末裔の道/Descendants' Path

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Descendants' Path / 末裔の道 (2)(緑)
エンチャント

あなたのアップキープの開始時に、あなたのライブラリーの一番上のカードを公開する。それがあなたがコントロールしているいずれかのクリーチャーと共通のクリーチャー・タイプを持つクリーチャー呪文であるなら、あなたはそれをそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。あなたがそれを唱えないなら、それをあなたのライブラリーの一番下に置く。


によくある、条件付きでクリーチャーマナ・コストを無視できるカード。過去のカードでは、葉冠の古老/Leaf-Crowned Elder同族の呼び声/Call to the Kindredが近い。

出産の殻/Birthing Podのように直接戦場に出すのではなく、マナ・コストを支払うことなく呪文として唱える。これは唱えることで誘発する誘発型能力シナジーがある一方で、打ち消される可能性があるので一長一短。

構築では様々な緑入りの部族デッキに入る余地はあるが、この不安定性は好まれづらい。軽さの割に成功した際のカード・アドバンテージテンポ・アドバンテージは大きいため、デッキの相性が良ければ採用する余地もあるだろう。外した場合もカードはライブラリーの一番下へ送られるため、複数枚展開しても腐らないのも良い所。

重いクリーチャー・軽いクリーチャー(またはトークン)両方の層が厚いクリーチャー・タイプでこそ踏み倒しの効力を大きくしやすいと言えよう。特にエルドラージ落とし子末裔を擁しているため相性が良く、前述の唱えることによる誘発型能力が使えることもあって1体の落とし子からゲームを破壊することもある。

  • クリーチャー・タイプを持つクリーチャー・カードを公開した場合、多相を持つクリーチャーをコントロールしていれば唱えられる。また、多相を持つクリーチャー・カードを公開した場合も、クリーチャー・タイプを持つクリーチャーを1体でもコントロールしていれば唱えられる。
  • Nameless Raceのようなクリーチャー・タイプを持たないクリーチャーはこのカードでは絶対に唱えられない。Nameless Raceが既に戦場にいた状態でNameless Raceが公開されても、互いにクリーチャー・タイプが無い=共通するクリーチャー・タイプも無いため機能しない。

[編集] 参考

QR Code.gif