森の知恵/Sylvan Library

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Sylvan Library / 森の知恵 (1)(緑)
エンチャント

あなたのドロー・ステップの開始時に、あなたは追加のカードを2枚引いてもよい。そうした場合、あなたの手札にあるこのターン引いたカードを2枚選ぶ。それらのカードそれぞれについて、4点のライフを支払うか、そのカードをあなたのライブラリーの一番上に置く。


カード・アドバンテージを稼げるエンチャント。毎ターンドローが「3枚引いて2枚戻す」になるが、4点ライフ支払うごとに戻す枚数を減らせる。

4点というライフの支払いはかなりきつく、そう易々と手札は増やせないが、増やさなくても毎ターンのドローが渦まく知識/Brainstormになるようなものなので、それだけでもそれなりに優秀である。また、こちらのライフを積極的に攻めてこないコントロールデッキが相手ならば、比較的楽な気持ちで引き増せるだろう。黎明期のThe Deckなどのコントロールデッキやカウンターオースなどで1枚挿しされていた。

一時期のレガシーではZooミラーマッチが頻発したため、消耗戦を制するために投入されることがあった。また、食物連鎖などの緑を含むコンボデッキで採用されることもある。

[編集] ルール

  • これはドロー・ステップの開始時に誘発する誘発型能力である。ドロー・ステップのターン起因処理のドローを行った後、この能力は一旦スタックに置かれるので、能力に対応して何かすることができる。例えば、通常のドローで引いたインスタントでライフを回復して、その後に森の知恵で引いたカードに対してライフを支払うようなこともできる。
  • 追加のドローを行うかどうかは解決時に選ぶ。追加のドローをしたならば、「そうした場合、~」以下の処理を行う。
  • ライブラリーに戻せるカードの範囲が少々特殊なので注意が必要。この能力解決される前に引いたカードも「このターン引いたカード」なので、戻すことができる。実際に戻すなら、この能力が解決されるまでは直前のターンまでの手札とこのターン引いたカードを物理的に分離しなければならない。
    • 総合ルールではフォローされていないが、手札に混ぜてしまったカードは、全ての対戦相手にこのターン引いたと明確に分からないため、戻すことはできない。各種教示者でサーチしたカードを公開し、「適正なカードをサーチした」ことを証明するのと同じである。
    • ジャッジなどの第三者に「このターン引いたカード」を覚えておいてもらえばよさそうに思えるが、ジャッジは対応しないだろう。ジャッジの役割はカードを覚えることではなく、起こった誤りを処理することであるからである。何か問題が起こったとき、例えば「このターン引いたカード」を手札と混ぜてからカードを戻そうとしたときになって、初めてジャッジの出番になるのである。
    • 混ぜてしまった場合の処理は、ルール適用度やイベントの性質、実際の状況によって異なる。何かと厄介なカードであるので、とにかく少しでも問題が起これば、ジャッジの判断を仰ぐのが望ましいだろう。
  • 複数の森の知恵をコントロールしている場合、それぞれの能力を順に解決する。インスタント・タイミングで切り直す手段がない場合、一つ目の森の知恵でライフを支払ってカードを戻さないことを選択しないと二つ目の森の知恵では戻したカードを引き直すことになるため、カード・アドバンテージの面では意味が無い。

[編集] 参考

QR Code.gif