陰謀団/The Cabal

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

陰謀団/The Cabalドミナリア/Dominariaに存在する組織。オデッセイ・ブロックオンスロート・ブロックの勢力として登場し、ドミナリアでは次元/Plane全体で活動する敵役として描かれた。

目次

[編集] 解説

陰謀団は犯罪組織的集団・宗教団体・国家などの側面を有するオタリア/Otaria発祥の組織である。

  • cabalとは、英語で陰謀団や秘密結社、徒党という意味。

主にクレリックウィザードミニオンによって構成されており、金と利益を崇拝している。狂気魔術を操る狂気の召喚者/Dementia Summonerが特徴である。時代によって転々を本拠地を移している。

富と強欲を司る魔神クベール/Kuberrを信奉していたが、後に悪魔ベルゼンロック/Belzenlokに取って代わられている。

[編集] エピソード

4000AR頃、ヴィロット・マグラン/Virot Maglanによって設立された。[1]

4100AR以降、スダーボッド/Suderbodが崩壊したことによる、権力の空白状態に乗じて陰謀団はその勢力を拡大した。[2][3]

[編集] オデッセイ・ブロック~オンスロート・ブロック

本拠地はカバル市/Cabal City。4305AR、トーメントのストーリーの最後でカバル市が廃墟となってからは、本拠地は南のアフェット/Aphettoに移った。翌4306AR、大闘技場/Grand Coliseumが新設されると新たな中心地となった。

陰謀団の総帥/The First of the Cabalのもとオタリア全域に支配を広げている。陰謀団の主要な活動がピット・ファイト/Pit Fightである。オタリア各地で興行を宣伝し、大陸中に大小の闘技場を建設した。その興行収入を独占することで多額の利益を得ると共に、娯楽提供による文化的な支配や秩序の退廃を進めていた。

また、オーダー/The Orderとも渡り合えるだけの兵力をも保有している。

陰謀団の総帥の死後、4500AR頃には陰謀団は消滅していたと思われていた。

[編集] ドミナリア

4560ARの本拠地はアーボーグ/Urborg

強大な悪魔ベルゼンロックに組織を掌握され、彼を信奉する死のカルト教団として復活している。

その影響はオタリアに留まらずドミナリア全域に拡大しており、世界支配を企んでいるといわれている。

エローナ/Aerona大陸には軍隊を差し向け、ベナリア/Benaliaに攻め入っている。

陰謀団の司祭サダージュ/Sadageは、新アルガイヴ/New Argiveに針/Needleという名の工作員を潜入させ、かつてダッコン/Dakkonが使っていた黒き剣/Blackbladeを入手している。

[編集] 関連キャラクター・地名など

[編集] 登場

[編集] 登場カード

オデッセイ・ブロックオンスロート・ブロックカードの大部分、および、沼/Swamp、黒に関連する土地カードが陰謀団に関連していると考えられる。各色のピット・ファイト関連のカードも陰謀団の活動を描いたものと言える。

ドミナリアでも黒カードを中心に陰謀団の姿が描かれている。

[編集] 登場作品

[編集] 脚注

  1. 短編Family Manではファイレクシア侵略以降の設立との描写だったが、総帥の年齢との不整合が指摘されており、有力ファンサイトPhyrexia.comでは4050AR創設説が唱えられた。ドミナリア期に設定が整理され、The Art of Magic: the Gathering Dominariaで設立年代が公式に4000AR頃に改訂された
  2. Dominarian Cartography
  3. The Magic Story Podcast: Otaria and The Cabal

[編集] 参考

QR Code.gif