幽霊火/Ghostfire

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Ghostfire / 幽霊火 (2)(赤)
インスタント

幽霊火は無色である。
クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。幽霊火はそれに3点のダメージを与える。


未来予知で登場した無色火力呪文マナ・コスト欄に赤マナマナ・シンボルがあるので通常ならの呪文であるが、カードはルールに勝つマジックでは、カードに「無色である」と記述されたこの呪文は無色である。カード枠も赤くないアーティファクトのカード枠とも違う色合いである。

マジック黎明期よりプロテクション防御円対策に躍起になっていた赤にとっては、待望の1枚である。とはいえ普通に使う分には3マナ3点は構築では少々力不足。防御円相手にはこれだけダメージが通っても他のカードのダメージが通らなければそれほど意味が無いというのも痛いところである。無論リミテッドでは除去として重宝する。比較的変則的な除去が多い未来予知の中では素直な性能であり、使いやすい。

[編集] ルール

[編集] ストーリー

幽霊火/Ghostfireには、精霊ドラゴン、ウギン/Ugin, the Spirit Dragonを信仰する修道士が透明な炎で犠牲者を焼き殺す姿が描かれている(イラスト)。フレイバー・テキストLexicon of the Futureによると、この修道士は第3の眼を授かり、ウギンの不可視の炎の息を見る能力と使用する能力を与えられる。フレイバー・テキストでは、この第3の眼を指してウギンの目/Eye of Uginと呼んでいるものと思われるが、ゼンディカー・ブロックのストーリーではウギンの目は地名として登場している。

  • 未来予知タイムシフトマジックそのものの未来を表すという性格がある。このカードはメカニズムの新しさもさることながら、プレインズウォーカー・コミックに始まりゼンディカー・ブロックやタルキール覇王譚ブロックのストーリーへと繋がる伏線が込められている。上記のウギンとの関連性に加え、カードのイラストの修道士の刺青や周囲の紙に書かれた文字が、コミックの壁画やウギンの巻き物の紋様に良く似ている点も挙げられる。
  • 未来予知当時の翻訳で、「ウギン」および「ウギンの目」は「ウージン」および「ウージンの眼」となっていた(→ウギン/Ugin#訳語参照)。
  • ウギンの故郷、タルキール/Tarkirではジェスカイ道/The Jeskai Wayの魔術の秘奥として伝わっている。彼らもまた「龍眼/Eye of the Dragon」をシンボルとしている。

[編集] 参考

QR Code.gif