新米紅蓮術師、チャンドラ/Chandra, Novice Pyromancer

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Chandra, Novice Pyromancer / 新米紅蓮術師、チャンドラ (3)(赤)
伝説のプレインズウォーカー — チャンドラ(Chandra)

[+1]:ターン終了時まで、あなたがコントロールしているエレメンタル(Elemental)は+2/+0の修整を受ける。
[-1]:(赤)(赤)を加える。
[-2]:クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。新米紅蓮術師、チャンドラはそれに2点のダメージを与える。

5

基本セット2020アンコモンチャンドラ忠誠度能力エレメンタルへのパワー修整マナ加速、単体火力

+1能力
エレメンタル限定の全体強化
パワー修整のみ、なおかつ強化範囲が特定クリーチャー・タイプに限られているものの、プラス能力で全体強化が行えるのは強力。然るべきデッキで使えば高い打撃力を発揮する。
メインとなる能力だが、当然ながらエレメンタルがいなければ何の役にも立たず、全体除去にも弱い。環境にどれだけ構築水準のエレメンタル・カードが存在するかでこのカード評価も変わってくる。
炎の侍祭、チャンドラ/Chandra, Acolyte of Flameの2つ目の±0能力との相性は抜群で、パワー合計が6というボール・ライトニング/Ball Lightningを彷彿とさせる歩く火力を毎ターン生み出せる。さらにチャンドラの調圧器/Chandra's Regulatorもあれば1ショットキルも狙える。詳細はチャンドラの調圧器を参照。
-1能力
赤マナ2点の生成。
実質的にこのカードを2マナで唱えられる取り回しの良さと、次のターンに6-7マナに繋げることができる爆発力は、反逆の先導者、チャンドラ/Chandra, Torch of Defianceが証明済み。マイナス能力になっているが、初期忠誠度が高いためあまり気にならないだろう。
目覚めた猛火、チャンドラ/Chandra, Awakened Infernoなど、重いカードを使うデッキでは重宝する。
-2能力
ショック/Shock
消費忠誠度の割に効率は悪いが汎用性は高い。実際に使うかどうかに関わらず、タフネス2以下のクリーチャーに対する圧力になる。
プレイヤーに撃つことで最後のひと押しにしたり、チャンドラの吐火/Chandra's Spitfireの能力を誘発させられるのも重要。

癖の強いプラス能力と、汎用性の高い2つのマイナス能力を備えたプレインズウォーカー。単独では即座に勝利に結びつく能力を持たず決定力が低いものの、エレメンタルを主力にしたビートダウンを組む際に候補に挙がるだろう。

基本セット2020には赤を中心にエレメンタルが豊富に収録されているため、リミテッドでは主力プレインズウォーカーとして活躍する。ドラフト系のデッキを組む際は初手に来たらピックしたい。チャンドラの火炎猫/Chandra's Embercatが拾えていれば早めに唱えることができ、そこからさらにマナ加速してファッティを叩きつけることもできる。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

基本セット2020チャンドラの垂直サイクルアンコモン以上の各稀少度に1枚ずつ存在しており(プレインズウォーカーデッキを除く)、それぞれがチャンドラ・ナラー/Chandra Nalaarの人生の異なる時代を表している。

[編集] ストーリー

詳細はチャンドラ・ナラー/Chandra Nalaar (ストーリー)を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif