ギルド魔道士

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ギルド魔道士(Guildmage)は、「ギルド魔道士」または「ギルドの魔道士」(英語ではともに"Guildmage")をカード名に含むクリーチャーサイクル、またはそれに含まれるカードの俗称。ミラージュラヴニカ・ブロックラヴニカへの回帰ブロックラヴニカのギルドに登場し、共通して起動色マナを要する2つの起動型能力を持つ。

目次

[編集] ミラージュ版

点数で見たマナ・コストが1、サイズが1/1である人間ウィザードクリーチャーサイクル。各友好色マナ1点を起動コストに含むタップ能力を持つ。


Civic Guildmage / 護民官ギルドの魔道士 (白)
クリーチャー — 人間(Human) ウィザード(Wizard)

(緑),(T):クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで+0/+1の修整を受ける。
(青),(T):あなたがコントロールするクリーチャー1体を対象とし、それをオーナーのライブラリーの一番上に置く。

1/1

全体的に地味な印象を持たれるが、赤マナ起動コストに含む能力であるティム能力は1マナ圏のクリーチャーとしては強力であり、これを持つ祭影師ギルドの魔道士/Shadow Guildmage農芸師ギルドの魔道士/Granger Guildmageトーナメントでも活躍した。

かつてはウィザード以外のクリーチャー・タイプを持たなかったが、Magic Onlineでのミラージュ発売に伴い、サイクル全体に人間のクリーチャー・タイプが与えられた。

後の類似サイクルに、インベイジョン学院の弟子サイクルや師匠サイクル、アポカリプス信奉者サイクル、アラーラの断片戦闘魔道士サイクルなどがある。

[編集] ラヴニカ・ブロック版

点数で見たマナ・コストが2、サイズが2/2(いわゆる)である混成カードクリーチャーサイクル。各ギルドに1種類ずつ存在し、それらのマナ起動コストに含む起動型能力を、それぞれの色について1つずつ持つ。


Azorius Guildmage / アゾリウスのギルド魔道士 (白/青)(白/青)
クリーチャー — ヴィダルケン(Vedalken) ウィザード(Wizard)

((白/青)は(白)でも(青)でも支払うことができる。)
(2)(白):クリーチャー1体を対象とし、それをタップする。
(2)(青):起動型能力1つを対象とし、それを打ち消す。(マナ能力は対象にできない。)

2/2

優秀なクリーチャーが少ないであっても共通して熊であるため、カードパワーはかなり高いといえる。また混成カードであるため単色デッキでも唱えることができ、2デッキであっても(2色であるために起こる)色事故を無視することができる。

リミテッドではすべてが使用される可能性を持っており、構築においても高い実績を残している。

コストにタップを含まず、起動コストが3マナ以上であることが多いため、訓練場/Training Groundsから受ける恩恵は大きい。

[編集] ラヴニカへの回帰ブロック版

点数で見たマナ・コストが2でサイズが2/2である事はラヴニカ・ブロックと共通だが、混成カードではなく多色クリーチャーで起動型能力も両方とも2色の色マナを必要とする。カード名には各ギルドの本拠地が使われている。


Skarrg Guildmage / スカルグのギルド魔道士 (赤)(緑)
クリーチャー — 人間(Human) シャーマン(Shaman)

(赤)(緑):あなたがコントロールするクリーチャーは、ターン終了時までトランプルを得る。
(1)(赤)(緑):あなたがコントロールする土地1つを対象とする。それはターン終了時まで4/4のエレメンタル(Elemental)・クリーチャーになる。それは土地でもある。

2/2

[編集] ラヴニカのギルド版

マナ・コストはラヴニカへの回帰ブロック版を、起動コストに必要な色マナはラヴニカ・ブロック版を踏襲している。また、起動コストにタップが必要になっており、ミラージュ版をも踏襲していると言える。カード名には各ギルドの二つ名が含まれている。


Swarm Guildmage / 群集のギルド魔道士 (黒)(緑)
クリーチャー — エルフ(Elf) シャーマン(Shaman)

(4)(黒),(T):ターン終了時まで、あなたがコントロールしているクリーチャーは+1/+0の修整を受け、威迫を得る。(それらは2体以上のクリーチャーによってしかブロックされない。)
(1)(緑),(T):あなたは2点のライフを得る。

2/2

[編集] 該当カード

ミラージュ
ラヴニカ・ブロック
ラヴニカへの回帰ブロック
ラヴニカのギルド

[編集] 参考

QR Code.gif