ニーキャ/Nikya

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ニーキャ/Nikyaラヴニカへの回帰ブロックおよびラヴニカの献身のキャラクター。カードとしてはラヴニカの献身の旧き道のニーキャ/Nikya of the Old Waysが初出。

目次

[編集] 解説

ラヴニカ/Ravnicaギルド/Guildの一つ、グルール一族/The Gruul Clansザル=ター族/Zhur-Taa clanの族長を務めるケンタウルス。女性。若き戦士のような鍛え上げられた肉体に反して目尻の皴は深く、年齢は測りがたい(イラスト)。

グルール本来の教義である「旧き道/The Old Ways」に従って生きることから旧き道のニーキャ/Nikya of the Old Waysと呼ばれる。その力は強大で、ラヴニカの太古の地層から巨大な蔦を召喚できると言われている。

[編集] 経歴

[編集] 世界魂を称えて/In Praise of the Worldsoul

セレズニア議事会/The Selesnya Conclaveルージ/Ruziがニーキャの宿営地を訪れた。彼は告げた、姉のセシリー/Cecileeとその養子、グルール出身の赤子ラクドス教団/The Cult of Rakdos虐殺少女/Massacre Girlに殺されたと。その証言が斥候からの報告と一致するものだったため、ニーキャはルージの言葉を信じたが、赤子の死は偽りであった――ルージはラクドスへの復讐にグルールを利用したのだ。

[編集] グルールの才気/Gruul Ingenuity

ニーキャはザル=ター族にラクドスへの復讐を宣言し、自ら選んだ戦士たちを率いて戦へ赴いた。ニーキャは蔦の壁を喚び出して戦いを優勢に進めたが、デーモンの参戦により流れが変わりかけた。彼女たちを救ったのはカル/Kalが唱えた炎の呪文だった。ニーキャは尋ねた、そのような魔法をどこで学んだのかと。それはイゼット団/The Izzet Leagueの魔法から着想を得たものだった。

[編集] ラヴニカの献身

ドムリ・ラーデ/Domri Rade腹音鳴らし/Borborygmosに勝利してギルドマスターに昇り詰めると、ニーキャは彼の台頭を終末の祟り/The End-Razeの到来の前触れと見なすようになった。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] フレイバー・テキストに登場

ギルド門侵犯
腐食スカラベ/Rust Scarabスカルグの大巨獣/Skarrg Goliath瓦礫帯の略奪者/Rubblebelt Raiders
ラヴニカの献身
活力の贈り物/Gift of Strength、旧き道のニーキャ/Nikya of the Old Ways、踏み鳴らされる地/Stomping Ground
灯争大戦
生ける竜巻/Living Twister

[編集] イラストに登場

ラヴニカの献身
強撃/Thrash

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] その他

  • 「グルールの才気/Gruul Ingenuity」では乗騎から降りて胡坐で座る描写があり、ラヴニカへの回帰ブロック時点ではニーキャがケンタウルスであるという設定はなかったものと思われる。

[編集] 参考

QR Code.gif