陰謀団/The Cabal

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
陰謀団/The Cabalは、ドミナリア/Dominariaに存在する犯罪組織的集団。4050ARにヴィロット・マグラン(Virot Maglan)によって設立された。

主にクレリックウィザードミニオンによって構成されており、金と利益を崇拝している。 時代によって転々を本拠地を移している。

富を司る魔神クベール/Kuberrを信奉していたが、後に悪魔ベルゼンロック/Belzenlokに取って代わられている。

オデッセイ・ブロックオンスロート・ブロックドミナリアに登場する。

  • cabalとは、英語で徒党という意味である。

目次

[編集] ストーリー

[編集] オデッセイ・ブロック~オンスロート・ブロック

本拠地はカバル・シティ/Cabal Cityトーメントでは大闘技場/Grand Coliseumに移っている。

陰謀団の総帥/The First of the Cabalのもとオタリア/Otaria全域に支配を広げている。

彼らの一番の収益がピット・ファイト/Pit Fightである。その興行収入を独占することで、多額の利益を得てきた。 また、オーダー/Orderとも渡り合えるだけの兵力や、狂気の召喚者/Dementia Summonerといわれる黒魔法使いを擁する。

陰謀団の総帥の死後、4500AR頃には陰謀団は消滅していたと思われていた。

[編集] ドミナリア

4565AR以降。本拠地はアーボーグ/Urborg

強大な悪魔ベルゼンロックに組織を掌握され、彼を信奉する死のカルト教団として復活している。

その影響はオタリアに留まらずドミナリア全域に拡大しており、世界支配を企んでいるといわれている。

エローナ/Aerona大陸には軍隊を差し向け、ベナリア/Benaliaに攻め入っている。

陰謀団の司祭サダージュ/Sadageは、新アルガイヴ/New Argiveに針/Needleという名の工作員を潜入させ、かつてダッコン/Dakkonが使っていた黒き剣/Blackbladeを入手している。

[編集] 関連キャラクター・地名など

[編集] 参考

QR Code.gif