キラン・ナラー/Kiran Nalaar

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

キラン・ナラー/Kiran Nalaarマジック・オリジンのキャラクター。カードとしてはマジック・オリジンのピア・ナラーとキラン・ナラー/Pia and Kiran Nalaarが初出。

目次

[編集] 解説

カラデシュ/Kaladeshの都市ギラプール/Ghirapurに住む人間の金属細工師。男性。溶接用の分厚いゴーグルを身に着けている(イラスト)。チャンドラ・ナラー/Chandra Nalaarの父。

代々続く発明家の家系に生まれたキランは、同じ発明家である妻のピア・ナラー/Pia Nalaarや仲間たちとともにギラプールで活動している。2人は機械の動力源となる霊気/Aetherの違法入手ルートを知っており、領事府/The Consulateによって霊気の流通が厳しく管理される中、それを必要とする者たちの助けとなっている。

[編集] 経歴

[編集] 炎の道理/Fire Logic

両親から霊気の運搬役を任された11歳のチャンドラ・ナラーは、領事府のバラル/Baralに見つかり、逃亡する途中で両手から炎を生み出した。キランとピアは彼女が生来の紅蓮術師/Pyromancerであることを知った。2人は娘の才能を誇らしく思ったが、領事府に目を付けられた以上、もはやギラプールに留まることはできなかった。一家は家と職を捨てて夜逃げし、村から村へと旅をした。

一家がバナラート/Bunarat村に滞在していたある日、キランはチャンドラを呼び出した。彼女が近くの森の獣を、それが村にとって大切な存在であると知らずに炎で追い払ったことで、村の反感を買ったのだ。キランはピアとともに作り上げた装置をチャンドラに渡した。それは蒸気背負い/Vent packと呼ばれる、余剰のエネルギーを――ここではチャンドラの炎を――蒸気として排出する装置だった。自分の才能を否定されたような気持ちになったチャンドラに、キランは優しく告げた。これは君自身のため、そして村の安全のためのものだ。私もお母さんも君のことを誇りに思っているし、君を世界で一番大事に思っていると。チャンドラは両親の気持ちを汲み、我慢してそれを付け続けた。

しかしその後、バラル率いる領事府の兵士たちがバナラート村に現れた。チャンドラの存在を良く思わなかった村の誰かが一家を売ったのだ。彼らはチャンドラに無実の罪を着せるため、村に火を放った。キランは銅製の閃光弾で敵の目を眩まし、チャンドラとともに逃げようとした。だがチャンドラは燃え盛る滞在先の住居の前で、焼け焦げた母親のショールを目にして動けなくなった。キランは娘と兵の間に立ち塞がり投降を申し出たが、バラルは彼に近づくとその腹部に短剣を突き刺した――チャンドラが見た父親の最後の表情は、死への恐怖ではなく、娘に良くしてやれなかったという落胆であった。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] カード名に登場

霊気紛争
キランの真意号/Heart of Kiran

[編集] フレイバー・テキストに登場

マジック・オリジン
苛性イモムシ/Caustic Caterpillar
霊気紛争
飲み込む炎/Hungry Flames(キランの真意号)

[編集] イラストに登場

カラデシュ
失われた遺産/Lost Legacy(モザイク画)

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 参考

QR Code.gif