陰鬱

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

陰鬱(いんうつ)/Morbidは、イニストラードで登場した能力語


Brimstone Volley / 硫黄の流弾 (2)(赤)
インスタント

クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。硫黄の流弾はそれに3点のダメージを与える。
陰鬱 ― このターン、クリーチャーが死亡していた場合、代わりに硫黄の流弾はそれに5点のダメージを与える。



Skirsdag High Priest / スカースダグの高僧 (1)(黒)
クリーチャー — 人間(Human) クレリック(Cleric)

陰鬱 ― (T),あなたがコントロールするアンタップ状態のクリーチャーを2体タップする:飛行を持つ黒の5/5のデーモン(Demon)・クリーチャー・トークンを1体生成する。この能力は、このターン、クリーチャーが死亡していた場合にのみ起動できる。

1/2


Festerhide Boar / ただれ皮の猪 (3)(緑)
クリーチャー — 猪(Boar)

トランプル
陰鬱 ― このターン、クリーチャーが死亡していた場合、ただれ皮の猪は+1/+1カウンターが2個置かれた状態で戦場に出る。

3/3

[編集] 解説

このターンクリーチャー死亡している場合にボーナスが得られる能力を表す。

[編集] ルール

  • そのターンのそれよりも早い時点でクリーチャーが死亡しているかどうかをチェックする。そのクリーチャー・カード墓地に残っている必要はない。
    • クリーチャー・トークンが死亡した場合でも、トークンは一度墓地に置かれてから消滅するため、条件は満たされる。
  • インスタントソーサリー呪文能力である陰鬱は、その解決時までにクリーチャーが死亡している場合にボーナスを得られる。
  • 起動型能力である陰鬱は、起動時に条件を満たさなくては起動できない。
  • 誘発型能力である陰鬱は、「if節」を持つ。誘発する時点で条件を満たしていなくてはならない。
    • if節は誘発時と解決時の双方で条件をチェックするが、誘発時に条件を満たしていれば必ず解決時にも条件は満たされている。
  • パーマネント戦場に出ることを置換する常在型能力である陰鬱は、そのパーマネントが戦場に出るよりも前に条件を満たしていなくてはならない。

[編集] その他

[編集] 参考

QR Code.gif