白緑ビートダウン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

白緑ビートダウン(WG Beatdown)は、クリーチャーに特化したであるによるビートダウンデッキ

目次

[編集] 概要

マナ・クリーチャーウィニークリーチャーから展開し、数とサイズで圧倒する。

ステロイドと比べると、クリーチャーのコスト・パフォーマンスと展開力の高さが強みであり、単純な殴り合いには強い。また、時代にもよるがパーマネントへの干渉や回復を得意とするため、ある程度のコントロール力を擁することもできる。

反面、直接対戦相手ライフに干渉できないため、やや速度に難があったり、戦場だけで計算を立てられてしまうなどコントロールデッキに対して弱点を持つ。

[編集] スタンダード

下記の時期のスタンダードにおいても、活躍を見せる。

[編集] ブロック構築

下記の時期のブロック構築においても、活躍を見せる。

[編集] エクステンデッド

エクステンデッドには、ファントム・メナスと呼ばれるデッキが存在する。


Phantom Centaur / 幻影のケンタウロス (2)(緑)(緑)
クリーチャー — ケンタウルス(Centaur) スピリット(Spirit)

プロテクション(黒)
幻影のケンタウロスは、その上に+1/+1カウンターが3個置かれた状態で戦場に出る。
幻影のケンタウロスにダメージが与えられる場合、そのすべてのダメージを軽減する。幻影のケンタウロスの上から+1/+1カウンターを1個取り除く。

2/0


Armadillo Cloak / アルマジロの外套 (1)(緑)(白)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーは、+2/+2の修整を受けるとともにトランプルを持つ。
エンチャントされているクリーチャーがダメージを与えるたび、あなたはその点数に等しい点数のライフを得る。


アルマジロの外套/Armadillo Cloak幻影クリーチャーにつけることで対ビートダウンに優位に立つ。詳細はファントム・メナスを参照のこと。

[編集] パイオニア

パイオニアでは、太陽冠のヘリオッド/Heliod, Sun-Crownedデッキの一種として、緑白のものが存在する。


Heliod, Sun-Crowned / 太陽冠のヘリオッド (2)(白)
伝説のクリーチャー エンチャント — 神(God)

破壊不能
あなたの白への信心が5未満であるかぎり、太陽冠のヘリオッドはクリーチャーではない。
あなたがライフを得るたび、あなたがコントロールしている、クリーチャー1体かエンチャント1つを対象とし、それの上に+1/+1カウンターを1個置く。
(1)(白):他のクリーチャー1体を対象とする。ターン終了時まで、それは絆魂を得る。

5/5


Walking Ballista / 歩行バリスタ (X)(X)
アーティファクト クリーチャー — 構築物(Construct)

歩行バリスタは、+1/+1カウンターがX個置かれた状態で戦場に出る。
(4):歩行バリスタの上に+1/+1カウンターを1個置く。
歩行バリスタの上から+1/+1カウンターを1個取り除く:クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。歩行バリスタはそれに1点のダメージを与える。

0/0


Collected Company / 集合した中隊 (3)(緑)
インスタント

あなたのライブラリーの一番上から6枚のカードを見る。その中から、点数で見たマナ・コストが3以下のクリーチャー・カードを最大2枚まで戦場に出す。残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。


ラノワールのエルフ/Llanowar Elvesエルフの神秘家/Elvish Mysticからマナ加速し、民兵のラッパ手/Militia Bugler集合した中隊/Collected Companyも駆使してクリーチャーを並べていく。最後はそれらによるビートダウンか、太陽冠のヘリオッド+歩行バリスタ/Walking Ballista無限ダメージコンボ勝利する。

同じ環境に存在する白単ヘリオッド(特にタッチのもの)と比較すると、マナ・クリーチャー召喚の調べ/Chord of Callingを採用できるのが強み。

[編集] サンプルリスト

Green-White Heliod Company [1]
土地 (22)
7 森/Forest
3 要塞化した村/Fortified Village
3 平地/Plains
2 光輝の泉/Radiant Fountain
3 陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove
4 寺院の庭/Temple Garden
クリーチャー (32)
1 命の恵みのアルセイド/Alseid of Life's Bounty
1 族樹の精霊、アナフェンザ/Anafenza, Kin-Tree Spirit
1 魅力的な王子/Charming Prince
3 クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix
3 エルフの神秘家/Elvish Mystic
2 エルフの幻想家/Elvish Visionary
1 博覧会場の警備員/Fairgrounds Warden
1 金のガチョウ/Gilded Goose
4 太陽冠のヘリオッド/Heliod, Sun-Crowned
1 秋の騎士/Knight of Autumn
3 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
4 民兵のラッパ手/Militia Bugler
1 無私の霊魂/Selfless Spirit
2 復活の声/Voice of Resurgence
4 歩行バリスタ/Walking Ballista
呪文 (6)
2 召喚の調べ/Chord of Calling
4 集合した中隊/Collected Company
サイドボード (15)
2 大天使アヴァシン/Archangel Avacyn
1 弁論の幻霊/Eidolon of Rhetoric
2 ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar
1 静寂をもたらすもの/Hushbringer
2 秋の騎士/Knight of Autumn
3 安らかなる眠り/Rest in Peace
1 漁る軟泥/Scavenging Ooze
2 停滞の罠/Stasis Snare
1 陽光鞭の勇者/Sunscourge Champion

[編集] モダン

モダンでは、特定のデッキメタったクリーチャーを中心に構成されるヘイトベアー(Hate Bears)が存在する。


Leonin Arbiter / レオニンの裁き人 (1)(白)
クリーチャー — 猫(Cat) クレリック(Cleric)

プレイヤーはライブラリーから探せない。いずれのプレイヤーも(2)を支払うことで、ターン終了時までこの効果を無視してもよい。

2/2


Thalia, Guardian of Thraben / スレイベンの守護者、サリア (1)(白)
伝説のクリーチャー — 人間(Human) 兵士(Soldier)

先制攻撃
クリーチャーでない呪文は、それを唱えるためのコストが(1)多くなる。

2/1

詳細はヘイトベアーを参照。

またラヴニカへの回帰参入後には、呪禁オーラシナジーを中心とする緑白呪禁(GW Hexproof)も登場した。


Slippery Bogle / ぬめるボーグル (緑/青)
クリーチャー — ビースト(Beast)

呪禁(このクリーチャーは、あなたの対戦相手がコントロールする呪文や能力の対象にならない。)

1/1


Ethereal Armor / 天上の鎧 (白)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーは、あなたがコントロールするエンチャント1つにつき+1/+1の修整を受けるとともに、先制攻撃を持つ。


詳細は緑白呪禁を参照。

[編集] レガシー

以前はこのタイプのデッキといえば、3色のZooバントが主流であった。しかしワールドウェイクからミラディン包囲戦新たなるファイレクシアを経て、緑白クリーチャーにサポートを織り交ぜたビート・コントロールデッキ、Maverickが大きな活躍を見せるようになる。


Stoneforge Mystic / 石鍛冶の神秘家 (1)(白)
クリーチャー — コー(Kor) 工匠(Artificer)

石鍛冶の神秘家が戦場に出たとき、あなたは「あなたのライブラリーから装備品(Equipment)カードを1枚探し、それを公開し、あなたの手札に加える。その後、あなたのライブラリーを切り直す」ことを選んでもよい。
(1)(白),(T):あなたは、あなたの手札にある装備品カード1枚を戦場に出してもよい。

1/2


Knight of the Reliquary / 聖遺の騎士 (1)(緑)(白)
クリーチャー — 人間(Human) 騎士(Knight)

聖遺の騎士は、あなたの墓地にある土地カード1枚につき+1/+1の修整を受ける。
(T),森(Forest)か平地(Plains)を1つ生け贄に捧げる:あなたのライブラリーから土地カードを1枚探し、それを戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。

2/2


Green Sun's Zenith / 緑の太陽の頂点 (X)(緑)
ソーサリー

あなたのライブラリーから点数で見たマナ・コストがX以下の緑のクリーチャー・カードを1枚探し、それを戦場に出す。その後、あなたのライブラリーを切り直す。緑の太陽の頂点をオーナーのライブラリーに加えて切り直す。


石鍛冶の神秘家/Stoneforge Mystic聖遺の騎士/Knight of the Reliquaryを中心とするビートダウン剣を鍬に/Swords to Plowsharesなどの除去ルーンの母/Mother of Runesによってサポートする。同時に緑の太陽の頂点/Green Sun's Zenithも採用され、漁る軟泥/Scavenging Oozeなどのシルバーバレット要員をサーチする。

詳細はMaverickを参照。

[編集] ヴィンテージ

ヴィンテージにもこのデッキカラービートダウンデッキは存在する。


Gaddock Teeg / ガドック・ティーグ (緑)(白)
伝説のクリーチャー — キスキン(Kithkin) アドバイザー(Advisor)

点数で見たマナ・コストが4以上の、クリーチャーでない呪文は唱えられない。
マナ・コストに(X)を含む、クリーチャーでない呪文は唱えられない。

2/2


Qasali Pridemage / クァーサルの群れ魔道士 (緑)(白)
クリーチャー — 猫(Cat) ウィザード(Wizard)

賛美(あなたがコントロールするいずれかのクリーチャーが単独で攻撃するたび、そのクリーチャーはターン終了時まで+1/+1の修整を受ける。)
(1),クァーサルの群れ魔道士を生け贄に捧げる:アーティファクト1つかエンチャント1つを対象とし、それを破壊する。

2/2

この構成には優秀なメタクリーチャーが多く存在しており、それらを採用することで優位に立つ。TMWAなどに近いデッキである。

代表的な採用カードは以下の通り。

これらのクリーチャーにタルモゴイフ/Tarmogoyfなどを織り交ぜて対戦相手殴り殺す

[編集] サンプルレシピ

WG Aggro [2]
土地 (22)
3 森/Forest
2 地平線の梢/Horizon Canopy
1 平地/Plains
3 Savannah
1 露天鉱床/Strip Mine
4 不毛の大地/Wasteland
4 吹きさらしの荒野/Windswept Heath
4 樹木茂る山麓/Wooded Foothills
クリーチャー (27)
4 エイヴンの思考検閲者/Aven Mindcensor
3 Elvish Spirit Guide
2 エーテル宣誓会の法学者/Ethersworn Canonist
3 ガドック・ティーグ/Gaddock Teeg
2 ハートウッドの語り部/Heartwood Storyteller
3 戦争の報い、禍汰奇/Kataki, War's Wage
4 クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage
4 タルモゴイフ/Tarmogoyf
2 難問の鎮め屋/Vexing Shusher
呪文 (11)
1 Black Lotus
2 窒息/Choke
2 悟りの教示者/Enlightened Tutor
1 Mox Emerald
1 Mox Pearl
3 無のロッド/Null Rod
1 原基の印章/Seal of Primordium
サイドボード (15)
2 窒息/Choke
1 大祖始の遺産/Relic of Progenitus
1 原基の印章/Seal of Primordium
4 剣を鍬に/Swords to Plowshares
3 関税/Tariff
2 トーモッドの墓所/Tormod's Crypt
2 難問の鎮め屋/Vexing Shusher


[編集] パウパー

パウパーでは黎明期に一定数が存在した。


Llanowar Knight / ラノワールの騎士 (緑)(白)
クリーチャー — エルフ(Elf) 騎士(Knight)

プロテクション(黒)

2/2


Valeron Outlander / ヴァレロンの異国者 (緑)(白)
クリーチャー — 人間(Human) スカウト(Scout)

プロテクション(黒)

2/2


Armadillo Cloak / アルマジロの外套 (1)(緑)(白)
エンチャント — オーラ(Aura)

エンチャント(クリーチャー)
エンチャントされているクリーチャーは、+2/+2の修整を受けるとともにトランプルを持つ。
エンチャントされているクリーチャーがダメージを与えるたび、あなたはその点数に等しい点数のライフを得る。


アルマジロの外套/Armadillo CloakからGW Cloakと呼ばれる。バントの信刃/Bant Surebladeクァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemageなどのアラーラの断片ブロックで加わった優秀なクリーチャーたちを中心に構成される。ラノワールの騎士/Llanowar Knightヴァレロンの異国者/Valeron Outlanderという2種類のプロテクション)を擁するため、当時の有力デッキだった黒コントロールに対して相性が良い。

それ以外の緑白ビートダウンデッキとしては緑白呪禁緑白スリヴァーなども存在する。

[編集] 初期型

Selesnya Aggro(Pauper) [3]
土地 (19)
7 森/Forest
8 平地/Plains
4 広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse
クリーチャー (25)
3 バントの信刃/Bant Sureblade
4 心優しきボディガード/Benevolent Bodyguard
4 アイケイシアの投槍兵/Icatian Javelineers
2 ラノワールの騎士/Llanowar Knight
4 クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage
4 ヴァレロンに仕える者/Steward of Valeron
4 ヴァレロンの異国者/Valeron Outlander
呪文 (16)
4 アルマジロの外套/Armadillo Cloak
4 忘却の輪/Oblivion Ring
4 大霊の盾/Shield of the Oversoul
4 荒原の境界石/Wildfield Borderpost
サイドボード (15)
1 解呪/Disenchant
4 上機嫌の破壊/Gleeful Sabotage
3 神聖/Hallow
3 Holy Light
4 虹色の断片/Prismatic Strands

[編集] 後期型

Selesnya Aggro(Pauper) [4]
土地 (20)
10 森/Forest
10 平地/Plains
クリーチャー (24)
4 バントの信刃/Bant Sureblade
4 ギルドパクトの守護者/Guardian of the Guildpact
3 孤独な宣教師/Lone Missionary
3 ナヤの静刃/Naya Hushblade
4 クァーサルの群れ魔道士/Qasali Pridemage
4 シラナの岩礁渡り/Silhana Ledgewalker
2 ヴァレロンの異国者/Valeron Outlander
呪文 (16)
4 アルマジロの外套/Armadillo Cloak
4 未達への旅/Journey to Nowhere
1 忘却の輪/Oblivion Ring
4 大霊の盾/Shield of the Oversoul
3 荒原の境界石/Wildfield Borderpost
サイドボード (15)
1 黒の防御円/Circle of Protection: Black
3 赤の防御円/Circle of Protection: Red
2 真紅の見習い僧/Crimson Acolyte
2 忘却の輪/Oblivion Ring
3 虹色の断片/Prismatic Strands
4 砂嵐/Sandstorm

[編集] 参考

QR Code.gif