エコー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
エコー/Echo
種別 誘発型能力
登場セット ウルザ・ブロック
時のらせんブロック
CR CR:702.29

エコー/Echoは、ウルザ・ブロックで登場し、時のらせんブロックで再登場したキーワード能力パーマネントが持つ誘発型能力である。


Pouncing Jaguar / 飛びかかるジャガー (緑)
クリーチャー — 猫(Cat)

エコー(緑)(あなたのアップキープの開始時に、これが直前のあなたのアップキープの開始時よりも後にあなたのコントロール下になっていた場合、そのエコー・コストを支払わないかぎりそれを生け贄に捧げる。)

2/2


Volcano Hellion / 火山の乱暴者 (2)(赤)(赤)
クリーチャー — ヘリオン(Hellion)

火山の乱暴者はエコー(X)を持つ。Xはあなたの総ライフである。(あなたのアップキープの開始時に、これが直前のあなたのアップキープの開始時よりも後にあなたのコントロール下になっていた場合、そのエコー・コストを支払わないかぎりそれを生け贄に捧げる。)
火山の乱暴者が戦場に出たとき、クリーチャー1体を対象とする。火山の乱暴者はそれとあなたに、あなたが選んだ量のダメージを与える。そのダメージは軽減されない。

6/5


Skizzik Surger / スキジックのうねり獣 (4)(赤)(赤)
クリーチャー — エレメンタル(Elemental)

速攻
エコー ― 土地を2つ生け贄に捧げる。(あなたのアップキープの開始時に、これが直前のあなたのアップキープの開始時よりも後にあなたのコントロール下になっていた場合、そのエコー・コストを支払わないかぎりそれを生け贄に捧げる)

6/4

[編集] 定義

エコー [コスト]/Echo [コスト]は、「あなたアップキープの開始時に、もしあなたがこのパーマネントのコントロールを、あなたの直前のアップキープの開始時より後に得たのであれば、[コスト]を支払わない限りこれを生け贄に捧げる。」を意味する。

[編集] 解説

基本的にはコストを2回に分けて支払うという能力であり、それ自体はデメリットである。ただしその分、同じマナ・コストカードに比べて性能がアップしており(同じ性能のカードに比べてマナ・コストが軽くなっていると見ることも可能)、より強いパーマネントをより早く戦場に出す能力であると言える。その意味では、環境を高速化させる方向に作用すると考えられる。

ウルザズ・サーガでの初登場時点では、コストを支払わない選択をすることは少なかったが、ウルザズ・レガシーにてエコー持ちの187クリーチャーなだれ乗り/Avalanche Riders錯乱した隠遁者/Deranged Hermitなど)が登場してからは、支払わない場面も見られるようになった。続くウルザズ・デスティニーでは、CIPかつPIGを持つもの(ゴブリンの司令官/Goblin Marshal狩りをする恐鳥/Hunting Moa)が登場し、より使い捨ての呪文のように使えるデザインとなった。こういった点は、後の想起に受け継がれている。

時のらせんで再登場した際のエコー・コストはすべてそのカードのマナ・コストと同じで、従来のエコーと変わらないものだったが、続く次元の混乱に登場したエコー持ちはすべてマナ・コストと異なるエコー・コストを持っており、またエコー・コストが不定の火山の乱暴者/Volcano Hellionを除き、どのエコー・コストも最初のマナ・コストより高くなっている。また未来予知では、マナ以外の支払いを求めるエコーや、エコーの処理を利用して対戦相手アドバンテージを与えるナー島の領主/Shah of Naar Isleが登場し、エコーの概念が拡張されている。

のカードが特に多く、それらのデッキ展開を速めるのに貢献した(時のらせんでの新作エコー持ちカードはすべて赤く、次元の混乱では赤と緑のみである)。アーティファクトにも若干存在する。他の色はかなり少なく、は3枚、は2枚、にいたってはサイクル1枚しか存在しない。

[編集] ルール

[編集] 旧ルール

[編集] その他

  • 毎ターン支払うタイプのアップキープ・コストと比べ、支払い忘れてターンを進行してしまい、巻き戻して生け贄に捧げるというミスもよく見られる(→誘発忘れ)。
    • これを防ぐために、エコー持ちのパーマネントを戦場に出した時、エコー・コストの支払いに必要となる枚数の土地をその近くにかためておく、という方法がある。また、現在のルールではライブラリーの上にマーカーを置くことも許可されている(MTR 3.8)。
  • エコーは元々スリヴァーと同じく、Mike Elliottウィザーズ・オブ・ザ・コーストで働くようになる前に作った「天空の道/Astral Ways」というセットのためにデザインしたものだった。

[編集] 参考

引用:総合ルール 20170120.0

QR Code.gif