生けるものの洞窟/Zoetic Cavern

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Zoetic Cavern / 生けるものの洞窟
土地

(T):あなたのマナ・プールに(◇)を加える。
変異(2)(あなたはこのカードを、(3)を支払うことで2/2クリーチャーとして裏向きに唱えてもよい。その変異コストを支払うことで、それをいつでも表向きにしてよい。)


変異するのはクリーチャーだけである」という概念をぶち壊す非クリーチャー・パーマネントサイクルの1枚。

マナが必要な状況なら土地として普通にプレイすればよいし、中盤過ぎてマナに余裕ができたら2/2のクリーチャーとして出せるため、融通が利く。フィッシュなど色拘束の薄い単色ビートダウンデッキで採用されるケースが多い。

変異によって裏向き唱える際には「土地のプレイ」としてはカウントされないため、後で表向きにすることで「土地は1ターンに1枚しかプレイできない」というルールをすり抜けることができる。ただし、合計5マナも消費するので、マナ加速としては優秀と言いがたく、リミテッドなどでフィニッシャーに繋げる時に稀に役に立つ程度だろう。

  • 変異のイメージからして、妙な生き物が突然洞窟になってしまうということだろう。その光景はサイクルの中でも特にインパクト抜群である。
  • 壌土からの生命/Life from the Loamと併用すると何度死んでも手札に帰ってくる3マナ2/2となる。ドライアドの東屋/Dryad Arborと違いプレイにマナが掛かるが、サイズが大きい・豊富なマナがあれば一挙に展開できるというメリットがある。
  • 見慣れない単語だが、zoeticとは細胞生物学の用語で「生命の」「生命に関する」という意味である。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

未来予知の、過去のキーワード能力キーワード処理能力語に関連した土地サイクル

未来予知の、変異を持つ非クリーチャーパーマネントサイクル

変異の前後でカード・タイプが変わるため、クリーチャー除去対応して表向きにすれば無効化できる。しかも変異の性質上、それらが刹那を持っていても対応できる。ただし、汚れ/Befoul破壊の宴/Wrecking Ballなど、変異前後のどちらのタイプにも対応する除去は防げないことに注意。

[編集] 参考

QR Code.gif