ヴラスカ/Vraska

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ヴラスカ/Vraskaラヴニカへの回帰ブロックおよびイクサラン・ブロックのキャラクター。カードとしてはラヴニカへの回帰見えざる者、ヴラスカ/Vraska the Unseenが初出。

目次

[編集] 解説

ラヴニカ/Ravnica出身のゴルゴンプレインズウォーカー/Planeswalker。彼女は「あらゆる者がそれに値する死を受け入れねばならない(all should receive the death they deserve.)」という危険な思想を持っているが、裏を返せば「死に値しない者は殺さない」という行動規範でもある。信奉者である暗殺者たちを使って殺害を繰り返すことから、アゾリウス評議会/The Azorius Senateからは「見えざる者/The Unseen」と呼ばれている。彼女は多くの時間をラヴニカ以外の次元/Planeで過ごし、経験を積んでは死の魔法を磨いたり収集品を集めたりしている。

[編集] 経歴

ゴルガリ団/The Golgariの一員であるヴラスカの人生はアゾリウス評議会/The Azorius Senateによる地下都市の掃討作戦によって一転した。彼女を始め多くの団員が逮捕されたが、その数は拘置所の許容数を上回りやがて暴動となって一階部分を占拠した。地下に押し込められた囚人たちの一部はヴラスカを武器とするために彼女の猿轡と目隠しを解き放つも、看守は彼女を打据えて鎮圧しようとした。ヴラスカが死に瀕したその時、彼女のプレインズウォーカーの灯/Planeswalker's Sparkが点り、彼女はラヴニカから消え去った。

ヴラスカは出口のない闇の世界に放り出され、次元を渡る方法を修得するまでそこに留められたが、それは彼女にとっては永遠とも感じられるような時だった。やがてラヴニカに戻った彼女は信奉者を集め、掃討作戦に関係した全ての人間たちをそれぞれ相応しい方法で抹殺した。それにより彼女はアゾリウス評議会にとって重大なお尋ね者の一人となった。

ラヴニカに滞在している間はゴルガリ団のために闇の仕事を請け負っており、その引き換えに誰にも価値が理解できないような風変わりな報酬を要求する。ギルドは彼女を有用な秘密兵器とみなしているが、彼女自身はギルド内部の政治的な駆け引きや内部事情からは距離を置いている。彼女がプレインズウォーカーであるという事実はゴルガリ団にも知られておらず、仲間のゴルゴンたちですら彼女がしばしばどこへ姿を消すのかを察することが出来なかった。

[編集] ジェイスvsヴラスカ、ゴルゴンとギルドパクト/The Gorgon and the Guildpact

己の哲学に基づいて暗殺を続けるヴラスカを、ラヴニカの平和を脅かす可能性のある存在として危険視する者がいた。10のギルドの協調を象徴するギルドパクト/Guildpactそのものとなったプレインズウォーカーのジェイス・ベレレン/Jace Belerenである。

ヴラスカは何らかの情報源によって、ジェイスがプレインズウォーカーであることやいくつかの過去―彼の親友のカリスト/Kallistや共同研究者のカヴィン/Kavinの非業の死やガラク/Garrukとの関わりのことをも知っていた。他所者であるジェイスがギルドパクトの体現者となってラヴニカを管理することは、ヴラスカにとって二重に不自然なことであり我慢ならなかった。彼女は石化させた犠牲者たちの名前と姿によってジェイスへとメッセージを送り、それを読み解いたジェイスは単身で現場に乗り込んで話し合いを持とうとする。

ヴラスカの目的は、ジェイスをギルドパクトとしての力を彼女の為に揮う傀儡とすることだった。その思惑をジェイスに拒絶されたヴラスカは、彼を始末しようと首を掴んで締め上げる。ジェイスは自身の幻影を大量に呼び出してはヴラスカを取り囲んで襲わせた。ヴラスカはそれらを次々と石化させることによって、自らを石像の檻に閉じ込めてしまうような格好となった。彼女がジェイスの首を更に締めると、石像たちはジェイスが彼女に協力するということと、その為には彼女の計画を知る必要があると告げる。彼女は意気揚々と全てのギルドの力を奪ってそのリーダーたちを殺すことを宣言する。しかし、それはジェイスの罠だった。彼女の発言はサンホーム/Sunhomeに集まるオレリア/Aureliaたちに遠隔自白として伝達されていた。ヴラスカは怒り狂ってジェイスの喉を握りつぶしたが、それは彼女の信奉者である暗殺者の死体が幻影によって姿を変えていたものだった。石像の群れに襲い掛かられたヴラスカは半狂乱になってそれらを破壊し、そして何処かへと次元渡りした。

しかし、彼女の野心はいまだ燻っている[2]

[編集] ゲートウォッチ奮闘の裏側で

ジェイスがラヴニカを抜け出し、ゲートウォッチ/The Gatewatchの仲間とともにエルドラージ/Eldraziのタイタン三体を討伐していた数か月の間隙を縫って、アゾリウス評議会の議員たちをさらに数名石化させるという惨事を引き起こしている。溜めに溜め込んだ事務書類を「ギルドパクト」として片づけ続けなければならないジェイスに代わり、ギデオン・ジュラ/Gideon Juraが彼女を追撃する任を請けたが、失敗に終わっている。

[編集] イクサラン・ブロック

ある日、ヴラスカはニコル・ボーラス/Nicol Bolasから仕事の依頼を受ける。成功報酬はギルドマスターの地位。危険な罠にも思えたが、他のギルドによって長年踏みにじられてきたゴルガリの仲間や、彼らを鑑みることのない現ギルドマスターのジャラド・フォド・サーヴォ/Jarad vod Savoのことを考えた末、この仕事を引き受ける。かくしてヴラスカは、黄金の都オラーズカ/Orazcaを探し出し、不滅の太陽/The Immortal Sunと呼ばれるアーティファクトをボーラスへ届けるべく、イクサラン/Ixalan次元へとプレインズウォークした。

しばしの後。ボーラスによって直接脳に刻み込まれた航海や船舶に関する知識と技術を駆使し、ヴラスカは海賊船「喧嘩腰」号/The Belligerentの船長の地位を手に入れていた。海賊船の乗組員達と過ごす時間は信頼と自由に満ちており、暗殺の道具としてのみ以外ゴルゴンの生きる道が無かったラヴニカとは大違いだった。オラーズカを探し航海を続けるそんなある日、海上に見覚えのある漂流者を発見する。因縁の生きるギルドパクト、ジェイス・ベレレンその人であった。

ジェイスを殺すべく詰め寄ったが、彼は彼自身のことも含め一切の記憶を失っており、ヴラスカの知る因縁の精神魔道士とはかけ離れて無力に見えた。胸中複雑であったが、「死に値しない者は殺さない」という自らの規範に則り、彼を助け上げて乗組員に加え入れる。共に航海を続ける間、二人は信頼と友情を育んだ。ヴラスカの知る「多元宇宙/Multiverseで二番目に危険な精神魔法使い」とは異なり、ここにいる青年は馬鹿正直で、自分を姉のように慕い、辛い身の上話まで親身になって聞いてくれる、この上ない友人だった。少なくない罪悪感を感じつつも、ヴラスカにとってこの関係はとても心地よく、安らぐものだった。

冒険の末、遂に一行は黄金の都オラーズカを発見するが、突然の激流に襲われ、ジェイスは滝の底へ呑まれてしまう。命は無事だったが、そのショックで失われていたジェイスの記憶が溢れ戻り、同時に彼の半生――どこかヴラスカと似た、苛烈な半生――を追体験する。そこには自分を殺そうとした、怪物じみた恐ろしい暗殺者の記憶も含まれていた。ヴラスカは友情の終わりを覚悟したが、お互いの心の中を誰よりも深く知った二人にとって、それは杞憂であった。

ヴラスカとジェイスはオラーズカへ至り、目的の不滅の太陽を手に入れた。しかし、ジェイスが思い出したボーラスの真の目的を聞かされた今、不滅の太陽をボーラスの手に渡すことは故郷ラヴニカの破滅を意味していた。同時に、ジェイスと関わったことも精神魔法で看破され、どちらも殺されてしまうだろう。かといってこのままでは、不滅の太陽によってプレインズウォークできず、イクサランに囚われ続けてしまう。そこでヴラスカは、ジェイスに自身の記憶を一時的に預かるように依頼する。次に出会ったときは以前のような敵同士になってしまうが、自身とラヴニカを守るため、いずれ絶好の機会が訪れた時に記憶を戻し、ボーラスを裏切るために。全てが終わった後に二人でブリキ通りの市場/Tin Street Marketの本屋に行き、コーヒーを飲み交わす約束を交わしながら、ジェイスへ記憶を預けた

気がつくとヴラスカは無人の部屋に立っており、眼前には不滅の太陽があった。雇い主から数ヶ月前に教えられた複雑な呪文を唱えると、不滅の太陽は他の次元へと運ばれていき、ヴラスカもまた、プレインズウォークでイクサランを後にした。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] カード名に登場

イクサラン
ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt
イクサランの相克 プレインズウォーカーデッキ
ヴラスカの征服者/Vraska's Conquistadorヴラスカの嘲笑/Vraska's Scorn
ラヴニカのギルド プレインズウォーカーデッキ
ヴラスカの従者/Attendant of Vraskaヴラスカの石睨/Vraska's Stoneglare

[編集] フレイバー・テキストに登場

ジェイスvsヴラスカ
力の消耗/Consume Strengthネクラタル/Nekrataal夜の囁き/Night's Whisper朽ちゆくヒル/Putrid Leech鼓動の追跡者/Pulse Tracker
ラヴニカへの回帰
爆発の衝撃/Explosive Impact
イクサラン
危険な航海/Perilous Voyage川の叱責/River's Rebuke高くつく略奪/Costly Plunder
ラヴニカのギルド
暗殺者の戦利品/Assassin's Trophy往時軍の強兵/Erstwhile Trooper地底街の反乱/Undercity Uprisingゴルガリのギルド門/Golgari Guildgateコレクター番号248)、草むした墓/Overgrown Tomb(「女王」として)
ラヴニカのギルド プレインズウォーカーデッキ
クロールの略奪者/Kraul Raider、ヴラスカの従者/Attendant of Vraska

[編集] イラストに登場

ジェイスvsヴラスカ
夜の囁き/Night's Whisper
ギルド門侵犯
殺意の凝視/Killing Glare
イクサラン
危険な航海/Perilous Voyage、高くつく略奪/Costly Plunder、ヴラスカの侮辱/Vraska's Contempt
イクサランの相克 プレインズウォーカーデッキ
ヴラスカの嘲笑/Vraska's Scorn
イクサランの相克
誘導記憶喪失/Induced Amnesia黄金の死/Golden Demise首謀者の収得/Mastermind's Acquisition
ラヴニカのギルド
地底街の反乱/Undercity Uprising、最終/Finality
ラヴニカのギルド プレインズウォーカーデッキ
ヴラスカの石睨/Vraska's Stoneglare

[編集] 登場デッキ

デュエルデッキ
プレインズウォーカーデッキ

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 脚注

  1. Twitter(Alison Luhrs)
  2. Checking in on the Planeswalkers/プレインズウォーカー達の現状

[編集] 参考

QR Code.gif