色指標

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

色指標/Color Indicatorは、オブジェクト特性の1つ。一部のカードタイプ行の左に描かれている、一つ以上ので塗られた丸印である(カード画像)。


Crimson Kobolds (0)
〔赤〕 クリーチャー — コボルド(Kobold)

Crimson Koboldsは赤である。

0/1


Cloistered Youth / 修道院の若者 (1)(白)
クリーチャー — 人間(Human)

あなたのアップキープの開始時に、あなたは修道院の若者を変身させてもよい。

1/1
Unholy Fiend / 不浄の悪鬼
〔黒〕 クリーチャー — ホラー(Horror)

あなたの終了ステップの開始時に、あなたは1点のライフを失う。

3/3

[編集] 解説

イニストラードで登場した両面カード第2面で初登場した特性で、主にマナ・コストの無いカードの色を定義するためのものである。例えば、の色指標を持つカードは赤である。

過去に特性定義能力で色が与えられていたカードも、色指標で色を表すようにオラクルが変更された。これにより、機能に若干の変化が生じたカードも存在する。

  • 色指標は能力には含まれない。例えば、Kobolds of Kher Keepギルド渡りの急使/Transguild Courierは、この変更によりバニラとなった。
  • 特性定義能力であった当時は、その能力が失われる可能性があった。
  • 色指標は特性定義能力と異なり、幻覚/Mind Bendのような文章変更効果の適用を受けない。
  • 2色を表す色指標は、円の内部を斜めに分割した上でそれぞれの色に塗られている(カード画像)。
    • 3色以上の色指標がカードとして印刷されたことはなく、どのような形になるのか未定である。
    • 3色以上の色指標を持つカードは、前述のギルド渡りの急使のみ。
  • 無色を表す色指標はルール上定義されていないため、マナ・コストに色マナを含むが無色であるカードは特性定義能力で無色であることが定義されている。
    • 無色を表す色指標が存在しない理由は、色の付いた丸によって無色を表すのが事実上不可能であると判断されたため。いくつか試作品を作ったが、灰色や茶色にするとそのカードの色が灰や茶だと思われ、透明にすると背景の絵の色だと思われてしまった。(参考/翻訳

[編集] 参考

引用:総合ルール 20161111.0

単色 - - - -
多色
()
2色 友好色白青 - 青黒 - 黒赤 - 赤緑 - 緑白
対抗色白黒 - 青赤 - 黒緑 - 赤白 - 緑青
3色 弧(こ)白青黒 - 青黒赤 - 黒赤緑 - 赤緑白 - 緑白青
楔(くさび)白黒赤 - 青赤緑 - 黒緑白 - 赤白青 - 緑青黒
4色 白青黒赤 - 青黒赤緑 - 黒赤緑白 - 赤緑白青 - 緑白青黒
5色 白青黒赤緑
銀枠専用 ピンク - 目の色
色の関係 色の組み合わせ - 友好色 - 対抗色 - カラーパイ - 色の役割
関連項目 無色 - 有色 - 単色カード - 多色カード - 色指標 - 固有色 - デッキカラー
QR Code.gif