ネフィリム

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ネフィリム/Nephilimは、クリーチャー・タイプの1つ。


Dune-Brood Nephilim / 砂丘生みのネフィリム (黒)(赤)(緑)(白)
クリーチャー — ネフィリム(Nephilim)

砂丘生みのネフィリムがプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、あなたがコントロールする土地1つにつき、無色の1/1の砂漠の民(Sand)クリーチャー・トークンを1体生成する。

3/3


Glint-Eye Nephilim / 光り眼のネフィリム (青)(黒)(赤)(緑)
クリーチャー — ネフィリム(Nephilim)

光り眼のネフィリムがプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、その点数に等しい枚数のカードを引く。
(1),カードを1枚捨てる:光り眼のネフィリムはターン終了時まで+1/+1の修整を受ける。

2/2

マジック初の4色カードとしてギルドパクトに登場した5体のみが存在し、4色多色の組み合わせ5通りにそれぞれ1体ずついる。ラヴニカへの回帰ブロックでも登場が期待されたが、諸々の理由により却下された。(存在しないということ)

コストを考えるとパワータフネスは小さめだが、いずれも非常に強力な能力を持っている。派手なマナ・コストから勘違いすることもあるが、伝説のクリーチャーではない。

[編集] ストーリー

ラヴニカ世界においては「都市とギルドのために地下に潜らざるをえなかった、神のごとき力を持つ古代の生物」として設定されている。あまりに旧い存在であるため、現在のラヴニカでは彼らについての知識はほぼ失われている。ただしギルドパクト以前の古の伝承を受け継いでいるグルール一族/The Gruul Clans原初教団/Cult of Yoreなど、彼らについての知識を持っている集団も存在する。

  • 旧約聖書の「創世記」には、神族と人類の間に生まれた巨人族として「ネフィル(Nephil)」が登場している。これの複数形が「ネフィリム(Nephilim)」である。なお、マジックでは単数形として「ネフィリム」と呼ぶ模様。

[編集] 該当サイクル

[編集] ネフィリムと名のつくその他のカード

いずれもクリーチャーの色の数に応じてパワータフネスを強化するカードである。

[編集] 参考

QR Code.gif