フブルスプ/Fblthp

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

フブルスプ/Fblthpは、ラヴニカへの回帰ブロックのキャラクター。カード化はされていない。

目次

[編集] 解説

ラヴニカ/Ravnicaに住むホムンクルス。小さな身体に大きな一つ眼を持つ(イラスト)。

アゾリウス評議会/The Azorius Senateに奉仕し、対価として食事や住まいなどを支給されている。職務内容は行政官の庭園/The Magisters' Gardenにて、歩道のごみを掃除すること、像に飾られた銘板を磨くこと、何か揉め事があれば警備担当者に知らせること。雇い主からはほとんど無視されていると言ってよいが、彼はその扱われ方に慣れており、草花のアレルギーで時々大きな瞳が痒くなる以外は、安全で素晴らしい日々を送っていた。

性格は非常に憶病。人間たちの言語を理解することはできるが、発話することはできず、唇から漏れ出す音は「むずかる(whimper)」と表現される。

[編集] 経歴

[編集] フブルスプ/Fblthp

フブルスプの平和な人生はある日、庭園を訪れた拘引者/Arresterのパリーシャ/Parishaによって一転する。誘拐事件の犯人と思わしきラクドス教団/The Cult of Rakdosヴァダクス・ゴー/Vadax Gorを現行犯逮捕するため、囮捜査に協力してほしいと言うのだ。

パリーシャはゴーには指一本触れさせはしないと請け合ったが、実際には拘引者たちが他の悪人との戦闘に巻き込まれているうちに、フブルスプはゴーに攫われてしまった。追いついたパリーシャたちによってゴーは逮捕され、事件は無事に解決した――だがパリーシャがまだまだフブルスプを協力させようとしているのを聞き、彼はむずかった。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] フレイバー・テキストに登場

ギルド門侵犯
道迷い/Totally Lost
ラヴニカの献身
大ムンクルス/Humongulus

[編集] イラストに登場

ギルド門侵犯
道迷い/Totally Lost
コンスピラシー
疑いなき権威/Unquestioned Authority
基本セット2015
否定の法典/Statute of Denial
ラヴニカのギルド
大集団の行進/March of the Multitudes
ラヴニカの献身
囚われの聴衆/Captive Audience

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] その他

  • 開発部は特に重要視していなかったにも関わらず、ユーザー間で爆発的な人気を得た異例のキャラクターである。後にぬいぐるみなど様々なグッズも発売されるに至った[1][2][3]
  • 日本語訳では分かりにくいが、英名は子音だけで構成されており、非常に発音しづらい。Mark Rosewaterは「Fibblethip」と、母音を補って発音しているとのこと[4]
  • マジック公式サイトでは、存在しないURLにアクセスしたときに表示される404エラーページの背景に道迷いのイラストが採用されている。日本語版公式サイトでも、同じくフブルスプが使われている。

[編集] 脚注

  1. Absence/存在しないということ(Making Magic 2013年5月13日 Mark Rosewater著)
  2. Tell Me What You Want/おしえてあなたの望むこと(Making Magic 2016年3月7日 Mark Rosewater著)
  3. Twenty Years, Twenty Lessons—Part 2/20の年、20の教訓 その2(Making Magic 2016年6月6日 Mark Rosewater著)
  4. How do you pronounce Fblthp, as in Fblthp from...Blogatog 2017年3月2日)

[編集] 参考

QR Code.gif