マッドステロ

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

マッドステロ(Madness Steroid)は、オデッセイ・ブロックスタンダードだった頃に存在した、マッドネスを利用したステロイドトーメント以降の時期のステロイドはほとんどがこれにあたる。

[編集] 概要


Basking Rootwalla / 日を浴びるルートワラ (緑)
クリーチャー — トカゲ(Lizard)

(1)(緑):日を浴びるルートワラはターン終了時まで+2/+2の修整を受ける。この能力は、各ターンに1回のみ起動できる。
マッドネス(0)(あなたがこのカードを捨てるなら、これを追放領域に捨てる。あなたがそうしたとき、マッドネス・コストでこれを唱えるか、これをあなたの墓地に置く。)

1/1


Wild Mongrel / 野生の雑種犬 (1)(緑)
クリーチャー — 猟犬(Hound)

カードを1枚捨てる:野生の雑種犬はターン終了時まで+1/+1の修整を受けるとともに、あなたが選んだ1色の色になる。

2/2


Violent Eruption / 激発 (1)(赤)(赤)(赤)
インスタント

望む数のクリーチャーとプレインズウォーカーとプレイヤーの組み合わせを対象とする。激発は、それらに4点のダメージをあなたが望むように割り振って与える。
マッドネス(1)(赤)(赤)(あなたがこのカードを捨てるなら、これを追放領域に捨てる。あなたがそうしたとき、マッドネス・コストでこれを唱えるか、これをあなたの墓地に置く。)


野生の雑種犬/Wild Mongrelを中心に、マッドネスの有無を問わず優秀な火力クリーチャーを採用している。そのスピードは相当なもので、数あるステロイドの中でもかなり強力な部類に入る。象の導き/Elephant Guide獣群の呼び声/Call of the Herdのおかげでコントロールへの耐性も高い。

火力はマッドネスで3マナ4点割り振り可能なインスタントと強烈極まりない激発/Violent Eruption小型から中型クリーチャーを消し去り、残ったライフも無駄なく吹き飛ばす。

サイカトグ青緑マッドネス、当時最強であったウェイクといったデッキに、速さと安定性、火力を武器に対抗した。サイカトグには速度と火力により相性がよい。また、メイン幻影のケンタウロス/Phantom Centaurサイドからのたい肥/Compostは、「メタられなければ最強」であった黒コントロールを悩ませた。厄介な大型クリーチャーを使用してくる青緑マッドネスと白緑ビートダウンには象の導きでサイズを底上げし、サイドチェンジ後は罠の橋/Ensnaring Bridgeでクリーチャーを封殺して火力で勝負するバーニングブリッジ戦略で対抗。最大の天敵に当たるウェイクに対しては、焦熱の火猫/Blistering Firecatとサイドの鋭い痛み/Flaring Painで挑むことになる。これらの要素があいまって、一時期のスタンダードは「サイカトグとステロの二強」と言われたほどだった。

しかし第7版から第8版への移行で、このデッキの安定感を上げていたラノワールのエルフ/Llanowar Elvesカープルーザンの森/Karplusan Forestを失い、苦手のウェイクが台頭してきたこともあって、衰退を余儀なくされた。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (60)
クリーチャー (19)
4 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
4 野生の雑種犬/Wild Mongrel
3 日を浴びるルートワラ/Basking Rootwalla
3 渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer
3 幻影のケンタウロス/Phantom Centaur
2 焦熱の火猫/Blistering Firecat
呪文 (19)
4 激発/Violent Eruption
4 炎の稲妻/Firebolt
4 火山の鎚/Volcanic Hammer
4 獣群の呼び声/Call of the Herd
3 象の導き/Elephant Guide
土地 (22)
8 山/Mountain
3 森/Forest
4 樹木茂る山麓/Wooded Foothills
4 カープルーザンの森/Karplusan Forest
3 モスファイアの谷/Mossfire Valley
サイドボード
4 たい肥/Compost
3 ナントゥーコ自警団/Nantuko Vigilante
3 罠の橋/Ensnaring Bridge
3 貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth
1 クローサ流再利用/Krosan Reclamation
1 幻影のケンタウロス/Phantom Centaur

[編集] 参考

QR Code.gif