綿密な分析/Deep Analysis

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Deep Analysis / 綿密な分析 (3)(青)
ソーサリー

プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーは、カードを2枚引く。
フラッシュバック ― (1)(青),3点のライフを支払う。(あなたはあなたの墓地にあるこのカードを、そのフラッシュバック・コストで唱えてもよい。その後それを追放する。)


フラッシュバック付きドロー呪文。後世に登場した類似効果空民の助言/Counsel of the Soratamiと比べると、フラッシュバックが付いた代わりに1マナ重い

サイカトグでは、嘘か真か/Fact or Fictionが健在であった時期にもかかわらず採用されていたが、これはミラーマッチを想定しての調整の結果。スタンダード期はマッドネスクワイエット・ロアーパニッシャー・ホワイト、サイカトグで使用された。またエクステンデッドエターナルでも様々なデッキの、特にサイドボードに採用されている。

それだけパーミッションデッキに対して有効性が高かった、ということ。メイン・フェイズにマナを使うことになるとはいえ、打ち消されても打ち消されなくてもどちらでもカード・アドバンテージが発生するという得っぷりだからである(中略/Syncopateは除く)。

両方とも打ち消されなかった場合
相手±0、自分+3で3枚分のアドバンテージ。
片方だけ打ち消された場合
相手−1、自分+1で2枚分のアドバンテージ。
両方打ち消された場合
相手−2、自分−1で1枚分のアドバンテージ。

フラッシュバックで使えるドローという点だけ見ても便利であり、直観/Intuition物静かな思索/Quiet Speculation発掘などで直接墓地に落としてから唱えられることもしばしば。フラッシュバックの方が2マナ軽いため、フラッシュバック専門で採用されることまである。

  • トーメント版のイラストで、セファリッドたちに綿密に分析されているのはマスティコア/Masticoreである。
  • トーメント版のフレイバー・テキストはダブルミーニング。文字通りに読めば「この標本は壊れて動かないようだ」という意味だが、「壊れている」「broken」はどちらも異常に強いカードのことを表すスラングであり、「マスティコアは異常に強いね」という意味にも読めるようになっている。
    • また、綿密な分析の結果わかったことが「壊れてる」ということだけ、という皮肉も同時に含まれている。
これって、壊れてる。
The specimen seems to be broken.
  • この秀逸なフレイバー・テキストを書いたのは、当時はまだクリエイティブ・チームの新人であったDoug Beyerである。

[編集] 関連カード

[編集] サイクル

トーメントの、(1)(色)と3点のライフ支払うフラッシュバック・コストを持つ呪文サイクル

[編集] 参考

QR Code.gif