チャンドラの調圧器/Chandra's Regulator

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Chandra's Regulator / チャンドラの調圧器 (1)(赤)
伝説のアーティファクト

あなたがチャンドラ(Chandra)・プレインズウォーカーの忠誠度能力を起動するたび、あなたは(1)を支払ってもよい。そうしたなら、その能力をコピーする。あなたはそのコピーの新しい対象を選んでもよい。
(1),(T),山(Mountain)カード1枚か赤のカード1枚を捨てる:カードを1枚引く。


幼少期のチャンドラ/Chandraが身につけていた調圧器が伝説の有色アーティファクトとしてカード化。チャンドラプレインズウォーカー忠誠度能力コピーできる誘発型能力と、いカードもしくは専用のかき回し型ルーター起動型能力を有する。

赤が濃く、なおかつチャンドラが投入されているデッキでないとまともに扱えない置物と化すピーキーさがあるものの、翻ってそういったデッキでは強力なサポートカードとして機能する。息切れしやすい赤系デッキにとってルーターは言うまでもなく重宝する存在であり、例によって世界のるつぼ/Crucible of Worlds保有の鞄/Bag of Holdingなどと併用することでアドバンテージを得ることも可能。そして何より、わずか1マナで使用できる忠誠度能力のコピーが非常に強力。チャンドラ限定である代わりにかなり破格のコスト設定となっており、単純比較はできないものの、鎖のヴェール/The Chain Veilなどと比較するとそれがよく分かる。チャンドラお得意の火力をコピーしてやれば、瞬く間に対戦相手焼き殺せるだろう。

リミテッドではチャンドラを安定してデッキに加えることができるとは限らないため、本領は発揮しづらい。山/Mountain限定のルーターとして扱っても悪くはないが、潤滑に機能させるなら赤の濃いデッキで用いたい。

[編集] ルール

[編集] ストーリー

チャンドラの調圧器/Chandra's Regulatorは、チャンドラ・ナラー/Chandra Nalaarの両親ピア・ナラー/Pia Nalaarキラン・ナラー/Kiran Nalaarが制作した発明品(イラスト)。

チャンドラの強力すぎる紅蓮術の力を制御するためのもので、余剰エネルギーを蒸気として排出する仕組み。作中では蒸気背負い/Vent packと呼ばれていた。チャンドラにプレインズウォーカーの灯/Planeswalker's Spark灯った際、溶けて失われた。

  • チャンドラが普段右腕に着けている篭手をカード化したものではない。そちらはラヴニカ/Ravnica産。

[編集] 登場作品

[編集] 参考

  1. Core Set 2020 Promos and Packaging/『基本セット2020』の各種プロモとパッケージ(Card Preview 2019年6月17日 Chris Gleeson著)
QR Code.gif