チャンドラの誓い/Oath of Chandra

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Oath of Chandra / チャンドラの誓い (1)(赤)
伝説のエンチャント

チャンドラの誓いが戦場に出たとき、対戦相手がコントロールするクリーチャー1体を対象とする。チャンドラの誓いはそれに3点のダメージを与える。
各終了ステップの開始時に、そのターンにプレインズウォーカーがあなたのコントロール下で戦場に出ていた場合、チャンドラの誓いは各対戦相手にそれぞれ2点のダメージを与える。


チャンドラ/Chandraによる誓いCIP能力クリーチャー限定の火力プレインズウォーカーに関する能力は対戦相手へのダメージ

1つ目の誘発型能力はクリーチャーに3点ダメージで、ソーサリー・タイミング限定でありプレイヤーを狙えないため、汎用性が高いとは言えない。しかし登場時のスタンダードには有力な2マナ3点火力がほとんどなく、ゲーム序盤の除去としては十分に有用である。後続のプレインズウォーカーを守るためにも使える。

2つ目の誘発型能力は、ダメージの点数としてはそれほど大きくないし、誘発条件もそう頻繁に満たせるものではないが、赤のデッキの性分としてはわずかでもダメージを稼ぎたい事は多いため、地味ながら頼りになる。対戦相手のプレインズウォーカーを除去できればアドバンテージにもなる。

構築ではややデッキを選ぶカードではあるが、方向性がハッキリしているので採用するかどうかはそれほど迷わずに済むだろう。いくら周辺環境の火力は弱体傾向にあるとはいえ、2マナの対クリーチャー専用3点火力というだけでは採用は難しいので、2つ目の能力を大きく活かせるデッキに投入したい。

リミテッドでは1つ目の能力だけで十分に採用できる性能。

  • 他の3人の誓いと異なり、フレーバーテキストは日英両版でややくだけた表現を使っている。チャンドラらしいといえばチャンドラらしい。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

ゲートウォッチ/The Gatewatch加入の誓いサイクル。いずれもレアで、CIP能力プレインズウォーカーに関する能力を持つ伝説のエンチャント

[編集] 参考

QR Code.gif