熊 (俗称)

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

(Bear)は、点数で見たマナ・コストが2であり、かつP/Tが2/2であるクリーチャーの俗称である。灰色熊/Grizzly Bearsの性能に由来する。勘違いされやすい点であるが、この俗称はそのクリーチャーのクリーチャー・タイプであることを意味するわけではない。

[編集] 概要

熊は、広義では点数で見たマナ・コストが2でパワーが2であるクリーチャーのことを、狭義では下記の方針によって作られた灰色熊/Grizzly Bears相当、もしくはその上位互換であるクリーチャーのことを指す。また、ダブルシンボルのものは含まないこともある。

テンペストを開発する際、R&Dは、灰色熊/Grizzly Bears上位互換を各ブロックごとに1体以上作る方針を定めた。その先兵たるものが筋肉スリヴァー/Muscle Sliverである。ただし、その次に熊が登場したのはインベイジョン・ブロックであった。また、ミラディン・ブロックではに2体存在するのみであった。

の熊にはメリット能力が、他の3にはデメリット能力が付与されることが多い。ただし、ダブルシンボルの場合は基本的にどの色でもメリットが付与される。

2012年現在、おそらく最強の熊は野生の雑種犬/Wild Mongrelであろうと言われている。

[編集] 参考

QR Code.gif