弱者の剣/Sword of the Meek

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Sword of the Meek / 弱者の剣 (2)
アーティファクト — 装備品(Equipment)

装備しているクリーチャーは+1/+2の修整を受ける。
装備(2)
1/1のクリーチャーがあなたのコントロール下で戦場に出るたび、あなたはあなたの墓地から弱者の剣を戦場に戻し、その後それをそのクリーチャーにつけてもよい。


未来予知で登場した、時のらせんブロックで唯一の装備品Aegis of the Meekと対を成すようデザインされている。時のらせんタイムシフトしてきたペンデルヘイヴン/Pendelhavenに類似した能力ともいえる。

装備品はオーラと違って戦場に残り続けるため、墓地から戻す能力を活用するには工夫が必要になる。共鳴者捨てたり爆片破/Shrapnel Blastなどで生け贄に捧げたりするとよいだろう。上手く活用すればアドバンテージを稼ぐこともできる。

構築では、生け贄要員として繰り返し利用するのが便利。時のらせんブロックでは大いなるガルガドン/Greater Gargadonが相性のよいカードとして挙げられ、大いなるガルガドンが待機状態であり弱者の剣が墓地にある状況でモグの戦争司令官/Mogg War Marshal戦場に出すと、合計6個の時間カウンターを減らすことができる。エクステンデッドならば飛行機械の鋳造所/Thopter Foundryとのコンボも強力である。→ソプターコンボDDT

リミテッドではそのまま装備品として使用しても十分。上手く墓地に落とす方法があればなおよく、アイケイシアの触れ役/Icatian Crierラノワールの助言者/Llanowar Mentorはちょうど良いシナジーを形成する。

  • 日本語だとわかりづらいが、「墓地から戦場に戻し、そのクリーチャーにつける」か「墓地から戻さない」のいずれかのみが選択できる。戻すことを選んだら、クリーチャーに弱者の剣をつけないことはできない。
  • 弱者の剣が複数枚墓地にあるときに1/1のクリーチャーが戦場に出た場合、同じクリーチャーに複数つけることができる。1/1であるかどうかは誘発条件でしかチェックされず、解決時には1/1でなくても良い。
  • 能力の誘発後、その1/1クリーチャーが戦場を離れた場合でも、これを戦場に戻すことができる。
  • 天使の学芸員/Angelic Curatorが戦場に出た場合、プロテクションによってつけられないが戦場に戻すことはできる。
  • 当然ながら、装備能力を普通に起動する場合は、対象は1/1でなくてもよい。戦場に戻す能力に惑わされないように注意。

エクステンデッドでは上記コンボデッキの影響が大きすぎ、2010年7月1日より禁止カード指定を受ける事となった。モダンでもフォーマット制定当初より禁止カードだったが、環境から減ったコントロールデッキの強化を期待され、2016年4月8日より禁止解除された。

[編集] ストーリー

弱者の剣/Sword of the Meekは、何度となく破壊されるがその度に破片から蘇る剣。ペンデルヘイヴン/Pendelhavenの守護戦士ジャック・ル・ヴェール/Jacques le Vertが最初の所有者。

[編集] 参考

QR Code.gif