マッドネス (デッキ)

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マッドネス(Madness)は、キーワード能力マッドネスを持つクリーチャーをメインにしたビートダウン系デッキの総称。ワイルドワームが、トーメントの参入を受けて大きく進化したものである。オデッセイ・ブロック時代の系ビートダウンの多くがこれにあたる。

[編集] 概要


Basking Rootwalla / 日を浴びるルートワラ (緑)
クリーチャー — トカゲ(Lizard)

(1)(緑):日を浴びるルートワラはターン終了時まで+2/+2の修整を受ける。この能力は、各ターンに1回のみ起動できる。
マッドネス(0)(あなたがこのカードを捨てるなら、これを追放領域に捨てる。あなたがそうしたとき、マッドネス・コストでこれを唱えるか、これをあなたの墓地に置く。)

1/1


Arrogant Wurm / 尊大なワーム (3)(緑)(緑)
クリーチャー — ワーム(Wurm)

トランプル
マッドネス(2)(緑)(あなたがこのカードを捨てるなら、これを追放領域に捨てる。あなたがそうしたとき、マッドネス・コストでこれを唱えるか、これをあなたの墓地に置く。)

4/4


Wild Mongrel / 野生の雑種犬 (1)(緑)
クリーチャー — 猟犬(Hound)

カードを1枚捨てる:野生の雑種犬はターン終了時まで+1/+1の修整を受けるとともに、あなたが選んだ1色の色になる。

2/2

二大マッドネスクリーチャー日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla尊大なワーム/Arrogant Wurmを中核に、序盤から優秀な共鳴者展開しつつマッドネスによるコスト軽減を活かして強力にビートダウンする。

これら共鳴者と相性のよいインカーネーションワームの咆哮/Roar of the Wurmも多くの場合採用される。

代表的なバリエーションとしては以下のものがある。

なかでも青緑マッドネスはオデッセイ・ブロック構築からエターナルまで幅広く活躍するアーキタイプであり、単純に「マッドネスデッキ」と呼べば青緑マッドネスのことを指す場合も多い。

[編集] 代表的なデッキ

[編集] 参考

QR Code.gif