アイケイシアの投槍兵/Icatian Javelineers

提供:MTG Wiki

移動: 案内, 検索

Icatian Javelineers / アイケイシアの投槍兵 (白)
クリーチャー — 人間(Human) 兵士(Soldier)

アイケイシアの投槍兵はその上に投槍(javelin)カウンターが1個置かれた状態で戦場に出る。
(T),アイケイシアの投槍兵から投槍カウンターを1個取り除く:クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。アイケイシアの投槍兵はそれに1点のダメージを与える。

1/1

1回だけ射撃が行えるアイケイシア兵士

クリーチャーの射撃能力と言うとレンジストライクの場合が多いが、これは珍しく条件がない。完全なティム能力だと言える。1点のダメージをたった1回だけとはいえ、白ウィニーが手を出せなかったマナ・クリーチャーシステムクリーチャーを撃ち落すことくらいはできる。

同じ点数で見たマナ・コストP/T、近い能力を持つモグの狂信者/Mogg Fanaticと比べると、能力を使ってもクリーチャー本体が戦場に残る点は優れる。当て逃げができた頃のモグの狂信者のように、2体のタフネス1クリーチャーを倒すこともできる。ただ、コストにタップが必要なので召喚酔いの影響を受け、攻撃しつつ相手を牽制するという動きもできない。

古くから今に至るまで、白系のウィニーに使われ続けている。好奇心/Curiosityとの相性もなかなかで、白青フィッシュにも良く採用されている。

[編集] 参考

QR Code.gif