次元間の標/Interplanar Beacon

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Interplanar Beacon / 次元間の標
土地

あなたがプレインズウォーカー呪文を唱えるたび、あなたは1点のライフを得る。
(T):(◇)を加える。
(1),(T):異なる色のマナ2点を加える。このマナは、プレインズウォーカー呪文を唱えるためにのみ使用できる。


プレインズウォーカー呪文にのみ使えるマナフィルター土地。用途を限定しない無色マナも出せるほか、プレインズウォーカー呪文を唱えるたびにライフ回復もできる。

好きなタイプマナを出すことができるので、様々なのプレインズウォーカーを使うデッキの安定性を高めてくれる。ただし同じ色のマナを2点加えることはできないので、単色色拘束の強いプレインズウォーカーには不向き。また、プレインズウォーカー以外の多色カードを多用する場合、無色マナしか出せないことが足を引っ張る可能性もある。複数のプレインズウォーカーを使用するデッキであっても、枚数は考える必要があるだろう。

リミテッドでは強力なプレインズウォーカーが多いので、それらを使いやすくなるのは便利。プレインズウォーカーの入手機会が多く長期戦になりがちなので、1点だけの回復能力も意外とバカにできない。

登場時のスタンダードでは各種プレインズウォーカー・コントロールキーカード総動員地区/Mobilized Districtカーンの拠点/Karn's Bastion色マナを出せないデメリットをカバーできることから、2色のアゾリウス・フレンズでも採用される。

[編集] 開発秘話

2色の組み合わせが重視されるラヴニカ/Ravnicaらしさを出すため、マナフィルター能力は異なる色のマナ2点を生み出すものになった。また、ライフを回復する能力は元々プレインズウォーカーが戦場に出たときの誘発型能力だったが、これには「忠誠度能力起動する前に対戦相手優先権が移り、除去する機会を与える」という問題があったため、唱えたときの誘発型能力に変更された[1]

[編集] ストーリー

次元間の標/Interplanar Beaconニヴ=ミゼット/Niv-Mizzetが開発した装置(イラスト)。久遠の闇/Blind Eternitiesを越えてプレインズウォーカー/Planeswalkerラヴニカ/Ravnicaの存在を教え、呼び寄せる機能を持つ。ミゼットはニコル・ボーラス/Nicol Bolasと戦うためにプレインズウォーカーを集めようとしたが、ボーラスはそれすらも自分の計画に利用した。

[編集] 脚注

  1. M-Files: War of the Spark – Multicolor/Mファイル『灯争大戦』編・多色(Play Design 2019年5月10日 Dan Musser著)

[編集] 参考

QR Code.gif