背景世界/読み物/ラヴニカへの回帰ブロック

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ラヴニカへの回帰ブロックラヴニカへの回帰ギルド門侵犯ドラゴンの迷路)における小説や掌編、設定資料記事などの一覧。内容概略および翻訳記事の有無や注意点。

目次

[編集] 小説

ラヴニカへの回帰サイクル小説、Doug Beyer著。電子書籍形式のみで出版されている。

2012年11月27日発売、表紙画像は思考を築く者、ジェイス/Jace, Architect of Thought
2013年2月26日発売、表紙画像はディミーアの黒幕ラザーヴ/Lazav, Dimir Mastermind
2013年5月28日発売、表紙画像はラル・ザレック/Ral Zarek(ドラゴンの迷路の広告用イラスト)

[編集] 公式サイト

既知の次元/Planes of Existence内の次元紹介。ただし旧ラヴニカ・ブロックからはイラストのみの変更となっている。
アンケート形式によるギルド診断をしたり各ギルド/Guildの紹介を見ることが出来た。(WotCの公式サイト再編により現在は製品情報のみ)
プレインズウォーカー/Planeswalkers内のヴラスカの紹介記事。
プレインズウォーカー/Planeswalkers内のジェイス・ベレレン/Jace Belerenの紹介記事。ラヴニカへの回帰に合わせた内容に一部変更された。
プレインズウォーカー/Planeswalkers内のドムリ・ラーデ/Domri Radeの紹介記事。
プレインズウォーカー/Planeswalkers内のラル・ザレック/Ral Zarekの紹介記事。

[編集] Feature Article

特集コラムFeature Articleから関連記事。主に月曜日更新。

2012年8月29日 Adam Lee
ラヴニカ・ブロックから現在までの間にいったい何が起こったのか、そしてこれから何が起こるのか。
2012年9月25日 Jeremy Jarvis
ラヴニカへの回帰ブロックのコンセプトアートや、ギルドの紋章デザインのリファインについて。
2012年11月28日 Doug Beyer著
小説「Return to Ravnica: The Secretist, Part One」の著者による解説と購入方法。
2013年1月23日 Jeremy Jarvis著
ギルド門侵犯のアートコンセプト
2013年2月26日 Doug Beyer著
小説「The Secretist」の著者によるシリーズ解説と購入方法。
2013年5月22日 Doug Beyer著
小説「The Secretist」の著者による、これまでのあらすじや第三部の概要の解説と購入方法。
2013年5月24日 Trick Jarrett
ギルドフレイバー・テキストに隠された暗号について

[編集] プレインズウォーカーのための「ラヴニカへの回帰」案内/Planeswalker's Guide to Return to Ravnica

クリエイティブチームによる「ラヴニカへの回帰」に登場する各ギルドと世界設定の解説記事。

現在のラヴニカ/Ravnicaの状況とプレインズウォーカー/Planeswalkerとの関わり、そしてセレズニア議事会/The Selesnya Conclaveについて。
イゼット団/The Izzetゴルガリ団/The Golgariについて。
ラクドス教団/The Cult of Rakdosアゾリウス評議会/The Azorius Senateについて。

[編集] プレインズウォーカーのための「ギルド門侵犯」案内/Planeswalker's Guide to Gatecrash

クリエイティブチームによる「ギルド門侵犯」に登場する各ギルドと世界設定の解説記事。

ディミーア家/House Dimirボロス軍/Boros Legionについて。
シミック連合/The Simic Combineグルール一族/The Gruul Clansオルゾフ組/The Orzhov Syndicateについて。

[編集] Uncharted Realms

Uncharted Realmsはマジックの各種フレイバーを掘り下げる公式コラム。ここでのフレイバーにはカードのイラスト、フレイバー・テキストカード名、世界設定、書籍、コミックなどが含まれる。前身のコラム「Savor the Flavor」と比べて、よりカードそのもののフレイバーに焦点を置く。主筆は2012年はJenna Helland、2013年よりAdam Lee。水曜日更新。

2012年7月18日 Jenna Helland著
基本セット2013のカード、群衆の親分、クレンコ/Krenko, Mob Bossの物語にしてEpic Experiment/世紀の実験前日譚。謎の人物タズ氏からボロス軍のギルドマスターだった天使、フェザー/Featherの羽を持ってくることを依頼されたクレンコ/Krenkoの冒険。
  • The Shadows of Prahv(12)/プラーフの影(日本語版:12
2012年8月29日、2012年9月5日 Jenna Helland著
見えざる者、ヴラスカ/Vraska the Unseenプレビュー。アゾリウス評議会によるゴルガリ団掃討作戦に関わった者たちの連続殺人事件の真相とは。
2012年9月12日 Jenna Helland著
イゼット団員トレンズ/Trenzによる世紀の実験/Epic Experiment。4つのテストは全てがニヴ=ミゼット/Niv-Mizzetに報告するに相応しい結果をもたらす可能性を秘めているが、正しいものは一つ。彼の選択や如何に。
  • In Praise of the Worldsoul(123)/世界魂を称えて(日本語版:123
2012年9月26日、2012年10月3日、2012年10月10日 Jenna Helland著
狼のクーマ/Kumaと共有の絆/Common Bondを持つ狼乗りルージ/Ruziは、セレズニア議事会の命により残骸地帯/The Rubblebeltに住む姉のセシリー/Cecileeに会いに行くが…。
2012年10月17日 Trick Jarrett著
ラクドス教団/The Cult of Rakdosの祭り、殺戮遊戯/Slaughter Gamesに賭ける男と女の生き様の物語。
2012年10月24日 Adam Lee著
セレズニアの声、トロスターニ/Trostani, Selesnya's Voiceの物語。三体のドライアドはいかにしてトロスターニ/Trostaniとなり、セレズニアを率いるようになったのか。
2012年10月31日 Jenna Helland著
アゾリウスに指名手配されている10人のリスト。原題の「Ten Most Wanted」はFBI Ten Most Wanted Fugitives(定訳は「FBI10大最重要指名手配」)を元にしていると思われる。
  • The Seven Bells(12)/七つの鐘(日本語版:12
2012年11月7日、2012年11月14日 Jenna Helland著
一人で七つの大鐘楼塔の七つの鐘全てを同時に鳴らせ!イゼット団員ボーリ・アンダーン/Bori Andonが不可能とされた難問に挑む。
2012年11月21日 Tom LaPille著
ラヴニカの路傍に生きる、ある貧しい男の物語。
2013年1月2日 Adam Lee著
一族の誇示/Clan Defianceプレビュー。グルール一族のカル/Kalはイゼット団監視の任務の内、次第に彼らの無軌道な魔法に魅せられていき…。
2013年1月9日 Brady Dommermuth著
首席議長ゼガーナ/Prime Speaker Zeganaプレビュー。アゾール公会広場でゼガーナが行った演説、ラヴニカへのマーフォークの回帰とシミック連合の新生について。
2013年1月16日 Adam Lee著
ギルドパクトが終わった日、かつてのラヴニカを揺るがした事件の演劇が行われていた。それを見る2人のウォジェクの胸に去来するものとは。
2013年1月23日 Adam Lee著
あるディミーアの工作員に与えられる重要な任務に必要なものとは…?
2013年1月30日、2013年3月6日 Adame Lee著
グルールの成人の儀式は謎と恐怖に包まれている。そして今、その試練へと挑む少年がいる。
2013年2月6日 Adam Lee著
プレインズウォーカーのギデオン・ジュラ/Gideon Juraは如何にしてボロス軍に加わる決意をしたのか。
2013年2月13日 Adam Lee著
ギルドへの500年の負債を抱えたオルゾフの掃除夫のボスコ/Boscoは早期返済のためにある決断をする。
2013年2月20日 Kelly Digges
シミックの研究者のリアーナ/Lianaが師事することとなった生術師、フローリン・オズボルト/Florin Ozboltの実験とは…?
2013年2月27日 Matt Tabak
アゾリウスの迷えるホムンクルス、フブルスプ/Fblthpの物語。
2013年3月13日 Ari Levitch
パトロンを失い、新たにオルゾフに融資を依頼した劇作家シモンド・ハルム/Symond Halmの末路。
2013年3月20日 Kelly Digges著
荷揚げ人足の少年のBartekが通いつめる破滅小径/Bane Alleyの店の売り子、Andraの本当の商売とは。
2013年3月27日 Adam Lee著
オルゾフ組の神秘の儀式によって現れた死盟の天使/Deathpact Angelは何を告げるのか。
2013年4月3日 Jennifer Clarke Wilkes著
グルール一族の迷路走者ルーリク・サー/Ruric Tharは、右頭と左頭でお互いぼやき合いつつも迷路を駆ける。
2013年4月10日 Adam Lee著
幽霊の特使、テイサ/Teysa, Envoy of Ghostsプレビュー。オルゾフの迷路走者となったテイサ・カルロフ/Teysa Karlovはボロスの迷路走者タージク/Tajicへある提案を持ちかける。
2013年4月17日 Adam Lee著
発掘された道しるべ/Uncovered Cluesプレビュー。ブリキ通りで店を営むバーリン/Barrinに彼の店の隅石の事を根掘り葉掘り聞き出すフード付きマントを着た謎の青年はディミーアの盗賊なのか…?
2013年4月24日 Nik Davidson
著名なる判事オットー・ヴィテリウス二世/Otho Vitellius IIの孫娘であるオーナ・ヴィテリウス/Oana Vitelliusはアゾリウスの弁護人だが、己の力不足により一人の男の職を失わせてしまう。落ち込む彼女に近づくTaremと名乗る男の提案とは…。
2013年5月1日、2013年5月15日 Ari Levitch著
イゼットのギルド魔道士、マダーラック/Madarrakが実験施設で偶然見つけた謎の円盤はかつて行方不明になった薬術師のエルノ・ズロド/Erno Zslodの残したものだった。彼を探すように命じられ、助手たちと共に地下街に向かったマダーラックの行く手に現れたのは…?
2013年5月8日 Sam Stoddard
ヒルロッド詠唱団/The Aria of Hilrodのリーニ/Rinniはその身を持ってラクドス教団の芸人魂を示す。
2013年5月22日 Adam Lee著
若きアゾリウスの神聖魔道士/hieromancerのジェック/Jekとその妹ヴィニ/Vinniはラクドス教徒に追われていた…ラヴィニア/Laviniaがアゾリウスの拘引者を志す転機となった事件。記事掲載当初のタイトルは「Lavinia」だったが改題された。
2013年6月5日 Colin Kawakami
ラヴニカで最も素晴らしい学校とうたわれる名門、「炉火の泉」学院/Hearth Fountain Academicの教師リリック/Liricの休暇の活動とは。
2013年6月12日 Nik Davidson著
ラスラン/Ruslan少年が市場で買ってもらった卵から孵った跳ね顎のクバ/Kubaはある日、下水道へと逃げ出してしまった。そして…
2013年6月19日 Adam Lee著
ギデオン・ジュラはタージクと共にボロスの軍勢を率いて第9地区にて様々なギルドを相手に戦いを繰り広げる。しかし、彼には他に守るべき人々がいた。
2013年8月14日 Jennifer Clarke Wilkes
もしもラヴニカが一つの高校だったら…?ニヴ=ミゼット校長とベレレン教頭の指導の下、各ギルドの典型を演じる生徒たちを「Last Day/最後の日」のゴブリン少女、スクリージス/Skrygixの案内で見る。
2014年3月12日 Doug Beyer著
The Secretist後日談。ゴルガリの領域で起こった殺人事件はただの連続殺人ではなく、ジェイスへのメッセージだった。果たして彼は謎のプレインズウォーカーからラヴニカの平穏を守ることが出来るのか。

[編集] Magic Arcana

月曜日から金曜日まで連日更新のミニコラムMagic Arcanaから関連記事。担当者はMonty Ashley

戒厳令/Martial Lawのアートについて
様々なアートに潜むギルドのシンボルについて
アゾリウスの「縛られた魂」について
払拭/Dispelのアートに隠された、まだ見ぬギルドの意匠
ラヴニカへの回帰ブロックのフレイバー・テキストにおけるギルドごとの数について
斧折りの雄鹿/Axebane Stagのスケッチ
イゼットの研究室のイメージボード
ラヴニカへの回帰ブロックの魔鍵サイクルのアートについて
勇士の再会/Heroes' Reunion市内捜査/Search the Cityギルドの抗争/Guild Feudジャラドの命令/Jarad's Ordersのスケッチ
ギルド渡りの遊歩道/Transguild Promenadeのアートに見える様々なギルドの紋章や人々
ジャラドが登場するアートについて
審判官の使い魔/Judge's Familiarロクソドンの強打者/Loxodon Smiter跳ね散らす凶漢/Splatter Thug報復の矢/Avenging Arrowのアートに隠されたギルドの意匠
Facebookで行われていたArtfight Ravnicaで配布されていた壁紙
巨大化/Giant Growthミジウムの迫撃砲/Mizzium Mortarsボロスのギルド門/Boros Guildgateイゼットのギルド門/Izzet Guildgateのアーティスト、Noah Bradleyによるスケッチノート
演劇の舞台/Thespian's Stageの演目について
ギルド門侵犯カード名辞典
プレリリースで配られたギルドマスターからの手紙(英語のみ)
ギルド嘲笑いの護法印/Guildscorn Wardギルドのタブレット/Tablet of the Guildsのアートとの関連性について
急速混成/Rapid Hybridizationのアートディレクションやスケッチ
真火の聖騎士/Truefire Paladin円環の賢者/Gyre Sage不毛の地のバイパー/Wasteland Viper不死の隷従/Immortal Servitude強要された自白/Coerced Confessionのアートに描かれたギルドのシンボル。
皮印のゴブリン/Skinbrand Goblinのアートディレクションやスケッチ
闘技/Pit Fightグルールの憤怒獣/Gruul Ragebeast破壊のオーガ/Wrecking Ogreで描かれるグルールとオルゾフの密かな戦い
地下世界の人脈/Underworld Connections殺意の凝視/Killing Glare樫の木通りの亭主/Oak Street Innkeeperギルドパクトの敵/Enemy of the Guildpact門なしの守護者/Guardian of the Gatelessのアートで描写される、ギルドに属さない人々
集団疾病/Illness in the Ranksに描かれているのは狩猟者の協定/Coursers' Accordケンタウルスだった
身分詐称/Stolen Identityのアートディレクション
導き石サイクルについて。ラヴニカの住人たちは導き石を非常スイッチのように考えている
ドラゴンの迷路に収録される新規アートの門は、既存のアートをズームアウトした全体像だった
育殻組のヴォレル/Vorel of the Hull Cladeがシミックに入る前はグルールの小さな部族の指導者であったが、安全のためにボロスに領域を譲ろうとして一族の反感を買って殺されそうになったことが書かれている。
湧血を持つカードのアートコンセプトについて
ブロックストーリー小説「The Secretist」第三部の発売告知

[編集] ファットパック

  • RETURN TO RAVNICA Player's Guide
ラヴニカへの回帰ファットパック付属のブックレット。ラヴニカの次元そのものやラヴニカへの回帰ブロックに登場する5つのギルドとそのリーダー、それぞれのメカニズムのフレイバーについての解説など。ラヴニカ出身のプレインズウォーカー、ラル・ザレックについてMagic: The Gathering - Duels of the Planeswalkers 2012関連以外では初めて公式に言及している。
  • GATECRASH Player's Guide
ギルド門侵犯ファットパック付属のブックレット。ギルド門侵犯に登場する5つのギルドとそのリーダー、それぞれのメカニズムのフレイバーについての解説など。新たにカードとして登場したギデオンとドムリの紹介のみならず、ジェイスとニヴ=ミゼットの動向にも触れている。
  • DRAGON'S MAZE Player's Guide
ドラゴンの迷路ファットパック付属のブックレット。暗黙の迷路についての経緯と各ギルドやジェイスの動向、ラル・ザレックや10人の迷路走者についての解説など。

[編集] 動画

Youtubeの公式チャンネルにアップロードされる公式動画。

アメリカのゲームショー、PAX Prime 2012で行われたラヴニカへの回帰の世界構築についてのパネル。
ラヴニカへの回帰予告編。ラヴニカを第二の故郷と定めたプレインズウォーカー、ジェイス・ベレレンはラヴニカへの回帰に登場する5つのギルドを評しつつ、この街に起こりつつある何かを懸念する。
ギルド門侵犯予告編。大いなる野望と共にギルド門侵犯に登場する5つのギルドを評すディミーア家のギルドマスターであるラザーヴ/Lazav、「この世界に私を止められる者などいない」と豪語する彼を阻止する者は誰か。
ドラゴンの迷路予告編。ギルド間の紛争が全面戦争に発展することを危惧したニヴ=ミゼットは、各ギルドから代表者を選出させ、彼らにラヴニカの都市に潜む古代の迷路を突破させる計画を公表する。その報酬は世界を永遠に変えてしまうほどのものだというが、各ギルドは――もちろん、イゼット団のギルド魔道士であるラル・ザレックも――あらゆる手をつくして挑戦者を妨害するだろう。

[編集] 参考

QR Code.gif