アーニーゲドン

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

アーニーゲドン(Erhnamgeddon)は、アーナム・ジン/Erhnam Djinnを展開しハルマゲドン/Armageddonマナ基盤を封殺する緑白デッキ。「アーニー」はアーナム・ジンの愛称。マジック黎明期において人気のあったデッキタイプである。

[編集] 概要


Erhnam Djinn / アーナム・ジン (3)(緑)
クリーチャー — ジン(Djinn)

あなたのアップキープの開始時に、対戦相手1人がコントロールする壁(Wall)でないクリーチャー1体を対象とする。それはあなたの次のアップキープまで、森渡りを得る。(それは、防御プレイヤーが森(Forest)をコントロールしているかぎりブロックされない。)

4/5


Armageddon / ハルマゲドン (3)(白)
ソーサリー

すべての土地を破壊する。


ハルマゲドン系デッキの基本である「マナ基盤破壊することで対戦相手の対処手段を封じる」という効果の他に、アーナム・ジンのペナルティ能力である“対戦相手のクリーチャー渡りを持つ”ことを防ぐことができるのが独特な点。またマナ・クリーチャーによって3ターン目にアーナム・ジン、4ターン目にハルマゲドンが可能となる。

クロニクルスタンダード落ちによりアーナム・ジンが姿を消したことで見なくなった。ジャッジメントでアーナム・ジンが再録された時は、アーナム・ジン級の強力クリーチャーが他にもいる環境となっていたが、今度は肝心のハルマゲドンがスタンダードに無かった。

一方エクステンデッドでは、スタンダード当時から苦手としていたカウンターポスト不毛の大地/Wastelandにより力を削がれるようになると、有力なデッキとして再び力を振るうようになった。デュアルランドを使って3色目にタッチするタイプも見受けられた。火力は元より、赤霊破/Red Elemental Blastなどのサイドボードを使うためである。

  • 非常に有名なデッキタイプなのだが、実は公式大会など大きな大会を制した記録が無い(ファイナリストはある)。現在の様に公式大会そのものの数が多ければ記録に残ったかもしれない。意外な話ではある。
  • アーニー引退後に考案された類似のデッキにマローゲドンがある。こちらはアーニーゲドンほど活躍しなかった。

[編集] サンプルレシピ

メインデッキ (61)
クリーチャー (22)
4 エルフの射手/Elvish Archers
4 アーナム・ジン/Erhnam Djinn
2 フィンドホーンのエルフ/Fyndhorn Elves
2 ラノワールのエルフ/Llanowar Elves
4 サバンナ・ライオン/Savannah Lions
2 Spectral Bears
4 疾風のデルヴィッシュ/Whirling Dervish
呪文 (18)
2 ハルマゲドン/Armageddon
1 天秤/Balance
4 解呪/Disenchant
1 神への捧げ物/Divine Offering
4 巨大化/Giant Growth
1 土地税/Land Tax
4 剣を鍬に/Swords to Plowshares
1 Zuran Orb
土地 (21)
4 低木林地/Brushland
4 真鍮の都/City of Brass
4 露天鉱床/Strip Mine
7 森/Forest
2 平地/Plains
サイドボード
2 黒の防御円/Circle of Protection: Black
2 神への捧げ物/Divine Offering
1 Energy Storm
1 因果応報/Karma
2 ルアゴイフ/Lhurgoyf
2 鋸刃の矢/Serrated Arrows
2 神の怒り/Wrath of God
2 冬の宝珠/Winter Orb
1 Essence Filter

[編集] 参考

QR Code.gif