ゼンディカー/Zendikar

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

ゼンディカー/Zendikarは、多元宇宙/Multiverseに存在する次元/Planeのひとつ。ゼンディカー・ブロックおよび戦乱のゼンディカー・ブロックの舞台となった。プレインズウォーカー/Planeswalkerニッサ・レヴェイン/Nissa Revaneキオーラ/Kioraナヒリ/Nahiriらの出身地。また、オブ・ニクシリス/Ob Nixilisはゼンディカーでプレインズウォーカーの灯/Planeswalker's Sparkを失い、この次元に囚われた。

[編集] 世界観

秘密と危険に満ちた次元。ゼンディカーの土地に満ちるマナは激しく、力強く、それ自体が呪文のような効果を弾けさせながら脈動している。それはプレインズウォーカー達にとって魅力的な力であり、彼らをゼンディカーへ引き寄せている。都市はほとんど存在せず、そこに住む人々は小さな部族集団や探検仲間で寄り集まって生活している。そこでは、科学技術や魔法体系はあまり発展していないが、遺跡発掘のための探検技術は多く伝承されている。

主な種族は人間コー/Korマーフォーク吸血鬼ゴブリンエルフなど。他にも多数の動植物に溢れている。

[編集] 面晶体/Hedron

ゼンディカー全域に存在する石柱。重力を固定し、周囲の地形を意のままに変えるほどの力を持つ。古代文明の遺跡だと噂されているが、真実はプレインズウォーカー達がエルドラージ封印のために建造したアーティファクトである。

[編集] 乱動/Roil

ゼンディカーの独特なマナ、面晶体、その獰猛な生態系が相まり、地表に突然暴力的な変化を引き起こされる。地形の変動、異常気象、突発的な破壊、それらはゼンディカーの住民にとってはただの自然現象に過ぎないが、プレインズウォーカー達にとってはゼンディカーを荒々しく文明が興らない次元にしている原因である。

[編集] 謎に満ちた探検の次元

ゼンディカーの歴史に関心を持つ者は少ないが、この次元はどこか異様な雰囲気を漂わせる。

  • 文明が自然に興るにはあまりに過酷な自然環境。
  • 面晶体/Hedronと呼ばれる魔力を帯びた結晶がそこかしこに浮かんでいる。ゼンディカーの人々は魔力資源や足場として活用しているが、正体不明の存在である。
  • 無数にある遺跡からは多くの宝石や武器、芸術品が発見される。過去にもこれほどの文明があったなら、なぜ今大きく発展した都市が無いのだろうか?
  • さまざまな種族の間に、奇妙に共通点のある神話が流布しているのは何故だろうか?

グール・ドラズ/Guul Drazマラキール/Malakir出身の吸血鬼、アノワン/Anowonはその知的好奇心を大いに躍動させ、ゼンディカーの歴史の闇に迫ろうとしている。彼は特にウギンの目/Eye of Uginと呼ばれる遺跡に関心を寄せているようだ。

[編集] 牢獄の次元

ゼンディカーは、強大な捕食者エルドラージ/Eldraziが封印されている次元である。元々は潤沢なマナが溢れる肥沃な次元だったが、数千年前に3人のプレインズウォーカーによってエルドラージが引き寄せられて以来、ゼンディカーは姿を変えてしまった。面晶体もプレインズウォーカーの1人が残した魔力品である。

エルドラージはゼンディカーの人々の記憶に焼き付き、今も神々として祀られている。その姿を象った記念碑や、その名を冠する遺跡などが多数残っている。

ワールドウェイクの物語で、アノワンと何人かのプレインズウォーカーが交錯し、ついにエルドラージが解き放たれる。

[編集] その後

テーロス・ブロックの時代、ゼンディカーはすでにエルドラージに支配されているようだ。彼らに故郷を滅ぼされたキオーラは反抗のため多元宇宙を巡り、力を蓄えている。

[編集] 地理

ゼンディカーには既知の7つの大陸が存在する。それらのうちバーラ・ゲド/Bala Gedとセジーリ/Sejiriは、エルドラージによって破壊し尽された。

[編集] アクーム/Akoum

溶岩活動が活発な山脈が多い大陸。

[編集] バーラ・ゲド/Bala Ged

熱帯林に覆われた低地の大陸。

[編集] グール・ドラズ/Guul Draz

吸血鬼の本拠地として知られる、豊かな潟と悪臭を放つ沼地の大陸。

[編集] ムラーサ/Murasa

切り立った崖とジャングルの大陸。

[編集] タジーム/Tazeem

内海と宙に浮く巨大な面晶体の遺跡を擁する大陸。

[編集] オンドゥ/Ondu

広大な平地の大陸。

[編集] セジーリ/Sejiri

局地の台地の大陸。

[編集] キャラクター

[編集] 登場カード

[編集] 参考

QR Code.gif