アグルス・コス/Agrus Kos

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

アグルス・コス/Agrus Kosは、ラヴニカ・ブロックのキャラクター。カードとしてはラヴニカ:ギルドの都ウォジェクの古参兵、アグルス・コス/Agrus Kos, Wojek Veteranが初出。

目次

[編集] 解説

ラヴニカ/Ravnicaギルド/Guildの1つ、ボロス軍/Boros Legionに所属する人間。男性。ラヴニカ・ブロックのストーリーの主人公である。

ボロスの一部門、ウォジェク連盟/The League of Wojekのメンバー(いわば警察官)で、階級は中尉(副長)/Lieutenant。老齢(100歳を超えている)でありながら自ら現場に赴くことを好む。強い正義感を持ちボロス軍にも忠実だが、ギルドの策謀と政治活動の渦巻くこの世界には少々うんざりしている。

[編集] 経歴

[編集] Ravnica

ギルドパクト/Guildpact締結1万周年を祝う万年紀祭が間近に迫る中、いつものように警察の仕事をしていたコスは、かつての上官であり相棒であったミクジル・ズニク/Myczil Zunichの幽霊と出会う。コスは彼に導かれるままについていくが、突如響いた少女の悲鳴に振り返っている間に幽霊は姿を消してしまった。少女を殺害したラクドス教団/The Cult of Rakdos所属のゴブリンの後を追い、最終的にミクジルの娘・フォン・ズニク/Fonn Zunichらと共にゴブリンの自爆テロに遭い、意識を失う。

治療院で目を覚ましたコスは同僚の天使フェザー/Featherと共に事件の捜索に乗り出す。情報屋のインプの友人・ピヴリック/Pivlicを訪れ、情報の対価として闘技場で戦うこととなり、ジャラド・フォド・サーヴォ/Jarad vod Savoと共闘し勝利を得る。だがその時セレズニア議事会/The Selesnya Conclaveの沈黙者/Quietmenたちがその場を襲撃し、コスらはピヴリックのゼッペリド/Zeppelidに乗り込んで脱出する。一行はサンホーム/Sunhomeで起こるはずのないギルド間の戦争を目の当たりにし、続けてヴィトゥ=ガジー/Vitu-Ghaziへと向かう。

ヴィトゥ=ガジーで一行はすべての黒幕・ザデック/Szadekと出会う。ザデックの手によりギルドパクトの根源・マトセレズニア/Mat'Selesnyaが絶体絶命の危機を迎えたところで、ジャラドが虫を操ってザデックを攻撃し、フォンが聖バユル/Saint Bayulの宝石を使ってすべてを吹き飛ばす。全員が呆然とする中、ただ一人立ち上がったコスはザデックへと相対し、その腕に手錠をかけた。

こうしてコスは、ラヴニカ史上最大の犯罪者を逮捕した。戦いは終わり、ギルドパクトの破壊という大計画は未然に阻止された…はずであった。

[編集] Guildpact

あの騒動から12年後、再開発地域ウトヴァラ/Utvaraでピヴリックの宿の用心棒をしていたコスは、テイサ・カルロフ/Teysa Karlovの依頼を受け、グルール一族/The Gruul Clansの盗賊団に攫われたクリックス/Crixの救出に乗り出す。グルールに送り届けられようとしていたクリックスと合流したコスは、そのままクリックスの本来の行き先である大釜/Cauldronへと向かう。

大釜ではイゼット団/The Izzetの魔道士卿/Magelord・ゾマジ・ホーク/Zomaj Haucドラゴンの卵を孵化させ、世界を支配しようとしていた。コスらは彼を止めようとするが、生まれたドラゴンに乗ってホークは飛び去ってしまい、コスはホークの飛行調査球に乗り込んで後を追う。ドラゴンとの空中戦の末、彼は損壊した調査球の金属片に胸を貫かれ、重傷を負ってしまう。

コスが最後に見たのは、裂口/The Schismから現れたフェザーの姿だった。フェザーは彼の名を呼んだが、その声が耳へと届く前に、コスは息を引き取った。

[編集] Dissension

幽霊となったコスは、アウグスティン四世/Augustin IVの手でアゾリウス評議会/The Azorius Senateの法官に憑依させられていた。アウグスティンはコスへと告げる。ザデックがコスに自身を逮捕させたのは彼の計画のうちであったと。そしてザデックはこれを達成するためにコスに対して無防備になる必要があり、コスこそが、今もザデックに害をなすことのできる唯一の存在なのだと。ザデックを殺すべしという任務をコスは了承し、ピヴリックのロック鳥に乗ってノヴィジェン/Novijenへと向かう。

ノヴィジェンでは彼はまず、実験台のウィルス体に憑依してモミール・ヴィグ/Momir Vigへと近づく。しかしうっかり喋ってしまったことから正体がばれ、手術台に縛り付けられて解体されてしまう。捨てられる直前、彼はウィルス体の身体を離れ、サヴラ/Savraの死体に憑依し、その杖を突き刺してモミールを倒すことに成功する。

プラーフ/Prahvに戻った彼はアウグスティンを問い詰め、ザデックはすでにアゾリウスの手で殺されていることを知る。コスらはプラーフに墜落したボロスの空中要塞・パルヘリオン/Parhelionの内部に入り、ザデックの幽霊を見つけ出す。パルヘリオンのエンジンを爆発させる工作をした上で、かつての同僚の身体に憑依し、彼女から借りた幽霊捕獲装置・ゴロ/Grounderによってザデックを捕らえ、一行はパルヘリオンを脱出した。

2年後、コスは幽霊街アギレム/Agyremにおけるボロス軍司令官の地位を与えられた。ザデックの幽霊は今もまだアギレムに潜んでいる。まだやるべき仕事があることを、コスはどこか嬉しく感じていた。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] フレイバー・テキストに登場

ラヴニカ:ギルドの都
腹わた抜き/Disembowel地底街の影/Undercity Shade戦松明のゴブリン/War-Torch Goblinボロスの印鑑/Boros Signet
ギルドパクト
剣士の魔法印/Fencer's Magemark

[編集] イラストに登場

ディセンション
隠匿+探求/Hide+Seek

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 参考

QR Code.gif