ポータル

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索
ポータル/Portal
シンボル 円形の次元の門
略号 PO,POR
発売日 1997年7月
セット枚数 全215種類(テキスト違いを含めると222種類)

ポータル/Portalは、マジックを初めてプレイする入門者のために作られた初心者向けセット。1997年7月に発売された。

目次

[編集] 概要

クリーチャーソーサリーおよび基本土地のみで構成されており、能力がシンプルなものばかりを収録している。

このセットのみで遊ぶ事を前提として作られており、当時はトーナメントリーガルとならず、トーナメントで他のエキスパンションと組み合わせることはできなかった。開発部も当時は「ポータルはポータルというカードゲームであって、マジックではない」と言っており、一般プレイヤーもこの言葉を引用して初心者に説明していた。その後、2005年10月20日よりエターナルでの使用が認められるようになった。

カードイラスト再録も含めて新たに描き下ろされている。神の怒り/Wrath of Godハルマゲドン/Armageddon地震/Earthquakeハリケーン/Hurricaneといった有名なカードが再録されているため、これらの絵違いが目的で購入した人も多い。

  • 基本土地の文章欄に大きなマナ・シンボルが描かれたのはこのセットが最初である。
  • 日本語版は製造、出荷数が非常に少ないらしく、そのため一部の強力なカードはかなりの高値で販売されることもある。

[編集] ポータルの特徴

[編集] ポータル系列全般の特徴

ポータルとその続編であるポータル・セカンドエイジポータル三国志の総称として「ポータル」と呼ばれることがある。また、同じ初心者向けセットのスタータースターター2000もポータルに含まれることもある。

以下の特徴は特記のない限り、スターター、スターター2000は含まない。

[編集] デザイン

デザイン・チーム Bill Rose (lead)
Dan Cervelli
Joel Mick
Mike Elliott (貢献)
Mark Rosewater (貢献)
開発チーム Bill Rose (lead)
Dan Cervelli
Joel Mick
Mike Elliott (貢献)
William Jockusch (貢献)
Mark Rosewater (貢献)
Henry Stern (lead) (貢献)
Jonathon Tweet (貢献)
アート・ディレクター Sue-Ann Harkey

[編集] 参考

QR Code.gif