてしまうことによって彼女の嘘が露見した。それを奪おうとするアノワンに寝込みを襲われ、反撃するもチャンドラの炎の呪文は上手く発動しなかった。探検協会での警告を思い出すも時すでに遅く、アノワンに押さえ込まれてしまう。死を認識しかけたチャンドラの危機は、突然アノワンを後ろから殴り倒した人物によって救われる。その人物は意外にもサルカン・ヴォル/Sarkhan Volだった。

[編集] Awakenings

アノワンから救われたはずが、今度はサルカンに襲われるチャンドラ。サルカンに放った彼女の炎の呪文は上手く制御できずに途中で爆発してしまう。その炎に反応したサルカンは攻撃をやめ、ウギンの名を口にする。チャンドラはウギンの目への案内を頼むとサルカンは了承し、面晶体/Hedronの洞窟の中へ彼女を導いた。目的の場所にたどり着くと、彼女を目の生け贄に捧げるためにサルカンはドラゴン変化/Form of the Dragon[4]して再び襲い掛かる。

ドラゴンからの攻撃を必死に回避している最中、別の入り口からジェイスが目に到達する。呪文が面晶体に吸収されていることと巻物の暗号に気付いたジェイスの助言により、チャンドラは透明な炎(Sheer Fire)を使い、さらにジェイスの双つ術/Twincastによって二度目を放ちドラゴンを倒す。

巻物が示す場所を誰から聞いたのかの記憶をジェイスに読まれる前に、チャンドラはその人物に報復するために何処かへプレインズウォークした。

[編集] マジック2014―デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ

チャンドラは協力者と共に、巻物について彼女を唆した男、ラマーズ/Ramazを追って次元を駆けまわった。イニストラード/Innistradではラマーズに渡されたアヴァシン/Avacynの聖印つきペンダントのせいでアヴァシン教会/The Church of Avacynの信徒たちに盗賊として襲われ、騎士シギスムンド/Sigismundを倒して彼の外套の留め具を得た。ゼンディカーでは情報を得ようとエルフの魔道士ギランダー/Girunderを痛めつけて壊れた杖を奪った。シャンダラー/Shandalar奇妙な生物の事をラマーズが語っていたことから掘り出し物を求めて向い、スリヴァーの群れのシャーマンであるエス・ニーレック/Ess-Nelekの手からスリヴァーの化石を奪いとった。かつてラマーズが語ったジャンド/Jundのゴブリン竜術師/dracomancerのクラファ/Krufaからサングライト/Sangriteの欠片を奪い、ラヴニカではラマーズの仲間であるディミーア家/House Dimirギルド魔道士のゾリスラヴ/Zorislavからディミーアの思考帯/the Dimir thought ribbonを得た。これらの手がかりによってラマーズの居場所をカルドハイム/Kaldheimだと特定したチャンドラと協力者は彼を倒すものの逃げられてしまった。

チャンドラは協力者に礼を言って何処かへとプレインズウォークした。

[編集] プレインズウォーカー達の現状

その後、チャンドラはラマーズの背後にいるのがニコル・ボーラス/Nicol Bolasであることを突き止めたものの、ボーラスを追跡するまでには至らず、現在はレガーサのケラル・キープの僧院に帰還しているようである。

[編集] 炎への献身/Offers to the Fire

紅蓮術師としてさらなる高みを目指すためチャンドラはレガーサの溶岩原で、修道士長セレノックから詠唱の手ほどきを受けていた。訓練の途中に現れたヘリオンに対し、彼女はとっさに他の見習い僧たちに自分に向って火球を撃ち込ませ、それを紡ぎ合わせてヘリオンの頭部を貫くという荒業で撃退する。今までヤヤしか出来なかったことを成し遂げたその姿を見てセレノックは微笑むと、高齢で病魔に侵されていた彼は翌日息を引き取った。

チャンドラは次期修道士長に選ばれ亡きセレノックのローブを託された。自分がその地位に相応しいかを迷っているその時に、かつて敵として渡り合った事も共闘した事もある二人の男、ジェイスとギデオンが現れゼンディカーの危機を救うために力を貸して欲しいと頼まれる。自分の力が必要とされている事を喜び、そして新たなる冒険の予感に心が揺れたが、自分が一番必要されているのはここレガーサだと心に言い聞かせ同行を断ると修道士長就任の式に向かった。

[編集] プレインズウォーカー達の現状2015

修道士長となったチャンドラは修道院で穏やかで心地よい日々を送っているが、心の中では新たなる冒険や敵と渡り合うことを渇望しており、ゼンディカーの件に対しても後ろ髪を引かれる思いである。

[編集] 守るべき約束/Promises to Keep

少し様子を見に行くだけのつもりで、チャンドラはゼンディカーにプレインズウォークする。海門/Sea Gateで活動しているギデオンの姿を高台から遠目で確認し、さらに襲いかかってきたエルドラージ/Eldraziドローンを焼き払うと、自分がいなくてもここは大丈夫そうだ、私は必要ないと心に言い聞かせレガーサに戻るための次元渡りを始める。だがその最中に彼女は恐ろしいもの、遠くから近づいてくる山のような存在、ウラモグ/Ulamogの姿を確認する。その姿が心に焼き付いたまま修道士長としての演説に臨むが、その最中に心の迷いを払拭してローブを脱ぎ、自分には成すべき事があると告げると演壇を降りてルチ修道院長にそれを手渡しゼンディカーに向かった。

ゼンディカーに辿り着くと、ちょうどウラモグが面晶体の牢獄に捕えらえ歓喜に沸くその瞬間だった。チャンドラは安堵したが、その時謎の悪魔が飛来して装置の上空に静止し面晶体からエネルギーを吸収し始めた。その悪魔に対してチャンドラは火弾を放つも面晶体の力線に吸収されて消滅し届かず、装置が崩壊し始める。崩壊が巻き起こした大波を熱線で蒸発させながら群衆の撤退をサポートすると、解き放たれたウラモグに対しても炎を斉射するが全く効き目はなかった。騒乱の中でジェイスやギデオンを発見することもかなわず無力感を噛みしめる中で、チャンドラはさらに恐ろしい光景を目撃する。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] カード名に登場

アーチエネミー
チャンドラの憤慨/Chandra's Outrage
基本セット2011
チャンドラの吐火/Chandra's Spitfireチャンドラの憤慨/Chandra's Outrage
基本セット2012
チャンドラのフェニックス/Chandra's Phoenixチャンドラの憤慨/Chandra's Outrage
基本セット2012 BOX特典カード
チャンドラのフェニックス/Chandra's Phoenix
基本セット2013
チャンドラの憤怒/Chandra's Fury
基本セット2014
チャンドラの憤慨/Chandra's Outrageチャンドラのフェニックス/Chandra's Phoenix
マジック・オリジン
チャンドラの憤怒/Chandra's Furyチャンドラの灯の目覚め/Chandra's Ignition
ゲートウォッチの誓い
チャンドラの誓い/Oath of Chandra
カラデシュ
チャンドラの螺旋炎/Chandra's Pyrohelix
霊気紛争
チャンドラの革命/Chandra's Revolution

[編集] フレイバー・テキストに登場

アーチエネミー
チャンドラの憤慨/Chandra's Outrage
基本セット2010
業火の精霊/Inferno Elemental
ゼンディカー
地鳴りの揺るぎ/Seismic Shudder
ワールドウェイク
遺跡の賢者、アノワン/Anowon, the Ruin Sage轟く余震/Rumbling Aftershocks
基本セット2011
紅蓮地獄/Pyroclasm
基本セット2012
チャンドラの憤慨/Chandra's Outrage炎の円/Circle of Flame火葬/Incinerate
基本セット2013
火口化/Craterize炬火の炎/Flames of the Firebrand
基本セット2014
チャンドラの憤慨/Chandra's Outrage炬火の炎/Flames of the Firebrand
基本セット2015
炎の円/Circle of Flame
マジック・オリジン
チャンドラの憤怒/Chandra's Furyチャンドラの灯の目覚め/Chandra's Ignition極上の炎技/Exquisite Firecraft残虐無道の猛火/Ravaging Blaze紅蓮術師のゴーグル/Pyromancer's Goggles領事の鋳造所/Foundry of the Consuls
ゲートウォッチの誓い
溶滓のへリオン/Cinder Hellion食い荒らす炎/Devour in Flames巨人の陥落/Fall of the Titansチャンドラの誓い/Oath of Chandra
異界月
錬金術師の挨拶/Alchemist's Greeting焼夷流/Incendiary Flow炎の散布/Spreading Flames
カラデシュ
絶妙なタイミング/Impeccable Timing失跡/Disappearing Act劇的な逆転/Dramatic Reversal魔性の教示者/Diabolic Tutorチャンドラの螺旋炎/Chandra's Pyrohelix猛然たる報復/Furious Reprisal
カラデシュ プレインズウォーカーデッキ
炎の鞭打ち/Flame Lash
霊気紛争
チャンドラの革命/Chandra's Revolution飲み込む炎/Hungry Flames
アモンケット
信者の確信/Faith of the Devoted力ずく/By Force

[編集] イラストに登場

ジェイスvsチャンドラ
火葬/Incinerate炎の印章/Seal of Fire
アーチエネミー
チャンドラの憤慨/Chandra's Outrage
プレインチェイス2012
空間の接合/Spatial Merging
ゼンディカー
マグマの裂け目/Magma Rift
基本セット2011
チャンドラの吐火/Chandra's Spitfireチャンドラの憤慨/Chandra's Outrage
基本セット2012
チャンドラのフェニックス/Chandra's Phoenixチャンドラの憤慨/Chandra's Outrage
基本セット2012 BOX特典カード
チャンドラのフェニックス/Chandra's Phoenix
基本セット2013
チャンドラの憤怒/Chandra's Fury炬火の炎/Flames of the Firebrand
基本セット2014
チャンドラの憤慨/Chandra's Outrageチャンドラのフェニックス/Chandra's Phoenix炬火の炎/Flames of the Firebrand
基本セット2015
衝動的な行動/Act on Impulse
マジック・オリジン
チャンドラの憤怒/Chandra's Furyチャンドラの灯の目覚め/Chandra's Ignition極上の炎技/Exquisite Firecraft焦熱の衝動/Fiery Impulse残虐無道の猛火/Ravaging Blaze
ゲートウォッチの誓い
ゲートウォッチ招致/Call the Gatewatch食い荒らす炎/Devour in Flames巨人の陥落/Fall of the Titansチャンドラの誓い/Oath of Chandraゼンディカーの復興者/Zendikar Resurgent
異界月
集団的抵抗/Collective Defiance焼夷流/Incendiary Flow炎の散布/Spreading Flamesエムラクールの影響/Emrakul's Influence
カラデシュ
魔性の教示者/Diabolic Tutor安堵の再会/Cathartic Reunionチャンドラの螺旋炎/Chandra's Pyrohelix猛然たる報復/Furious Reprisal行き詰まりの罠/Deadlock Trap
カラデシュ プレインズウォーカーデッキ
炎の鞭打ち/Flame Lash解き放たれた焔/Liberating Combustion
霊気紛争
チャンドラの革命/Chandra's Revolution
アモンケット
驚異への入り口/Open into Wonder力ずく/By Force

[編集] 登場デッキ

デュエルデッキ
プレインズウォーカーデッキ

[編集] 登場作品

プレインズウォーカー・シリーズ
ゼンディカー・ブロック
基本セット2014
マジック・オリジン
戦乱のゼンディカー・ブロック
イニストラードを覆う影ブロック
カラデシュ・ブロック
アモンケット・ブロック

[編集] 登場記事

[編集] 脚注

  1. 次元渡りの覗き見:モーニングタイドの風景(Internet Archive)
  2. 燃え尽きぬ炎(1) あとがき
  3. Card of the Day - Wednesday, March 10, 2010
  4. Card of the Day - Thursday, March 11, 2010

[編集] 参考

QR Code.gif