永遠衆/Eternal

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

永遠衆/Eternalは、ニコル・ボーラス/Nicol Bolasが従えるアンデッドの軍勢。

[編集] 解説

長年にわたるニコル・ボーラスの計画によって生み出された、アモンケット/Amonkhet出身のアンデッドの精鋭部隊。体表面はアモンケット産の青く輝く鉱石、ラゾテプ/Lazotepに覆われている(イラスト1イラスト2イラスト3)。

そのほとんどは、アモンケットの過酷な5つの試練を達成した修練者/Initiateの死体である。アモンケットの人々はこの地の試練を栄光の来世へ至る道だと信じてきたが、実際にはボーラスが優れた兵士を得るための「選抜試験」に過ぎなかった。

また人型種族(人間エイヴン/Avenケンラ/Khenraミノタウルスナーガ)以外にも、マンティコアイラスト)、アムムト/Ammitイラスト)といった獣や怪物のアンデッドも含まれている。

[編集] ゲームでの特徴


Spellweaver Eternal / 呪文織りの永遠衆 (1)(青)
クリーチャー — ゾンビ(Zombie) ナーガ(Naga) ウィザード(Wizard)

果敢(あなたがクリーチャーでない呪文を1つ唱えるたび、ターン終了時まで、このクリーチャーは+1/+1の修整を受ける。)
加虐2(このクリーチャーがブロックされた状態になるたび、防御プレイヤーは2点のライフを失う。)

2/1


Adorned Pouncer / 典雅な襲撃者 (1)(白)
クリーチャー — 猫(Cat)

二段攻撃
永遠(3)(白)(白)((3)(白)(白),あなたの墓地からこのカードを追放する:マナ・コストと永遠を持たない黒の4/4のゾンビ(Zombie)・猫(Cat)であることを除き、これのコピーであるトークンを1体生成する。永遠はソーサリーとしてのみ行う。)

1/1

最初から永遠衆であるクリーチャーはすべてゾンビで、ニコル・ボーラスのであるに存在する。いずれも加虐を持つ。

また、永遠により自身のコピートークン生成するという形で、永遠衆に「なる」クリーチャーも存在する。色やクリーチャー・タイプは様々だが、永遠のルールによりいずれも黒のゾンビになる。墓地のクリーチャー・カードを永遠衆にする永遠の刻/Hour of Eternityスカラベの神/The Scarab God王神の贈り物/God-Pharaoh's Giftも同様に、そのクリーチャーを黒のゾンビにする。

[編集] 参考

QR Code.gif