白青黒

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

白青黒(White-Blue-Black)は、マジックにおける色の組み合わせのうち、の組み合わせのことである。略式表記WUB


Dromar, the Banisher / 追放するものドロマー (3)(白)(青)(黒)
伝説のクリーチャー — ドラゴン(Dragon)

飛行
追放するものドロマーがプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、あなたは(2)(青)を支払ってもよい。そうした場合、色を1色選ぶ。その後、選ばれた色のすべてのクリーチャーをオーナーの手札に戻す。

6/6


Ertai, the Corrupted / 堕落した者アーテイ (2)(白)(青)(黒)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

(青),(T),クリーチャーを1体か、エンチャントを1つ生け贄に捧げる:呪文1つを対象とし、それを打ち消す。

3/4

[編集] 概要

白青黒のデッキコントロールが強い色の組み合わせであり、黒の手札破壊で脅威は事前にシャットアウト、青の打ち消し今引きに対処、戦場に出た脅威は各色の除去バウンスで対応できる。白を含むのでライフを回復でき、黒で墓地対策もできる。環境によるいずれのデッキに対しても簡単に対策が選択でき、隙のない構成でデッキが組める。構築の際には腐るカードが多くならないようにメタには要注意である。

緑を含まない上に色拘束の強いカードが多い色の組み合わせだが、低速コントロール故にタップインランドやマナ・アーティファクトなども導入しやすく、3色の中ではむしろ構築の敷居は低い。とはいえ、当然2色よりはマナ基盤がタイトになりやすく、各色の役割も決まっているので土地などマナ基盤を攻められるとピンチとなる。

エターナルでは、フィニッシャーをタップし続け無力化できる嵐景学院の弟子/Stormscape Apprenticeパーマネント以外にも対応可能なアゾリウスのギルド魔道士/Azorius Guildmage、呪文を妨害しながらクロックを刻める翻弄する魔道士などを用いたクロック・パーミッションが有力だが、ビートダウンに近い構成になるものも多く、不要なカードは意志の力/Force of Will代替コストにできることもこのタイプの利点である。

闇の腹心/Dark Confidant相殺/Counterbalanceを主軸にしてマナを一切使わずにカード・アドバンテージを維持するタイプも人気。土地破壊などマナ基盤への攻撃に耐性がつき、打ち消しきれない脅威に対しても中断/Abeyance系呪文やハルマゲドン/Armageddonを採用することで対戦相手の動きを阻害できる。

[編集] 代表的なデッキ

[編集] 参考

単色 - - - -
多色
()
2色 友好色白青 - 青黒 - 黒赤 - 赤緑 - 緑白
対抗色白黒 - 青赤 - 黒緑 - 赤白 - 緑青
3色 弧(こ)白青黒 - 青黒赤 - 黒赤緑 - 赤緑白 - 緑白青
楔(くさび)白黒赤 - 青赤緑 - 黒緑白 - 赤白青 - 緑青黒
4色 白青黒赤 - 青黒赤緑 - 黒赤緑白 - 赤緑白青 - 緑白青黒
5色 白青黒赤緑
銀枠専用 ピンク - - 目の色
色の関係 色の組み合わせ - 友好色 - 対抗色 - カラーパイ - 色の役割
関連項目 無色 - 有色 - 単色カード - 多色カード - 色指標 - 固有色 - デッキカラー
QR Code.gif