ディミーア家/House Dimir

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ディミーア家/House Dimirは、ラヴニカ/Ravnicaにおける10のギルド/Guildの1つ。青黒で、「見えざる者」の別名を持つ。

目次

[編集] 主義・沿革

一般の市民にはその存在は架空のもの、もしくはもう存在していないものだと思われている。多くの人にとって、このギルドについての話は聞き飽きた怪談の1つでしかない。

しかし、このギルドは現在も間違いなく存在しており、陰に隠れてラヴニカの完全支配を狙っている。ラヴニカの住人に架空の存在だと信じさせようとしているのも、その目的のための手段である。その存在を知っているのは、他のギルドだけである。

組織の各工作部隊は完全に独立した個々の部隊となっている。工作員の上部との接触も一ヶ所に限定するようになっている。また、指導者が命令を送る際は、魔法的な存在を使用している。これらも、組織やその策略の全貌を掴ませないようにし、情報漏洩を防ぎその隠密性を保つための手段である。

指導者は、不気味な吸血鬼、ザデック。条約(ギルドパクト)調印の際にもその姿は視界から隠されていたという。本拠地は、地下に隠れた巨大な城ダスクマントル。場所を知るのは住人とその手下のみである。

ラヴニカ・ブロックのストーリーでザデックは生前と幽霊となった後で逮捕され、アギレム/Agyremへと追放された。これによってディミーアは壊滅したと考えられた。

ラヴニカへの回帰の時代、ディミーアはザデックの魂と交信しその記憶を引き継いだと名乗るシェイプシフターディミーアの黒幕ラザーヴ/Lazav, Dimir Mastermindによって再興した。

[編集] ゲームでの特徴


Glimpse the Unthinkable / 不可思の一瞥 (青)(黒)
ソーサリー

プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、自分のライブラリーのカードを上から10枚、自分の墓地に置く。



Nightveil Specter / 夜帷の死霊 (青/黒)(青/黒)(青/黒)
クリーチャー — スペクター(Specter)

飛行
夜帷の死霊がプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、そのプレイヤーは自分のライブラリーの一番上のカードを追放する。
あなたは夜帷の死霊によって追放されたカードをプレイしてもよい。

2/3

相手に悟られぬよう行動するギルドであることから、肉体的な攻撃ではなく「精神攻撃」をイメージしたライブラリー破壊に関するカードが多く収録されている。能力の一環としてライブラリー破壊が含まれているものや、ライブラリー破壊によって誘発する能力も多い。

ラヴニカ・ブロックでのキーワード能力変成ラヴニカへの回帰ブロックでのキーワード能力暗号。いずれも、ギルドの特徴であるライブラリー破壊に直接関係する能力ではなく、青と黒が共にサーチサボタージュ能力が得意という色の特徴から来ていると言えそう。

また、ライブラリー破壊に関する独自メカニズムとして研磨を有する。

[編集] 関連カード・関連デッキ

[編集] ラヴニカ・ブロック

[編集] ラヴニカへの回帰ブロック

[編集] デッキ

[編集] 参考

QR Code.gif