青赤緑マッドネス

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

青赤緑マッドネス(URG Madness)は、青緑マッドネス火力を加え、クリーチャーへの対応力を高めたビートダウン・デッキ

[編集] 概要


Basking Rootwalla / 日を浴びるルートワラ (緑)
クリーチャー — トカゲ(Lizard)

(1)(緑):日を浴びるルートワラはターン終了時まで+2/+2の修整を受ける。この能力は、各ターンに1回のみ起動できる。
マッドネス(0)(あなたがこのカードを捨てるなら、これを追放領域に捨てる。あなたがそうしたとき、マッドネス・コストでこれを唱えるか、これをあなたの墓地に置く。)

1/1


Circular Logic / 堂々巡り (2)(青)
インスタント

呪文1つを対象とする。それを、それのコントローラーがあなたの墓地にあるカード1枚につき(1)を支払わないかぎり、打ち消す。
マッドネス(青)(あなたがこのカードを捨てるなら、これを追放領域に捨てる。あなたがそうしたとき、マッドネス・コストでこれを唱えるか、これをあなたの墓地に置く。)



Flametongue Kavu / 火炎舌のカヴー (3)(赤)
クリーチャー — カヴー(Kavu)

火炎舌のカヴーが戦場に出たとき、クリーチャー1体を対象とする。火炎舌のカヴーは、それに4点のダメージを与える。

4/2

クリーチャー除去ができないという緑青の弱点を補うため火力を搭載している。特にインベイジョン・ブロックの頃は火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu火+氷/Fire+Iceなどの強力なカードを使うことができたため、青緑マッドネスの亜種としてはこのデッキカラーが主流だった。アポカリプス対抗色ペインランドによりマナ基盤の安定性も高い。

また、ヴィンテージでは速攻付与手段として憤怒/Angerがよく用いられるため、このカラーパターンになることが多い。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (22)
3 アクアミーバ/Aquamoeba
4 尊大なワーム/Arrogant Wurm
4 日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla
3 火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu
4 マーフォークの物あさり/Merfolk Looter
4 野生の雑種犬/Wild Mongrel
呪文 (15)
4 堂々巡り/Circular Logic
4 火+氷/Fire+Ice
3 反論/Gainsay
4 激発/Violent Eruption
土地 (23)
3 真鍮の都/City of Brass
3 森/Forest
4 島/Island
2 モスファイアの谷/Mossfire Valley
3 シヴのオアシス/Shivan Oasis
4 シヴの浅瀬/Shivan Reef
4 ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast
サイドボード
3 撹乱/Disrupt
1 火炎舌のカヴー/Flametongue Kavu
1 反論/Gainsay
2 外殻貫通/Hull Breach
2 記憶の欠落/Memory Lapse
3 排撃/Repulse
3 ワームの咆哮/Roar of the Wurm

[編集] 参考

QR Code.gif