クローサの拳バルー/Baru, Fist of Krosa

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Baru, Fist of Krosa / クローサの拳バルー (3)(緑)(緑)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) ドルイド(Druid)

森(Forest)が1つ戦場に出るたび、あなたがコントロールする緑のクリーチャーは、ターン終了時まで+1/+1の修整を受けるとともにトランプルを得る。
壮大 ― 他の《クローサの拳バルー/Baru, Fist of Krosa》という名前のカードを1枚捨てる:緑のX/Xのワーム(Wurm)・クリーチャー・トークンを1体生成する。Xはあなたがコントロールする土地の数である。

4/4

過去の英雄の子孫とされる、伝説のクリーチャーサイクル版はクローサの拳カマール/Kamahl, Fist of Krosaの子孫。

ご先祖は起動型能力で+3/+3の全体強化トランプルの付加ができたのに対して、こちらは戦場に出るたびの誘発型能力クリーチャーのみへの+1/+1の全体強化とトランプルの付加、と面影を残しつつ能力自体は小型に。

反面、カマールのようにマナを必要とせず、同ブロック内の明日への探索/Search for Tomorrow広漠なる変幻地/Terramorphic Expanseなどで土地サーチを行いつつパンプアップできる点、コントロールする土地の枚数を参照する壮大能力とのシナジーという点では自己完結していて使いやすい。

そういった事を抜きにしても継続的に森をプレイすることさえできれば5マナ5/5トランプルとして見ることができるので、単体での制圧力も良好である。

壮大能力も、除去対応して起動することで戦線の維持ができる他、戦場に出した直後の対戦相手終了ステップに連発し一気に踏み潰すなどの柔軟性も誇る。登場時点の緑には召喚士の契約/Summoner's Pact進化の魔除け/Evolution Charmなど使いやすいカードが多く、サーチや再利用に困らない点も追い風である。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

未来予知の過去の英雄の子孫とされる伝説のクリーチャーサイクル。いずれも能力語壮大を持つ。

[編集] 参考

QR Code.gif