巨人の陥落/Fall of the Titans

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Fall of the Titans / 巨人の陥落 (X)(X)(赤)
インスタント

怒濤(X)(赤)(あなたかチームメイトがこのターンに他の呪文を唱えていたなら、あなたはこの呪文を怒濤コストで唱えてもよい。)
クリーチャーやプレインズウォーカーやプレイヤーを最大2つまで対象とする。巨人の陥落はそれらにそれぞれX点のダメージを与える。


怒濤付きのインスタントX火力。2つの対象溶岩噴火/Volcanic Geyserする。

マナ・コストXが2つ含まれるために重い印象を受けるが、2体の対象にダメージ与えることを考えればマナ効率は妥当か。とはいえ生撃ちファッティ焼くのは難しいので、幅広いサイズクリーチャーに対応できるX除去の強みを幾分失っているともいえる。

怒濤コスト唱えることができればマナ効率がおよそ2倍になり、単純にX火力2枚分の働きをする。しかし怒濤のために他の呪文を唱えると、結局Xにつぎ込めるマナが目減りしてしまうのが難点。その場合でも効率が良いことには変わりないが、例えば軽いマナ・クリーチャーなどを共に採用しておくと、Xを大きくするためにも怒濤の条件を満たすためにも利用できる。

スタンダードでは紅蓮術師のゴーグル/Pyromancer's Gogglesを核に据えたゴーグル除去フィニッシャーとして活躍している。

  • 怒濤の代替コストで唱えた場合でも、スタック上にある場合のマナ総量は2X+1である。
  • マナ・コストが(X)(X)()であり条件を満たせば(X)(赤)で唱えられるX火力には、過去に忌むべき者のかがり火/Bonfire of the Damnedが存在する。効果の派手さや環境への合致も手伝って、そちらは多くのデッキタッチしてまでも採用された。
  • 複数の対象を取るX火力には、過去に(X)(赤)()で唱えられる一族の誇示/Clan Defianceがある。あちらは対象を最大3つ取ることができるが、対象の組み合わせに多少の制限がある。
    • 怒濤の条件を満たさない場合、巨人の陥落はマナ効率でも一族の誇示に劣る。一方で地上クリーチャー(あるいは飛行クリーチャー)を2体焼けたり、緑マナを必要としないなど、勝る部分もある。
  • ドミナリアでのプレインズウォーカーへのダメージ移し変え効果ルール廃止に伴うオラクル更新によりプレインズウォーカーを直接対象に取れるようになり、使い勝手が向上した。以前は不可能だった「プレイヤーとプレインズウォーカー」「プレインズウォーカー2体」という選択ができるようになった。

[編集] ストーリー

このカードは、力線によってゼンディカー/Zendikarに引きずり込まれた2体の巨人/Titanウラモグ/Ulamogコジレック/Kozilekを、チャンドラ・ナラー/Chandra Nalaarが炎の魔術で焼き尽くす瞬間を描いている。傍らには、エルドラージ/Eldraziや荒れ狂う大地から仲間たちの身を守るギデオン・ジュラ/Gideon Juraの姿がある(イラスト)。

当初の計画ではゼンディカーそのものに巨人を吸い尽くさせる予定だったが、その膨大なエネルギーにゼンディカーは耐えられそうになく、一か八か、彼らは攻撃を決断した。ニッサ・レヴェイン/Nissa Revaneを介してゼンディカー中のマナと怒りを注ぎ込んだチャンドラの炎は、力線を辿り、巨人たちを包み込んだ。

ギデオンが落とし子の血統を食い止めている間に、チャンドラがそれに繋がるエルドラージの巨人を焼いた。
As Gideon kept the brood lineages at bay, Chandra incinerated the bound Eldrazi titans.

[編集] 参考

QR Code.gif