ギラプールの希望/Hope of Ghirapur

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Hope of Ghirapur / ギラプールの希望 (1)
伝説のアーティファクト クリーチャー — 飛行機械(Thopter)

飛行
ギラプールの希望を生け贄に捧げる:このターンにギラプールの希望によって戦闘ダメージを与えられたプレイヤー1人を対象とする。あなたの次のターンまで、そのプレイヤーはクリーチャーでない呪文を唱えられない。

1/1

ザンティッドの大群/Xantid Swarmに似た機能を持つ伝説のアーティファクト・クリーチャー。ただし対戦相手戦闘ダメージを与える必要があり、かつ使い捨て。

無色でありながら1マナ1/1に飛行までついているので、そのままでも戦闘ダメージは通しやすい。とはいえほとんどのフライヤーに止められてしまい除去にも弱いため、確実を期すなら一工夫が必要になる。タイミング上、コンバットトリック等を通すためには使えず、戦闘後メイン・フェイズの呪文を確実に通す為に使うことになるだろう。

プレイ制限が課せられる期間があなたの次のターンまでと長いため、打ち消し対策の他に全体除去コンボを1ターン遅らせる働きも期待できる。主にコンボデッキが安全確保のために採用したザンティッドの大群と異なり、こちらはウィニーなどが勝利までの時間稼ぎに採用することも考えられる。起動できるのは一回きりなので、どのターンに使っていくか見極めが肝心。多人数戦ならばより影響が大きく、一人を集中的に狙わせる作戦にも使える。

登場直後はあまり実績を残していなかったが、イクサラン参入後のスタンダードでは、アーティファクトシナジーを活用した黒赤ビートダウンなどで採用されている。環境のTier1に小型のフライヤーを用いるデッキが少なく、攻撃を継続しやすい点が追い風。

[編集] ストーリー

ギラプールの希望/Hope of Ghirapurは、ラシュミ/Rashmiサヒーリ・ライ/Saheeli Raiが設計した飛行機械テゼレット/Tezzeretによって次元橋/Planar Bridgeが悪用される前にそれを機能停止させる目的で造られた。

ドビン・バーン/Dovin Baanに攪乱装置を破壊されたが、飛行能力は残っていたためチャンドラ・ナラー/Chandra Nalaarギデオン・ジュラ/Gideon Juraが乗り込み、霊気塔/The Aether Spireへ突入するために使われた。

[編集] 登場作品・登場記事

[編集] 参考

QR Code.gif