暴勇

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

暴勇(ぼうゆう)/Hellbentは、ディセンションラクドスギルド)に割り当てられた能力語未来予知で再登場した。


Gobhobbler Rats / 粘液絡みの鼠 (黒)(赤)
クリーチャー — ネズミ(Rat)

暴勇 ― あなたの手札にカードが無いかぎり、粘液絡みの鼠は+1/+0の修整を受けるとともに「(黒):粘液絡みの鼠を再生する。」を持つ。

2/2


Demonfire / 悪魔火 (X)(赤)
ソーサリー

クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。悪魔火はそれにX点のダメージを与える。このターン、これによりダメージを与えられたクリーチャーが死亡する場合、代わりにそれを追放する。
暴勇 ― あなたの手札にカードがない場合、悪魔火は呪文や能力によっては打ち消されず、そのダメージは軽減されない。


[編集] 解説

自分手札カードが無い場合に限り、何らかの恩恵を得る能力や、起動できる起動型能力を表す。自然と手札を消費するであるにはうってつけの能力である。

ギルドに割り当てられた能力の中では、悪魔火/Demonfireなど一部のカードを除き活躍の機会は少なかった。当時のスタンダード環境には黒赤デッキがそう多くなかったことに加え、同ブロックには闇の腹心/Dark Confidantという優秀なドローエンジンがあり、これと暴勇の相性が悪かったのもその一因。

[編集] 参考

QR Code.gif