過去との取り組み/Grapple with the Past

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Grapple with the Past / 過去との取り組み (1)(緑)
インスタント

あなたのライブラリーの一番上からカードを3枚あなたの墓地に置く。その後、あなたはあなたの墓地からクリーチャー・カード1枚か土地カード1枚をあなたの手札に戻してもよい。


自分ライブラリー削りつつ、墓地から土地クリーチャー回収できる呪文

墓地からカードを回収できればカード・アドバンテージを失わずに墓地を肥やせる。予めフェッチランド共鳴者を使って墓地に回収できるカードを置いておけば確実。そうでなくても土地は普通デッキの4割程度は入っているし、クリーチャーも多いデッキなら20枚以上は入っているので、ライブラリーを3枚削ればその中の1枚くらいは条件を満たしているだろう。墓地を活用するデッキで潤滑材としての働きが期待できる。

スタンダードでは早々と昂揚を達成させつつ必要なカードを手札に入れられるため、ミッドレンジ型の黒緑昂揚に採用される。

[編集] 参考

QR Code.gif