カラデシュの火、チャンドラ/Chandra, Fire of Kaladesh

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Chandra, Fire of Kaladesh / カラデシュの火、チャンドラ (1)(赤)(赤)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) シャーマン(Shaman)

あなたが赤の呪文を1つ唱えるたび、カラデシュの火、チャンドラをアンタップする。
(T):プレイヤー1人かプレインズウォーカー1体を対象とする。カラデシュの火、チャンドラはそれに1点のダメージを与える。このターンにカラデシュの火、チャンドラが3点以上のダメージを与えたなら、カラデシュの火、チャンドラを追放し、その後、これを変身させた状態でオーナーのコントロール下で戦場に戻す。

2/2
Chandra, Roaring Flame / 燃え盛る炎、チャンドラ
〔赤〕 伝説のプレインズウォーカー — チャンドラ(Chandra)

[+1]:プレイヤー1人かプレインズウォーカー1体を対象とする。燃え盛る炎、チャンドラはそれに2点のダメージを与える。
[-2]:クリーチャー1体を対象とする。燃え盛る炎、チャンドラはそれに2点のダメージを与える。
[-7]:燃え盛る炎、チャンドラは各対戦相手にそれぞれ6点のダメージを与える。これによりダメージを与えられた各プレイヤーはそれぞれ「あなたのアップキープの開始時に、この紋章はあなたに3点のダメージを与える。」を持つ紋章を得る。

4

マジック・オリジン両面カードとしてカード化された、若き日のチャンドラ・ナラー/Chandra Nalaar

クリーチャー
覚醒前は3マナ2/2の人間シャーマン呪文唱えるたびに自身をアンタップする誘発型能力と、プレイヤープレインズウォーカーに1点ダメージ与えるタップ能力を持ち、2つ目の能力解決した時点で3点以上のダメージを与えていれば変身する。
あまり戦闘には向いていないサイズなので、攻撃+赤の呪文1つか、赤の呪文2つを唱えて素早く変身を狙うことになるだろう。
  • クリーチャー時の能力は「赤の呪文1つにつきダメージを1点上乗せする」とも見れる。変身云々を抜きにして、システムクリーチャーとして割り切って運用してしまうのも手。
プレインズウォーカー
+1能力
プレイヤーかプレインズウォーカーへの2点火力
1回この能力を起動すれば忠誠度5となり、それなりに打たれ強い。赤のスライ戦略では対戦相手へ攻撃を催促することでこちらの攻撃を通す役目にもなる。変身前と合わせて5点のダメージを与えるだけでも3マナの元手としては十分だろう。
-2能力
クリーチャー単体への2点火力。
焼ける範囲は狭いが、唯一戦場に触れる能力なので使う機会もあるだろう。高タフネスのクリーチャーに対しては他の火力と合わせて焼き切ることも考えたい。
-7能力
各対戦相手へ6点ダメージを与え、さらにアップキープごとに3点ダメージを与える紋章を押しつけ燃やし続ける。
変身前に3点、変身後に+1を3回で6点、さらにこの能力で9点与えると計18点ダメージとなり、回復手段がない限り対戦相手のライフは尽きるだろう。

変身前は本体火力を飛ばし、変身後の能力もすべて火力という特化した性能。登場時のスタンダードではスライで採用されることがあった。ローテーション後は、環境に軽い火力があまり無いこともありアタルカ・レッドでよく採用されるようになっている。

  • 変身する際には「与えたダメージの点数」を参照し、-7忠誠度能力もまた「ダメージを与えたかどうか」を参照する。そのため、ダメージの軽減には非常に弱く、プリベンターは天敵。
  • 1つのカードに7回「ダメージ」という単語が出てくるのは史上最多記録。

[編集] ルール

クリーチャー時
  • 「3点以上のダメージ」とは、チャンドラがダメージの発生源であるなら2つ目の能力でのダメージに限らない。戦闘ダメージでも格闘でも、チャンドラの灯の目覚め/Chandra's Ignitionによるダメージでも数える。
  • 起動型能力の最後の一文は独立した能力ではない。この条件のチェックは、起動型能力の解決時にのみ行う。このターンにチャンドラが3点以上のダメージを与えたとしても、それを追放し変身させた状態で戦場に戻すためには、あなたはこの起動型能力を起動する必要がある。
-7能力
  • 紋章はを持たない。この紋章は、無色の発生源からのダメージを与える。
  • 紋章を得るのは、この能力によって実際にダメージを与えられたプレイヤーのみである。あるプレイヤーに与えられるダメージのすべてが軽減されたなら、そのプレイヤーは紋章を得ない。ダメージが一部でもあなたやチームメイト移し変えられたなら、そのプレイヤーも紋章を得る。
  • 紋章を得た各プレイヤーが、その紋章のオーナーとなる。多人数戦では、チャンドラのオーナーがゲームから離れたとしても紋章のオーナーがゲームに残っている限り、その紋章は残り続ける。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

マジック・オリジンの、神話レア両面カードサイクル第1面伝説のクリーチャー第2面プレインズウォーカーであり、プレインズウォーカー/Planeswalkerたちの、プレインズウォーカーの灯/Planeswalker's Sparkが点る前の姿と、点った後の姿を表している。

[編集] ストーリー

少女時代のチャンドラ・ナラー/Chandra Nalaar。紅蓮術師/Pyromancerとしての力に目覚め、領事府/The Consulateバラル/Baralに目を付けられたチャンドラは、両親とともに逃亡生活を送っていたが、やがてバラルの軍に見つかり父キラン/Kiranを殺され、チャンドラ自身もアカーラ/The Akharaの広場で処刑される身となった。しかし振り下ろされた刃がその首に届く直前、チャンドラのプレインズウォーカーの灯/Planeswalker's Sparkが点る。

詳細はチャンドラ・ナラー/Chandra Nalaar (ストーリー)を参照。

[編集] 参考

QR Code.gif
データベース・エラー - MTG Wiki

データベース・エラー

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
データベースクエリの構文エラーが発生しました。 ソフトウェアにバグがある可能性があります。 最後に実行を試みたクエリは次の通りです: 関数「SiteStatsUpdate::doUpdate」内
(SQLクエリ非表示)
。 データベースの返したエラー「1205:Lock wait timeout exceeded; try restarting transaction (10.12.2.8)
QR Code.gif