ケンタウルス

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ケンタウルス/Centaurは、クリーチャー・タイプの1つ。星座の射手座で馴染みが深い半人半馬の種族


Phantom Centaur / 幻影のケンタウロス (2)(緑)(緑)
クリーチャー — ケンタウルス(Centaur) スピリット(Spirit)

プロテクション(黒)
幻影のケンタウロスは、その上に+1/+1カウンターが3個置かれた状態で戦場に出る。
幻影のケンタウロスにダメージが与えられる場合、そのすべてのダメージを軽減する。幻影のケンタウロスの上から+1/+1カウンターを1個取り除く。

2/0


Burning-Tree Shaman / 炎樹族のシャーマン (1)(赤)(緑)
クリーチャー — ケンタウルス(Centaur) シャーマン(Shaman)

プレイヤーがマナ能力でない起動型能力を起動するたび、炎樹族のシャーマンはそのプレイヤーに1点のダメージを与える。

3/4


Courser of Kruphix / クルフィックスの狩猟者 (1)(緑)(緑)
クリーチャー エンチャント — ケンタウルス(Centaur)

あなたのライブラリーの一番上のカードを公開したままプレイする。
あなたのライブラリーの一番上のカードが土地カードであるなら、あなたはそれをプレイしてもよい。
土地が1つあなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたは1点のライフを得る。

2/4

初出は小説ささやきの森/Whispering Woodsプロモーショナル・カードとして登場したWindseeker Centaur。かつては少数種族だったが、オデッセイ・ブロックで緑の主要クリーチャー・タイプの1つとして登場し、数を増やした。以降も時折新種が登場している。

そのほとんどがか緑を含む多色である。3/3程度の中堅クリーチャーが多い。

ロードとして、フィーリーズ団の戦長/Pheres-Band Warchiefがある。

ケンタウルス・トークンは緑の3/3で統一され、これを生成するカードケンタウルスの地/Centaur Gladeの他、ラヴニカへの回帰ブロックではセレズニア居住ギミックと合わせて取り上げられ6枚も登場した。神々の軍勢では同サイズクリーチャー・エンチャント・トークンを生成するカードが登場した。(→トークン一覧

伝説のケンタウルスはニクスへの旅現在3体存在する(「伝説の(Legendary)・ケンタウルス(Centaur)」でWHISPER検索)。

[編集] 参考

QR Code.gif