エムラクール/Emrakul

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索


エムラクール/Emrakulゼンディカー・ブロックで初登場したキャラクター。エルドラージ/Eldraziの1体。

目次

[編集] 解説

エルドラージの中でも最大でもっとも恐るべきものである。それは具現化した荒廃であり、そびえ立つ場所には静寂の恐怖が巻き起こる。それは感情や物質を超えた虚無の霊気であり、それのみが恐怖を成している。その霊気の影響は、ときに生物・ときに非生物の存在すら歪ませ、狂気とともにやがて血族へと変質させる。 ゼンディカー/Zendikarマーフォークの崇める空の女神エメリア/Emeria(エム/Em)とコー/Korの崇める風の女神カムサ/Kamsaの元型であり、未知の力によって重力を歪め大地から浮かび上がっている。異質ながら、明確な知性と個我とを備える。

エムラクールの血族たちは格子状組織、不快を引き起こす左右非対称性、先に節くれだった指の痕跡が残る触手という特徴を持つ。特にそのクジラの髭か石灰質化した植物の細胞壁の類のような格子状組織は最も特徴的で、まるで中に見えない生き物でも飼っているかのようにエルドラージ自身の動きとは独立して呼吸する。幾人かのマーフォークの学者は、その器官によってエムラクールの血族はその他の血族よりも強く重力を歪めるのだと推測している。

エムラクールの血族達は深い青と皮のような黄土色と鮮明なマゼンダを混ぜ合わせた異世界の色彩を身に帯びている。この奇怪な配色は多くのエルドラージにとっても普遍的で、かつての霊気的形態がゼンディカーの光を非自然的に反射していると考えられているがエムラクールの血族は特にその色彩が顕著である。

エムラクールの血族の落とし子は2本の小さな足で動き回り、そして親と同じように奇怪な色彩と格子状組織を持つ。

[編集] 経歴

[編集] エルドラージ覚醒

ドローン落とし子の群れから辛くもケフ砦を守り切ったギデオン・ジュラ/Gideon Juraとゼンディカー人の抵抗軍の前に出現し、ゼンディカー・ブロックの物語を締めくくった。

[編集] 戦乱のゼンディカー・ブロック

エムラクールはこの数ヶ月、姿を見せていない。ゼンディカーを去ったのかどうかはブロック途中まで不明であったが、最終的にウギンの調査によって既にゼンディカーを去っていたことが判明した。

[編集] 異界月

ソリン・マルコフ/Sorin Markovへの復讐を目論むナヒリ/Nahiri呼びかけによって、イニストラード/Innistradに現れる。イニストラードの生物はエムラクールの影響で異形の怪物へと変質していった。

[編集] 約束されし終末

イニストラード中の生物を変異させ、血族のエルドラージとして羽化させたエムラクールはついにスレイベン/Thrabenに降り立った。プレインズウォーカー6人と聖トラフト騎士団の連合軍を圧倒し、さらにリリアナの操るゾンビさえも変容させるエムラクールだったが、最終的にタミヨウ/Tamiyoが解き放った強大な魔力の援護を受けたジェイスが、エムラクールをイニストラードの月へ封印することに成功する

一時歓喜に沸くゲートウォッチ/The Gatewatchの面々だったが、タミヨウが語る真相は違うものだった。エムラクールがタミヨウの精神を乗っ取り、未知の呪文を唱えて異常なマナを与え、自らを月に封印させたのだと。「私達は本当に勝利したのでしょうか?」 タミヨウのその問いかけにジェイスは言葉を返せなかった。

『これは何もかも間違い。私は不完全で、足りなくて、始まったばかり。不毛の怨嗟ではなくて、花が咲くべき。土は受け入れてくれない。私の時じゃない。今はまだ』―――脳裏でエメリアの言葉がこだまする。ジェイスは寒気を覚え、忌まわしい月から眼をそらし、忘却を求めてその日の寝床を探しに向かった。

[編集] 登場

[編集] 登場カード

[編集] エムラクールの血族

エルドラージ覚醒
エムラクールの手/Hand of Emrakulエムラクールの孵化者/Emrakul's Hatcher巣の侵略者/Nest Invader
戦乱のゼンディカー
エムラクールの名残/Vestige of Emrakul
異界月
収録されているエルドラージ・クリーチャーはすべてエムラクールの血族である

[編集] カード名に登場

エルドラージ覚醒
エムラクールの手/Hand of Emrakul、エムラクールの孵化者/Emrakul's Hatcher
戦乱のゼンディカー
エムラクールの名残/Vestige of Emrakul
異界月
エムラクールの加護/Boon of Emrakulエムラクールの囁き/Whispers of Emrakulエムラクールの伝導者/Conduit of Emrakulエムラクールの福音者/Emrakul's Evangelエムラクールの影響/Emrakul's Influenceエムラクールのオーロラ/Aurora of Emrakul

[編集] フレイバー・テキストに登場

エルドラージ覚醒
マーフォークの空偵者/Merfolk Skyscout
戦乱のゼンディカー
雲マンタ/Cloud Manta、エムラクールの名残/Vestige of Emrakul、見捨てられた神々の神殿/Shrine of the Forsaken Gods
異界月
消えゆく光、ブルーナ/Bruna, the Fading Light折れた刃、ギセラ/Gisela, the Broken Blade巡礼者の守護霊/Guardian of Pilgrims久遠の闇からの誘引/Coax from the Blind Eternities歓喜する信者/Exultant Cultist月への封印/Imprisoned in the Moon、エムラクールの加護/Boon of Emrakul、不気味な吸血鬼/Weirded Vampire異世界の発露/Otherworldly Outburst節くれ木のドライアド/Gnarlwood Dryad過去との取り組み/Grapple with the Pastケッシグをうろつくもの/Kessig Prowler蔓延するもの/Permeating Mass捕食/Prey Upon

[編集] イラストに登場するエムラクールあるいはエムラクールの血族

エルドラージ覚醒
エルドラージの徴兵/Eldrazi Conscription走り回る侵略/Skittering Invasion英雄の時/Time of Heroes重力の変容/Gravitational Shift弱者の消耗/Consume the Meek消耗の蒸気/Consuming Vapors炎の斬りつけ/Flame Slash熱光線/Heat Ray世界大戦/World at War重大な落下/Momentous Fall面晶体のマトリックス/Hedron Matrix補強された防壁/Reinforced Bulwarkニッサの天啓/Nissa's Revelation
マジック・オリジン
ニッサの天啓/Nissa's Revelation
戦乱のゼンディカー
氷の猛進/Rush of Ice確実な一撃/Sure Strike垂直落下/Plummet
異界月
月への封印/Imprisoned in the Moon

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 参考

QR Code.gif