ドラフト点数表/未来予知

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

目次

[編集]

9点:救済の天使/Angel of Salvation - R
戦場に出たらもう勝利は目の前。召集がとてもありがたい。
5点:ヴェク追われの占い師/Augur il-Vec - C
シャドーだがクロックとしては若干力不足。序盤のジャブ用。ライフゲインがあるので後半引いても無駄にはならない。シャドーもちのコー追われの浸透者/Infiltrator il-Korダル追われの殺し屋/Cutthroat il-Dalの対抗策にはなる。
1点:不毛の栄光/Barren Glory - R
完全に構築向けのカード。リミテッドでは条件を満たすのはほぼ不可能。
2点:卜占の逃走/Chronomantic Escape - U
役に立つ機会はほぼ無い。素直に1枚でも多くクリーチャーを取ろう。
3点:瞬間の塵/Dust of Moments - U
これ1枚で戦況を打破できる可能性は薄い。
5点:均等化/Even the Odds - U
優勢時は腐るが、劣勢時なら極めて優秀。
5点:花崗岩の贈り物/Gift of Granite - C
トリックとして利用した後、永続的にタフネスが上がるため侮れない。効果は薄いが、1マナであるため使いやすい。
5点:仲裁の契約/Intervention Pact - R
時間稼ぎではあるが、相手の意表をつくことができる。
7点:卑しめる裁き/Judge Unworthy - C
手軽に使える除去。ダメージのムラは致し方ないが、占術の効果だけでも悪くは無い。
7.5点:サーシの騎士/Knight of Sursi - C
4マナで2/2飛行はそれだけで充分だが、側面攻撃によって空の戦闘への影響力を持つのが大きい。出来れば最序盤に待機したいところ。
7点:迷えるオーラ術師/Lost Auramancers - U
何らかのエンチャントはあるはずなので、できれば寿命を全うしたい。単純なクリーチャーサイズも十分。
6.5点:濠の大魔術師/Magus of the Moat - R
重い、タフネス3で焼かれる、自分のコントロールするクリーチャーが殴れないなど弊害は多いが、青白などで飛行クリーチャーを多く取れれば+1~2点の価値は十分にある。
5.5点:隊列の叫び/Marshaling Cry - C
ソーサリーなのが痛いが、最後の一押しとなることも。サイクリングがあるため、無駄にはならない。
5点:塩切り/Saltskitter - C
マナレシオはかなり良く、アタッカーとしての性能は高い。しかしブロッカーとしてはほとんど期待できないので注意が必要。
4点:サマイトの香炉持ち/Samite Censer-Bearer - C
1マナで何かしら能力があるクリーチャーならデッキに入らなくは無い。
4点:斥候の警告/Scout's Warning - R
相手の計算を若干狂わせられるカード。キャントリップ付。
7点:ダルのスピリット/Spirit en-Dal - U
3マナ2/1シャドーと序盤のクロックとしては申し分ない。後半に引いた場合、自分のファッティフィニッシャーに。

[編集] 白(タイムシフト)

7点:エイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensor - U
瞬速持ちの飛行。
6点:第六隊の刃/Blade of the Sixth Pride - C
序盤の優秀な戦力。ただし、普通の1/1と相打ちも多いので覚悟。
8点:静寂の捕縛/Bound in Silence - U
1マナ重くなっても、平和な心/Pacifismが弱いはずがない。レベルであるのもポイント。
3点:夜明けの宝冠/Daybreak Coronet - R
軽めのオーラを取っていないと使いにくい上、ダブルシンボルなのも痛い。ただ、つけることさえできれば戦闘で負けることはない。
8.5点:ゴールドメドウの監視人/Goldmeadow Lookout - U
タッパー製造機。除去されなければ、ほぼ勝ち決定。
3点:皇帝の仮面/Imperial Mask - R
サイドボード用としてピックしてもよいが、優先順位は低い。
7.5点:輝く透光/Lucent Liminid - C
5マナ3/3飛行は主力だが、除去のされやすさとダブルシンボルには注意。
7点:光糸の場/Lumithread Field - C
全体強化という点だけでも評価できる上に、クリーチャー展開が悪い時には変異でサポートに回れる柔軟性が強み。
4点:血清スリヴァー/Lymph Sliver - C
スリヴァーが他に複数取れたなら+1点。
6.5点:ミストメドウの身隠し/Mistmeadow Skulk - U
優秀なブロッカー。カヴーの上等王/Kavu Primarchなどの大型クリーチャーを止められるのは嬉しい。
7点:サマイトの守護者オリス/Oriss, Samite Guardian - R
戦場にあるだけで、相手の動きを抑制できる。また、相手の火力からクリーチャーを守ることもできる。
4点:貴族階級の嘲笑/Patrician's Scorn - C
全体エンチャント除去。間違って輝く透光/Lucent Liminidを除去しないように。
4点:レイモス教の復興論者/Ramosian Revivalist - U
レベルを多く取れれば、+3点。
7.5点:セトの虎/Seht's Tiger - R
ダブルシンボルながら対戦相手の思惑を狂わせることができる。自身が3/3というのもよい。

[編集]

7.5点:エイヴンの占い師/Aven Augur - C
飛行2/2かつ実用的な能力。
7点:雲撒き/Cloudseeder - U
回避能力持ちクリーチャーを製造できるのは心強い。
6点:謎めいたアネリッド/Cryptic Annelid - U
若干重いが抜群のライブラリー操作能力。戦場に出た後もタフネス4が良い味を出す。
4点:遅延/Delay - U
使いやすいが、時間稼ぎにしかならないことも多い。
7点:予感/Foresee - C
ソーサリーだが、ドロー手段としては優秀。
7点:コー追われの浸透者/Infiltrator il-Kor - C
除去されやすいが、2ターン目に待機できれば強力。
7.5点:重い拳/Leaden Fists - C
警戒もちのクリーチャーに対しては強化として使えるが、大抵は除去として用いる。瞬速があり便利。
8点:大渦のジン/Maelstrom Djinn - R
ブロック時に表にすれば、大抵の攻撃クリーチャーは撃破できる。その後1回は殴れるため、十分強力。自分のターンに表にすれば、2回殴れる。
4点:未来の大魔術師/Magus of the Future - R
やや構築向け気味だが、軽いデッキになら入れてもいいかもしれない。
6点:秘教の思索/Mystic Speculation - U
以後1~3ターンのドローの質が向上し、扱いやすい。バイバックする必要は無いことが多い。
5点:否定の契約/Pact of Negation - R
普通はただ重い打ち消しとなるが、相手の意表はつける。
7点:現実のストロボ/Reality Strobe - U
見た目よりも遥かに大きいテンポ・アドバンテージを叩き出す。一枚でも充分な威力。
7点:占有/Take Possession - R
強力だが、7マナは重い。
5.5点:またたかぬ水疱/Unblinking Bleb - C
ライブラリー操作はできるが、サイズが小さい。
7点:造物の学者、ヴェンセール/Venser, Shaper Savant - R
相手のテンポを崩すことができる。
6点:ヴェンセールの拡散/Venser's Diffusion - C
ブーメラン/Boomerang待機を戻せる上に色拘束も弱く使いやすい。

[編集] 青(タイムシフト)

4点:奥義の翼/Arcanum Wings - U
青にはもともと飛行持ちは多い。オーラ交換もほとんど使えるときはない。
4.5点:盲目の幻/Blind Phantasm - C
序盤のブロッカー。クリーチャーが少なければピックしてもいいだろう。
5点:結ばれた奪い取り/Bonded Fetch - U
手札のいらないカードを有効利用できる。青黒デッキでマッドネスと共に使えるとよい。
8点:西風の魔道士リネッサ/Linessa, Zephyr Mage - R
好きなクリーチャーを手札に戻せる。味方の187クリーチャーに使うことも。
5.5点:論理の結び目/Logic Knot - C
青が濃いなら1枚は欲しい。
4点:催眠スリヴァー/Mesmeric Sliver - C
とにかく重いのでスリヴァーデッキでもなければ取りたくはない。
4点:ナルコメーバ/Narcomoeba - U
能力は利用が難しく、利用出来てもあまり意味を持たない。殆ど、ただの2マナ1/1フライヤーと同様。
6点:拒否/Nix - R
待機打ち消し呪文であり、相当強力。軽い点もプラスポイント。ただし待機の入っていないデッキに対しては紙となるので、注意が必要。
6点:サルコマイトのマイア/Sarcomite Myr - C
アドバンテージを失いにくく、クロックも形成できる。ただしやたらとマナを食う点には注意。
8点:新たな精力/Second Wind - C
自身のシステムクリーチャーか、相手のファッティに。
4点:多相の戦士の真髄/Shapeshifter's Marrow - R
相手クリーチャーの総数を減らせる。あるいは相手の手札を少なくとも1枚以上は把握できる。
5点:呪文織りの渦巻/Spellweaver Volute - R
強力なインスタントが多めにとれたときに。
8点:神話送り/Spin into Myth - U
ノーリスクで確実な除去。相手のライブラリートップをいじれるおまけ付き。
4点:ヴィダルケンの霊気魔道士/Vedalken AEthermage - C
スリヴァーを展開する、あるいは展開されるなら+1.5点。
8点:鞭背ドレイク/Whip-Spine Drake - C
青でも白でも使えるフライヤー

[編集]

6.5点:髑髏の占い師/Augur of Skulls - C
地上の守りにとてもよく働く。必要無くなった時にアドバンテージに変換できるのが融通が利いて優秀。
6.5点:ダル追われの殺し屋/Cutthroat il-Dal - C
暴勇すれば強いが、除去されやすい。
6.5点:ただれた行進/Festering March - U
やや遅いが、タフネス1は多いため、うまく使えば強力。
4点:不明の下降/Gibbering Descent - R
暴勇デッキに。
4点:危険な墓/Grave Peril - C
不安定な除去。できれば他の除去を使いたい。
8点:滑る胆液/Ichor Slick - C
優秀なクリーチャー除去。サイクリングマッドネスによる擬似キャントリップでアドバンテージも取れる。
4点:失われた時間/Lost Hours - C
時間稼ぎになるかどうか。
6点:深淵の大魔術師/Magus of the Abyss - R
4マナ4/3とサイズは良好。トークン生産手段を用意しておきたい。
5点:下僕の呟き/Minions' Murmurs - U
Xの値をうまく調節できるかが問題。
8点:ニヒリス/Nihilith - R
素出しでも十分なフィニッシャー。
4点:忘却の冠/Oblivion Crown - C
手札が溜まる状況はあまりないので、パンプアップ能力の方は期待すべきではない。最後の一押し専用カード。もちろんマッドネスデッキならかなり軽い共鳴者で、+3点。
3点:溜まる毒/Pooling Venom - U
序盤ではそれなりに嫌がらせとなりうるが、後半ではほとんど役に立たない。土地破壊としてはマナがかかり過ぎ。
4点:朽ちゆくサイクロプス/Putrid Cyclops - C
運頼みとなる場合が多いが、出てしまえば3/3。他に占術があればメイン投入も視野に。
8点:シミアの死霊/Shimian Specter - R
手札破壊のできるフライヤー。相手のライブラリーを覗ける効果は、爆弾カード等を確認できるので意外と大きい。
7点:スカーク峠の掘り起こし/Skirk Ridge Exhumer - U
ただれたゴブリン/Festering Goblin製造機。白のゴールドメドウの監視人/Goldmeadow Lookoutと比べると残念だが、不要なカードをクリーチャー化できるのは嬉しい。
8点:殺戮の契約/Slaughter Pact - R
高性能クリーチャー除去。アップキープのコストを忘れて敗北しないように。
6点:要塞の鼠/Stronghold Rats - U
手札破壊のできるクロッカー。大抵除去カードと1:1交換となるが、自身の手札と相談しながら殴ろう。当然マッドネスデッキなら+1。

[編集] 黒(タイムシフト)

3点:苦々しい試練/Bitter Ordeal - R
リミテッドではあまり意味がない。
3点:黄泉からの橋/Bridge from Below - R
出てくるのは1体程度。無理に墓地に落とすほどのものではない。
7点:死に際の喘ぎ/Death Rattle - C
基本除去。黒クリーチャーでも倒せるのは嬉しいが、緑クリーチャーを除去できないことが痛いときもある。探査があるため、後半ではかなり低コストで打てる。
7点:深洞のインプ/Deepcavern Imp - C
飛行+速攻が無駄になるはずも無い。エコーマッドネスで処理できれば儲けもの。
7点:肉捻り/Fleshwrither - U
変形を使わなくても、単純にサイズが良好。
4.5点:激情スリヴァー/Frenzy Sliver - C
平均未満なのでスリヴァーデッキ専用。
4点:墓を掻き回すもの/Grave Scrabbler - U
マッドネスでのプレイが大前提となるが、熊でありクリーチャー回収能力もなかなか。マッドネスが狙える時は+3点。
7.5点:黒き剣の継承者コーラシュ/Korlash, Heir to Blackblade - R
3/3再生以上なら全く申し分ない中堅。2枚以上あればなおよし。
6点:グールの大群/Mass of Ghouls - C
タフネス3は心もとないが、基本戦力。
3点:蛇教団の聖儀式/Snake Cult Initiation - U
果たして毒カウンターを置く余裕があるかどうか。
5.5点:通りの悪霊/Street Wraith - U
2点ロスは案外痛いのでサイクリングに使うのは微妙。相手が黒だったらサイドから投入するとよい。
9点:墓忍び/Tombstalker - R
1~2発殴ればゲームセット。とても強力なフィニッシャー
6点:魔女の霧/Witch's Mist - U
場にあるだけで、相手にプレッシャーを与えることができる。ティムがあれば、非常に強力。
6点:イクスリッドの看守/Yixlid Jailer - U
序盤の基本な戦力。ただし、能力はおまけ程度でしか働かない。

[編集]

6点:弧状の刃/Arc Blade - U
繰り返し使えるのは魅力だが、やや重い。
5点:ボガーダンの槍騎兵/Bogardan Lancer - C
条件付きではあるが、ベナリアの騎兵が弱いはずがない。
5点:黒焦げ鳴らし/Char-Rumbler - U
赤4マナ程度確保したいところ。
6点:エンバーワイルドの占い師/Emberwilde Augur - C
赤の基本クリーチャー。最後の一押しとしても使える。
8点:致命的な魅力/Fatal Attraction - C
基本的な除去。タフネス4まで除去できるのは大きい。
7.5点:ギャサンの略奪者/Gathan Raiders - C
赤にも関わらず色を気にせず入る。ただし暴勇する事が前提。
6点:怒りのもや/Haze of Rage - U
バイバックコストが低く、クリーチャーを並べることができれば、切り札となりうる。土地が並んでいる場合、これ1枚で終わる。
4点:月の大魔術師/Magus of the Moon - R
ただの3マナ2/2。
9点:溶鉄の災難/Molten Disaster - R
刹那持ちの地震/Earthquake。安定した全体除去は強力。
7点:タイタンの契約/Pact of the Titan - R
5マナ4/4速攻に近い性能であり、また除去に近い動きも可能なので優秀。
2点:紅蓮術士の刈り痕/Pyromancer's Swath - R
構築専用のカード。
7点:稲妻の謎/Riddle of Lightning - C
ライブラリー操作+除去で強力だが、安定性には欠ける。
5点:裂け目の精霊/Rift Elemental - C
待機カードと一緒に使いたい。弧状の刃/Arc Bladeなどの各色の待機サイクルと組み合わせると非常に強力。
8点:カー峠の災い魔/Scourge of Kher Ridges - R
圧倒的な制圧力。重いのでマナ加速と併用するのが吉。
7点:シヴ山の砂魔道士/Shivan Sand-Mage - U
4マナ3/2で能力も便利。
6点:火花吐き/Sparkspitter - U
火花の精霊/Spark Elemental製造機。

[編集] 赤(タイムシフト)

4点:血まなこの練習生/Bloodshot Trainee - U
能力が使えれば強力だが、条件が厳しい。なんらかのサポートが必要。
6.5点:ボールドウィアの威嚇者/Boldwyr Intimidator - U
やや重いが、フィニッシャーにもなり得る。
3点:戦精神の象徴/Emblem of the Warmind - U
1マナ軽くなりオーラになった熱情/Fervor
7.5点:流動石の抱擁/Flowstone Embrace - C
大抵は除去になるが、回避持ちに付けて打撃強化にもなる。
7点:フォモーリの遊牧の民/Fomori Nomad - C
5マナ4/4は立派な主戦力。
8点:幽霊火/Ghostfire - C
汎用火力
5点:にやにや笑いのイグナス/Grinning Ignus - C
ストーム持ちカードが多ければ+1点。3マナ2/2も及第点。
5点:ウーコーの手下悪鬼/Henchfiend of Ukor - C
赤黒であれば+2点。
5点:誘導スリヴァー/Homing Sliver - C
何らかのスリヴァーを取っていることが多いので、デッキの余ったスペースに入れるには最適。スリヴァーデッキでは+1~2点。
5点:ナー島の領主/Shah of Naar Isle - R
対戦相手に3ドローは痛い。
5点:スキジックのうねり獣/Skizzik Surger - U
エコーが厳しい。この環境にはコモンにグールの大群/Mass of Ghoulsフォモーリの遊牧の民/Fomori Nomadスポロロスの古茸/Sporoloth Ancientがいるため、活躍しにくい。
7点:蒸気打ちの親分/Steamflogger Boss - R
リミテッドで4マナ3/3バニラは充分な性能。
5点:嵐の精体/Storm Entity - U
ほぼストーム持ち。なるべくなら3/3に成長したい。
8.5点:刃の翼タロックス/Tarox Bladewing - R
飛行速攻フィニッシャークラスの実力者だが、色拘束の強さに注意。
8.5点:雷刃の突撃/Thunderblade Charge - R
繰り返し使える除去。

[編集]

5点:循環進化/Cyclical Evolution - U
ソーサリーであるため、やや使いづらい。しかも重い。
2点:野蛮の怒り/Force of Savagery - R
ギミックが組めなければ使いようが無い。
5点:ハートウッドの語り部/Heartwood Storyteller - R
このクリーチャーの能力が生きるときは手札に除去や強化呪文がないときであり、それはそれで困る。
7.5点:カヴーの上等王/Kavu Primarch - C
クリーチャーを多く場に出せる緑には、キッカーも重くない。
5点:ラノワールの占い師/Llanowar Augur - C
相手の1~2マナ域をしっかり受け止めてくれる上、終盤のひと押しとなってくれる。
6.5点:ラノワールの共感者/Llanowar Empath - C
クリーチャーを展開しつつ、さらに補充できるため、使い勝手がよい。
6点:ラノワールの助言者/Llanowar Mentor - U
序盤のマナ加速としては使いづらい。
4点:ぶどう園の大魔術師/Magus of the Vineyard - R
緑2マナを有効に使えるかどうか。
5.5点:石化の囲い/Petrified Plating - C
基本的なクリーチャー強化エンチャント待機するときには自陣のクリーチャーを破壊されないように注意。
4点:物静かな破損/Quiet Disrepair - C
使いにくいエンチャント・アーティファクト除去。
6.5点:残虐無道の裂け目ワーム/Ravaging Riftwurm - U
大きいが、適当なトークンにブロックされ、ほとんど機能しないことも。
6.5点:裂け目掃き/Riftsweeper - U
でありながら優秀なCIP能力を併せ持つ。を使っているなら取りたい。遍歴のカゲロウ獣/Errant Ephemeronなどの待機を対策できるのは大きい。
3点:栄華の儀式/Rites of Flourishing - R
どちらかというと、構築向き。
8点:大量の芽吹き/Sprout Swarm - C
呼び出した苗木も召集のコストになるのでどんどん苗木が増えていく。1ターンに複数のトークンを生み出せ、膠着を確実に崩してくれる現エキスパンション最強のトークン製造機。
4点:召喚士の契約/Summoner's Pact - R
デッキに緑絡みのフィニッシャーが居る場合、それらを水増しする効果がある。ナカティルの戦群れ/Nacatl War-Pride等の引きさえすればゲームを決められるカードがある場合投入を考えても良いだろう。
4点:ユートピアの菌類/Utopia Mycon - U
軽いちょっとしたブロッカー。ファンガスデッキなら+2点。
5点:活力の覆い/Wrap in Vigor - C
場合によっては優劣を逆転させることも可能なため、1枚程度は入れておいてもよい。

[編集] 緑(タイムシフト)

8点:クローサの拳バルー/Baru, Fist of Krosa - R
緑主体のデッキでは非常に強力。トークンの強化やカヴーの上等王/Kavu Primarch等にトランプルを持たせられるのは嬉しい。
7.5点:ケンタウルスの前兆読み/Centaur Omenreader - U
序盤に出せば、攻撃しつつ、他のクリーチャーを早めに展開できる。
5点:秋の際/Edge of Autumn - C
後半、手札で腐らないのはありがたい。
8点:放漫トカゲ/Imperiosaur - U
見つけ次第即ピックして構わない。展開の早い5/5。
4点:ムラガンダの印刻/Muraganda Petroglyphs - R
環境上、トークン生成と組むのが吉か。
8点:ナカティルの戦群れ/Nacatl War-Pride - U
クリーチャーが並びやすいリミテッドでは強力。
7点:ネシアンの狩猟者/Nessian Courser - C
無条件でシングルシンボルの3マナ3/3はかなりの性能。
3点:燐光の饗宴/Phosphorescent Feast - U
これが打てる頃には手札はないはず。残っているようならじきに負けるだろう。
7点:クァーグノス/Quagnoth - R
リミテッドでは刹那より被覆がありがたい。サイズもなかなか。
4点:呪文狂いのアウフ/Spellwild Ouphe - U
どちらかといえばブロッカー。どうしても他のクリーチャーがいないときに。
7.5点:スポロロスの古茸/Sporoloth Ancient - C
2ターンに一度、苗木を生み出すことができる。胞子撒きのサリッド/Sporesower Thallidと何匹かのサリッドがいれば、あっという間に苗木だらけになる。
6点:タルモゴイフ/Tarmogoyf - R
2マナクリーチャーの割には大きいので結構強め。秋の際/Edge of Autumnでもあればなおよい。
7点:ソーンウィールドの射手/Thornweald Archer - C
到達接死でブロックは万全。惜しむらくはタフネス1というところか。
4点:悪性スリヴァー/Virulent Sliver - C
とりあえず1マナクリーチャー。有毒はおまけと考えよう。もちろんスリヴァーデッキなら+1点。

[編集] 多色

3点:きらめく願い/Glittering Wish - R
リミテッドで願いを使う場面はそう多くない。それでも2マナで欲しいカードを手札に持ってこられるのはありがたい。
5点:ギトゥのジョイラ/Jhoira of the Ghitu - R
非常に遅い。大きめなクリーチャーがあれば使える。
3点:スリヴァー軍団/Sliver Legion - R
スリヴァーデッキのフィニッシャー。5色だが無理に色をタッチする程のカードではない。

[編集] アーティファクト

9点:アクローマの記念碑/Akroma's Memorial - R
あらゆるクリーチャーがエンドカードに。色を選ばないので見かけたら即ピックしてしまおう。
3点:雲の鍵/Cloud Key - R
リミテッド向きではない。
6点:連合の秘宝/Coalition Relic - R
マナ加速+マナ安定に便利。
8点:時代寄生機/Epochrasite - R
倒しても大きくなって戻ってくるため、相手を悶絶させられる。ただし待機時間は決して短くないので注意。
6点:スリヴァー鍛冶/Sliversmith - U
スリヴァーが3体以上ピック出来たら投入してもかまわない。
3点:魂繋ぎのゴーレム/Soultether Golem - U
維持が非常に難しい。
7.5点:弱者の剣/Sword of the Meek - U
装備品であるため、+1/+2でも単純に強力。
4点:覆い石の護符/Veilstone Amulet - R
対戦相手の除去などからクリーチャーを守れる。除去の多いデッキに対しては有効。

[編集] アーティファクト(タイムシフト)

6点:ダークスティールの駐屯地/Darksteel Garrison - R
マナはかかるが+2/+2~+3/+3程度の修正は十分できる。
6点:研磨車/Whetwheel - R
普段は2/2のクリーチャーとして、膠着時にはライブラリー破壊を狙える。

[編集] 土地

1点:ダクムーアの回収場/Dakmor Salvage - U
墓地利用出来るカードがあっても土地である故、発掘が使いにくい。タップインであるため、沼/Swampの方がマシ。
6点:ケルドの巨石/Keldon Megaliths - U
暴勇できるならば強力。他のティムなどと組み合わせれば、かなり多くのクリーチャーを破壊できる。
5点:ラノワールの再生地/Llanowar Reborn - U
クリーチャー戦で十分優位に立てる。
3点:新ベナリア/New Benalia - U
占術が使いたければ青をタッチした方が早い。
3点:トレイリア西部/Tolaria West - U
変成コストが重い。

[編集] 土地(タイムシフト)

4点:ドライアドの東屋/Dryad Arbor - U
1/1+土地と言えば聞こえがいいが、召喚酔いを受け焼かれる土地。
6点:偶像の石塚/Graven Cairns - R
フィルターランドであるため、色拘束の強いデッキでは重宝する。
5点:燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows - R
ダメージレースで後れを取ってしまいかねない所は注意。
5点:地平線の梢/Horizon Canopy - R
同上。ただし、ドローも行えるため色が片方しか合っていなくても取ってよい。
6.5点:雨雲の迷路/Nimbus Maze - R
マナ基盤としては文句なし。悪くても無色マナが出るところが良い。
2点:涙の川/River of Tears - R
色が合えば。
5点:生けるものの洞窟/Zoetic Cavern - U
3マナ2/2というスペックは決して強くない。でも便利。

[編集] 参考

QR Code.gif