ヴィーアシーノ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ヴィーアシーノ/Viashinoは、クリーチャー・タイプの1つ。人型爬虫類種族、いわゆるリザードマンである。トカゲとは独立して、背景世界設定での種族名がそのままサブタイプとなっている。


Viashino Sandstalker / ヴィーアシーノの砂漠の狩人 (1)(赤)(赤)
クリーチャー — ヴィーアシーノ(Viashino) 戦士(Warrior)

速攻
終了ステップの開始時に、ヴィーアシーノの砂漠の狩人をオーナーの手札に戻す。(それが戦場に出ているときのみ戻す。)

4/2


Hivis of the Scale / 鱗のヒヴィス (3)(赤)(赤)
伝説のクリーチャー — ヴィーアシーノ(Viashino) シャーマン(Shaman)

あなたは、あなたのアンタップ・ステップに鱗のヒヴィスをアンタップしないことを選んでもよい。
(T):ドラゴン(Dragon)1つを対象とする。あなたが鱗のヒヴィスをコントロールしているとともに鱗のヒヴィスがタップ状態であり続けるかぎり、そのコントロールを得る。

3/4


Viashino Firstblade / ヴィーアシーノの初太刀 (1)(赤)(白)
クリーチャー — ヴィーアシーノ(Viashino) 兵士(Soldier)

速攻
ヴィーアシーノの初太刀が戦場に出たとき、それはターン終了時まで+2/+2の修整を受ける。

2/2

小説The Prodigal Sorcererが初出で、ミラージュ・ブロックカード化される。その後ウルザ・ブロックからラヴニカへの回帰ブロックまで、ブランクはあるが定期的に登場している。

すべてかそれを含む多色中型サイズで、ヴィーアシーノの砂漠の狩人/Viashino Sandstalkerヴィーアシーノの軸尾/Viashino Shanktailなどパワー偏重の攻撃的なものが見られる。

長らく伝説のクリーチャーはいなかったが、鱗のヒヴィス/Hivis of the Scale鉤爪のジィーリィーラン/Zirilan of the Claw2005年9月にオラクルの変更でヴィーアシーノになった。

[編集] ストーリー

ドミナリア/Dominaria
ジャムーラ/Jamuraaの砂漠地帯やシヴ/Shivなどに生息している。シヴのヴィーアシーノの族長ファイアー・アイ/Fire Eyeウルザ/Urzaに協力しパワーストーン/Powerstoneの精錬などを行った。
ラヴニカ/Ravnica
グルール一族/The Gruul Clansに属している者が多い。
アラーラ/Alara
グリクシス/Grixisジャンド/Jund断片/Shardに生息している。

[編集] 参考

QR Code.gif