予感/Foresee

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Foresee / 予感 (3)(青)
ソーサリー

占術4を行い、その後カードを2枚引く。(占術4を行うには、あなたのライブラリーの一番上から4枚のカードを見て、そのうちの望む枚数のカードを望む順番であなたのライブラリーの一番下に置き、残りを望む順番で一番上に置く。)


未来予知で再登場した占術を利用したドローライブラリー操作呪文

空民の助言/Counsel of the Soratamiより重いが、占術と合わせて最大6枚までライブラリーを掘り下げられるのが強み。集中/Concentrateとどちらが良いか、というのは人それぞれだろう。

マナ域に入念な考慮/Careful Considerationというライバルがいるが、ウルザトロンブリンク野生のつがいのような特定のキーカードが存在するデッキにおいてはこちらが優先される。リミテッドでもを使っているなら、是非採用したい。

Pauperでは青系ストームFamiliar Comboといったコンボデッキで採用されている。

  • カード名は英語では“Foresee”(予知する)。イラストでわかるように"Four(4)"と"See(見る・予見)"をかけた名前になっている。日本語版では“予感”と一応“四”の語感は使われているが、十分にニュアンスを表現しきれていない点が残念。
  • イラストの4つ目の女性は虚空魔道士の沈黙者/Voidmage Husher参考)。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

未来予知コモン占術カードによるサイクル。占術を行い、その後に何かをする。

[編集] 参考

QR Code.gif