ドムリ・ラーデ/Domri Rade (ストーリー)

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ドムリ・ラーデ/Domri Radeギルド門侵犯のキャラクター。カードとしてはギルド門侵犯ドムリ・ラーデ/Domri Radeが初出。

目次

[編集] 解説

ラヴニカ/Ravnica出身のプレインズウォーカー/Planeswalker、人間男性。イラスト

権威や規則、階層制度を本質的に嫌っており、それらへの反抗を実行するグルール一族/The Gruul Clansに憧れて加入した少年。プレインズウォーカーとして目覚めたばかりであり、力の増大と共にその自制心は弱まっていっている。

[編集] 経歴

ドムリはラヴニカの都市外れの廃墟で孤児となり、幼少期をボロス軍/Boros Legionの巡回やアゾリウス評議会/The Azorius Senateの拘束から逃げ回って過ごした。権力に反抗する精神を持ちながらもそうするための力をまだ持たなかった彼はグルールの戦士たちに加わることを熱望していたが、その体はまだ小さく痩せこけていた故に叶えられなかった。彼は諦めずに仲間を求め、それを瓦礫帯/The Rubblebeltの獣たちに見出した。彼は獣たちを召喚し、それらに命令を下し、さらに強化する魔法を身につけるようになっていた。

ある時、ドムリはオルゾフ組/The Orzhov Syndicateが瓦礫帯に侵入して活動しようとしたのを発見し、グルールの憤怒獣/Gruul Ragebeastを使ってほぼ独力で追い払う。それを見たギルドマスターである腹音鳴らし/Borborygmosはドムリをグルールの名誉メンバーに任命した。

[編集] 埋葬/The Burying

グルールに加入したドムリは、親友のウィップ/Whipラッキィ/Lakkieと共に欠片の刃族/the Shard Bladesを結成し、戦いごっこや瓦礫帯の廃墟の破壊に明け暮れていた。少年たちは薄闇の中、野営地に向かいながらグルールの成人となるための通過儀礼である「埋葬」について噂する。彼らは年内にそれを受けることは知っているものの、儀式の内容は秘密とされていた。

儀式の当日、彼を世話していた呪術士サバスト/Sabastに連れられた彼は当初は少年らしく虚勢を張るものの次第に恐怖を感じ始め、ウトヴァラ/Utvaraに到着して生き埋めにされた時には恐慌に陥った。その時、彼のプレインズウォーカーの灯/Planeswalker's Sparkは目覚め、彼はナヤ/Nayaの大自然の真っ只中に次元渡りした。ドムリはその理想に描いた野生的な光景に興奮し歓声を上げるも、それはガルガンチュアン/Gargantuanの注意をひくこととなった。シーリアのエルフ/Cylian Elfの神追い/Godtrakerたちに救われたドムリは、どこから来たのかという質問に答えてラヴニカやグルールについて説明するも、それは彼らには理解の及ばない世界だった。エルフたちに必死に自分の世界について詳しく説明していくうちに、ドムリは再び埋葬された時のような冷たく押しつぶされるような感覚に支配され、彼の名を呼ぶエルフを残して久遠の闇/Blind Eternitiesへと消え去ってしまった。

気が付くとドムリは真夜中のラヴニカにいた。グルールの人々やサバストから埋葬中のはずのドムリが何故ここにいるのかと尋ねられても、何が起こったのかはとても信じてもらえないと思った彼は答えることが出来なかった。儀式を終えることが出来なかった上に、もうドムリは以前のドムリではなくグルールの誰とも異なる存在となってしまった。彼はグルールを去る決意を語ったが、サバストはグルールの掟は野生のみであり、その意志あるかぎりドムリはグルールだと説く。それを聞いて肩の重荷が降りたように感じたドムリは早速新しい世界への、サバストや腹音鳴らしですらも知ることのできない本当の野生の密林世界への冒険に思いを馳せた。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] フレイバー・テキストに登場

ギルド門侵犯
捕食者の関係/Predator's Rapport踏み鳴らされる地/Stomping Ground

[編集] 登場記事・登場作品

[編集] 参考

QR Code.gif